mottox 公式ブログ

企業ニュースをはじめ、様々な情報をお届けします。

mottox
mottox

最新の記事

ボージョレ・ヌーヴォ2017 現地レポート「生育編」

作柄情報2017-09-04

こんにちは!
マーケティング部ブルゴーニュ担当の福井です。
 
例年夏の盛りの時期にアップしております「ボージョレ・ヌーヴォ現地レポート」
今年も生産者から届いた現地情報をお届け致します!
 
今回はその第一弾、「生育編」をお届け致します。
今年も昨年に引き続きフランスから春や初夏に冷害や雹害のニュースが聞こえてきましたが、ボージョレ地区ではブドウの生育はどのようになっているのでしょうか。

※※2017年のボージョレ・ヌーヴォ解禁日は11/16(木)です※※

 

①ジャン・ド・ロレール

毎年その高いコストパフォーマンスで人気のモトックス定番ヌーヴォ、ジャン・ド・ロレール。

まずは8月中旬の畑の様子を見てみましょう!

ジャン・ド・ロレールジャン・ド・ロレール2

既にしっかりと色付いたブドウが出来ています。

7月31日にブルゴーニュ地方で激しい雷雨がありましたが、ボージョレとボージョレ・ヴィラージュの地区は被害を受けずに済みました。
7月25日からブドウの色づき(ヴェレゾン)が始まり、8月現在はご覧のようにしっかりと色付いたブドウが順調に育っています。
8月は気温が高く、糖度が順調に上がっていて2009年に似た仕上がりになると予想されます。
ブドウの重量は全体的に例年よりも軽く、収穫量としては直近5年間の中では少ない方になると予想しています。今現在のブドウの状態は理想的で、収穫時に雨が降らなければ、量は少なめですがとても質の良いブドウが収穫できる!と期待しています。
今年の収穫は9月1日に開始する予定です。

 

②テール・セクレット

珍しい「白のヌーヴォ」、テール・セクレット社のマコン・ヌーヴォ。

こちらも冷害などの被害はなく、とても順調に生育が進んでいるようです。

テールテール2

 

6月の気温は非常に高く、35~38℃に達するほどでした。そのためブドウの実は急速に大きくなっていきました。7月中旬には畑全体のブドウの房が健康に成長しましたが、開花期の高気温の影響で一部の房でミルランダージュ(結実不良)も見受けられました。7月の終わりにはブドウが色づき始め、8月の恵まれた天候の恩恵を受けてブドウは健全に成長しました。
非常に素晴らしい天候の推移により、ブドウの成長が早く、既に十分なアルコール度数が得られる状態です。収穫も例年より早く始めることにし、マコンは8月下旬から収穫を始める予定です。

こちらも良いヌーヴォが期待できそうです!!

 

③ドメーヌ:デュ・ヴィスー

 毎年素晴らしいワインを造り続けているボージョレ屈指の銘醸ドメーヌ、「ドメーヌ・デュ・ヴィスー」。そのボージョレの概念を覆すようなフィネス溢れるスタイルに、毎年驚かされております。

IMG_0275_small

ヴィスーの畑は春先の霜と7月の雹の被害にあってしまいました。そのため全体的な収穫量は減る見込みです。ただ、近隣のドメーヌはヴィスーよりもさらに大きな被害を受けているところが多く、ヴィスーの畑でも恵まれた状況と言えます。

IMG_0280_small


さて、畑の状況ですが、5月に入ってから雹害があった日を除くと、とても乾燥した暑い日が続きました。そのため病気が蔓延することなく、非常に順調にブドウの生育が進んでおります。収穫は例年より早く行う予定で、8月最終週の収穫を予定しています!ブドウは非常に良い状態なので、今から収穫が楽しみでわくわくしています。

今年は凝縮した素晴らしい味わいになるだろうと予想しております!ぜひお楽しみに!!

