mottox 公式ブログ

企業ニュースをはじめ、様々な情報をお届けします。

もっと!ワイン
モトックスが提案する、ワインのあるライフスタイル「MOT!WINE」

スタッフの独り言

バラの香り

スタッフの独り言2016-06-13

こんにちは!

当ブログで“記名で”登場するのは初となります、
コーポレートコミュニケーション部の前田です。

6月某日、千葉県八千代市の「京成バラ園」へ行ってまいりました。

20160607_01

今から20年以上も前(!)の社会人1年目のときから
「(自宅の)部屋に植物を置く」ことを欠かしたことが無い私ですが、
(決して昨今の植物ブーム(?)に乗っかってのものではありません)

こと“バラ”に関してはほぼ“アンテナ外”