 

④ドメーヌ・リュエ

家族経営で高品質なボージョレを造るドメーヌ・リュエ。彼らのヌーヴォは実はクリュ・ボージョレと呼ばれる上級の区画のブドウを使っている贅沢なものなんです。通常のヌーヴォとは一味違う品質のヌーヴォを造る生産者。今年の状況はどうでしょう。

ruet3_small

昨冬の寒さが影響したのか、春先に霜の被害がありました。ただ、2016年の収穫が終わった後に、畑の手入れを徹底して行っていたため、霜のダメージを最小限に抑えることができました。
他のボージョレの畑同様に、春は暑く乾燥していたため、初夏には開花が始まり生育は早く順調に進みました。衛生状態も素晴らしく、ブドウの粒の大きさは均一に膨らんでいます。果皮はとても厚く、果汁は比較的少なめ。

ruet _small1

色合いが濃く、果実感、凝縮感に富むヌーヴォが出来るヴィンテージになると予想しています。今年のヌーヴォもご期待くださいね!!

⑤ポール・ボーデ

次はワンランク上の新酒、ヴィラージュもののヌーヴォとして人気のポール・ボーデです。

2017年は十分に寒い冬から始まり、春は少し例年に比べ冷涼でしたが、6月からは日照量も申し分なくブドウの樹も健康に成長しました。今年は春の雨が少なく、収量的には減少しますが、ブドウの品質は非常に素晴らしく、2017年は疑いもなく素晴らしいヴィンテージとなりそうです。収穫は昨年より3週間早い8月28日からスタートしました。2015年が8月24日から収穫が始まったので、2017年ヴィンテージはきっと2015年と同じくらい、もしくはそれよりも素晴らしいヴィンテージになることでしょう!

vintage 29082017 august 2017 TT-1

 

一部霜や雹の被害を受けた生産者もおりましたが、幸運なことにどの生産者も大きな被害からは免れた様子です。このまま順調に収穫へ進み素晴らしいワインになってくれるのを祈るばかり。
今年のヌーヴォも楽しみですね。
 
生育編は以上となります。
11/16(木)の解禁日をお楽しみに!

 

サザン・バンダリー・ワインズ社 ラベル不正表示報道に関する調査報告

企業ニュース2017-08-25

平素は格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。
この度、弊社が輸入しておりますニュージーランドの「サザン・バンダリー・ワインズ社」がラベル不正表示を行った旨の報道がございました。この件で皆様に多大なご迷惑をおかけすることとなりまして、深くお詫び申し上げます。今回の報道内容の真偽につきまして、ワイナリーから正式な回答を得ましたのでご説明申し上げます。

<報道内容概要>
「サザン・バンダリー・ワインズ社」がブドウ品種、産地等を偽ってワインを販売したとしてニュージーランド当局から告発された。

<ワイナリーからの報告>
1. 当局から告発を受けたことは事実です。

2. 指摘の対象は過去に生産した一部のヴィンテージ(2011年~2013年産)のうち、さらに一部の限定されたブドウ品種のワインです。

3. 当ワイナリーから日本へ出荷されているワインには、『ザ・スプリングス』と『ホーム・クリーク』の2ブランドがありますが、『ザ・スプリングス』の商品については指摘の対象ではございません。

4. 指摘対象のワインで日本市場へ輸出された可能性があるものとしては、『2013年産 ホーム・クリーク マールボロ ソーヴィニヨン・ブラン』が該当します。ただし疑惑があるのはこのワインの全生産量のうち極少量で、そのロットが日本に出荷されたという確証を持つことはできません。
(上記銘柄は、モトックスが日本国内で2013年秋頃から2014年秋頃まで出荷しておりました)

5. 『2013年産 ホーム・クリーク マールボロ ソーヴィニヨン・ブラン』で問題となった内容はブレンディングにおける15%ルールの適用に関わるもので、マールボロ地区産以外のワインが規定以上ブレンドされている可能性を指摘されたものです。ニュージーランドでは同一産地のブドウを85%以上使用している場合にラベルにその産地名を記載することが法的に許可されています。上記商品はマールボロ産のソーヴィニヨン・ブランをベースに、豊かな風味と品質向上を目指してワイパラ産のソーヴィニヨン・ブランをブレンドしています。しかし、2013年産ワインの一部に当時の記録管理の不備から、ワイパラ産のブドウが誤って15%を超えてブレンドされていた可能性があることがわかりました。

6. 現在のサザン・バンダリー・ワインズ社では製造されたワインのトレーサビリティ(追跡可能)を正確に管理するシステム『Vinsight』を新たに導入し、これに基づいた製造管理を行うように変更いたしております。このシステムを導入してからニュージーランド産ワインの規格管理計画「NZWSMP」に準拠した監査による承認を受けており、適切なワイン管理を行っています。

7. 今回の問題は製造当時の管理が十分でなかったことに起因する人為的なミスであり、一切故意ではなく、個人的または経済的利益を目的としたものではありませんが、皆様の信頼を損ねる結果となり、猛省しております。


モトックスでは上記ワイナリーによる報告から、今回報道された問題に該当するワインのうち『2013年産 ホーム・クリーク マールボロ ソーヴィニヨン・ブラン』の極一部が日本で流通した可能性があると考えております。それらにつきましてはラベルに表示されているマールボロ産とは別の産地のワインが15%の規定以上ブレンドされた可能性がございます。この点につきまして大変申し訳なく思っており、ワイナリーとともに改めてお詫び申し上げます。現在のサザン・バンダリー・ワインズ社は新システム導入により適切な製造管理を徹底しており、2度とこのような不正表示は発生致しませんので、何卒ご寛容の程、よろしくお願い申し上げます。

お手数をお掛けしまして誠に恐縮でございますが、「644342 ホーム・クリーク マールボロ ソーヴィニヨン・ブラン2013」がお手元にございましたら、弊社へご連絡を賜りますよう、ご協力のほどよろしくお願い申し上げます。

お問合せ先
株式会社モトックスお客様相談室
TEL 0120-344101
〒577-0802 大阪府東大阪市小阪本町1-6-20

 

 

 

※該当ヴィンテージ・・・2013年

バンダリー

お詫び:アウレオ モンテプルチアーノ・ダブルッツォ 2015年産 商品回収のお願い

企業ニュース2017-08-04

平素は格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。

この度、弊社輸入ワイン「テッレ・デル・コルノ アウレオ モンテプルチアーノ・ダブルッツォ2015年」に異物が混入していたとのご指摘がお客様からございましたのでご報告申し上げます。外部検査機関にて同定検査を行った結果、混入したのは日本には生息しない昆虫の一種と判明致しました。生産者へ調査を依頼しましたところ、瓶が製造業者よりワイナリーに納品された時点で既にこの瓶内に混入しており、ワインを充填する前のボトル洗浄時に除去できなかったとの見解でした。このことから、他のボトルに同様の事象が生じる可能性は極めて低いと推察致しております。本件は当該ボトル固有の問題であり、ワインの醸造・熟成過程において、タンク内でワインと虫との接触があった訳ではございませんので、他のボトルについては問題ございません。しかしながら、今回輸入時の検品でこの異物を発見することが出来なかったため、出荷済の同ヴィンテージのワインにつきましても回収させて頂くことを決定致しました。

下記品番の商品がお手元にございます場合は、お買い求めになられました店舗様にお持ちいただくか、弊社、下記住所まで運賃着払いにて商品をご返送ください。弊社へ直接返送頂きました場合は到着確認後、代替ワインをお送りさせていただきます。(ご返送の際、必ずお届け先のご住所、お名前、お電話番号の明記をお願いいたします。)

商品返送及びお問合せ先   〒577-0802 大阪府東大阪市小阪本町1-6-20 株式会社モトックス
お問合わせ先  モトックスお客様相談室   TEL 0120-344101

この度はご迷惑をお掛けし誠に申し訳ございません。何卒、ご寛容の程、宜しくお願い申し上げます。

― 記 ―

<品 番> 650437
<商品名> アウレオ モンテプルチアーノ・ダブルッツォ 2015年
<ヴィンテージ> 2015
<JAN> 4997678504373 
<容 量> 750ml

 

 

アウレオ回収

『サンペレグリノ』『アクアパンナ』正規輸入元として販売開始いたします。

リリース, 企業ニュース2017-07-01

 

この度、弊社はイタリア産ナチュラルミネラルウォーター「サンペレグリノ」と「アクアパンナ」の2ブランドを

平成29年7月1日より正規輸入元として販売開始致しますことを、ご案内申し上げます。

※7月1日(土)は弊社の休業日のため、お問合せや商品出荷は7月3日(月)より対応させて頂きます。

 SPAP

 

今後とも弊社商品にご愛顧を賜りますよう、心よりお願い申し上げます。

お詫び:「カテドラル 赤 レゼルヴァ 2013 年産」(該当ボトルロット番号/L17073B)商品回収のお願い

企業ニュース2017-06-12

この度、弊社輸入のポルトガル産ワイン「カテドラル 赤 レゼルヴァ 2013 年産」のロット番号:L17073B に添加物として 保存料のソルビン酸カリウムが使用されていることが判明致しました。ソルビン酸カリウムの添加に関しましては 食品衛生法で定める基準値内でございますので何ら飲用に問題はございませんが、添加物としての記載が義 務付けられております。しかしながら、当該商品の一括表示に『保存料(ソルビン酸K)』の文字が記載できてお りませんでしたので該当商品を回収させていただきます。下記のロット番号の商品がお手元にございます場合 は、お買い求めになられました店舗様にお持ちいただくか、弊社の下記住所まで商品を運賃着払いにて返送 ください。弊社まで直接返送頂きました場合は到着確認後、正しい表示を行った同ワインをお送りさせていただ きます。(ご返送の際、必ずお届け先のご住所、お名前、お電話番号の明記をお願いいたします。)

商品返送先   〒577-0802 大阪府東大阪市小阪本町1-6-20 株式会社モトックス
お問合わせ先  モトックスお客様相談室   TEL 0120-344101

この度はご迷惑をお掛けし誠に申し訳ございません。今後このような事態が起こらぬよう、さらなる品質管理の徹底に鋭意努力する所存でございます。何卒、ご寛容の程、宜しくお願い申し上げます。

― 記 ―

<品 番> 654241
<商品名> カテドラル 赤 レゼルヴァ
<ヴィンテージ> 2013
<JAN> 5601157210714 
<容 量> 750ml 
<該当ボトルロット番号> L17073B

 

 

カテドラルロット番号

「グルフィ」オーナー、ヴィト・カターニャ氏の死去に関するお知らせ

現地情報2017-05-29

20170529_gulfi

弊社が取引しておりますイタリア、シチリア州のワイナリー「Gulfi(グルフィ)」のオーナーVito Catania(ヴィト・カターニャ氏)氏が66歳で2017年5月24日に永眠されましたことを謹んでご報告申し上げます。

「グルフィ」は設立が2000年とまだ間もない生産者ですが、ヴィト・カターニャ氏の功績により今やシチリアを代表するネロ・ダーヴォラ種の造り手として国内外から熱い注目を集めていました。

ヴィト氏はブルゴーニュワインをこよなく愛していましたが、シチリアの土地とブルゴーニュの土地が似ていることに気づきブルゴーニュのワイン造りやクリュの概念を取り入れます。シチリアを代表するネロ・ダーヴォラ種に力を入れ、品質にこだわったワイン造りを行いました。

その功績は大きく、シチリアで高品質なワインを造る先駆的な存在として知られていました。彼のワインにはブドウ本来の生命力、そして各畑のテロワールを強く感じることが出来ます。

ヴィト・カターニャ氏亡き後も、その想いは息子、のマッテオ・カターニャ氏に受け継がれております。ワイナリーの今後の発展を願いつつ、氏のご冥福をお祈りいたします。

『庵(あん)』情報を追加しました モトックスの日本酒サイト「Craft Sake」

企業ニュース2017-05-15

a_01

 

モトックスが「日本酒と食」について追及すべく、全国の優良蔵元とともに研究を重ね、
各地の風土を醸した「モトックスの日本酒 Craft Sake」。

今回ご紹介する銘柄は「庵(あん)」。
“晴れの国、岡山・倉敷のテロワール(自然・風土)が生んだ幻の酒米、「雄町」の魅力を追及した酒”
をぜひお楽しみください。

「モトックスの日本酒 Craft Sake」ブランドサイト >

「モトックスの日本酒 Craft Sake」ブランドサイト 「庵」詳細ページ >

シチーリア州が『ベストアンバサダー』を選出

メディア掲載/評価情報, 企業ニュース2017-04-26

去る2017年4月10日、『シチリア州ベストアンバサダー』に弊社、株式会社モトックスが選出されました。

シチーリア州のグルメマガジン、『Cronache di Gusto』誌と地域農業評議会は世界各国からシチーリアワインの普及に貢献した8者を選出。 対象者はシェフ、レストラン経営者、各国のインポーター、バイヤーで、イタリア最大のワイン見本市『ヴィニタリー』の会場内で授賞式が行われました。

シチリアワイン

Cronache di Gusto誌のwebサイトには受賞者が簡単なプロフィールや画像と共に紹介されています。

 

モトックスプロフィール部分訳: モトックスは1915年創業の日本で6番目の規模のインポーターであり、 昨年は約530,000本のシチーリアワインを販売した。 既に日本で広く流通しているフェウド・アランチョをはじめ、 グルフィパッソピッシャーロコローシジルフォ の取扱いがある。

 他の受賞者は以下の通り。

アメリカ(NY)のインポーター(ジュセッペ・ロ・カシオ氏) ドイツ(デュッセルドルフ)のインポーター(ミケランジェロ・サイッタ氏) ドイツ(ハンブルク)のシチーリア食材専門店(ヴィンチェンツォ・アンドロナコ氏) 世界各国にシチーリアレストランを持つフィリッポ・ラ・マンティア氏 イギリス(ロンドン)のインポーター(ジョヴァンニ・セガッタ氏) カナダ(モントリオール)のインポーター(ジョヴァンニ・スメラリア氏)

今後も弊社はシチーリアワインの魅力を日本の皆さまにお伝えできますように取組み続けてまいります。アランチョ表彰式典-(10)

【重要事項】弊社をかたった悪質なサイトの報告とご注意

企業ニュース2017-04-07

平素は格別のご高配をたまわり、厚く御礼申し上げます。

このたび弊社、株式会社モトックスの社名をかたった悪質な通信販売サイトが確認されました。
個人情報の不正利用や、商品代金振込後も商品が届かない、といった詐欺被害につながる恐れがあるため、
決してご利用されぬよう、十分にご注意ください。

株式会社モトックスが運営するサイトは以下のサイトです。

・公式ホームページ
 http://www.mottox.co.jp/
・ワイン情報サイト「MOT!WINE」
 http://mot-wine.mottox.co.jp/
・酒販店様専用ご発注サイト「Vinoforet」
 https://www.vinoforet.com/


【被害に遭われた際のお問い合わせ先】

弊社では被害に関する対応はできません。
万が一、被害に遭われた場合は、
当該なりすまし通販サイトの画面コピーなどをお手元にご用意いただき、
居住地を管轄している警察署または都道府県警サイバー犯罪相談窓口に速やかにご相談ください。

都道府県警察本部のサイバー犯罪相談窓口等一覧
http://www.npa.go.jp/cyber/soudan.htm

口座振込やクレジットカード払い(もしくはお客様の情報を入力)をしてしまった場合には、
直ちに振込先の金融機関やクレジットカード会社に被害のご連絡を行い、
対応されることを強くお勧めいたします。

また、詳細につきましては、消費者庁のホームページをご確認ください。

消費者庁
http://www.caa.go.jp/

ブランドサイト『サン・マルツァーノ』オープンのお知らせ

企業ニュース2017-03-30

 

SMtopイタリアンの巨匠、片岡 護氏をアンバサダーに迎え、『サン・マルツァーノ』のブランドサイトをオープンいたしました。

南イタリアの太陽と海に恵まれた土地でワイン造りを行うワイナリー『サン・マルツァーノ』の魅力を、片岡氏の料理やイタリアワインの賢人のコラムとともにご紹介いたします。どうぞ一度ご訪問ください。

 

ブランドサイト「San Marzano」  >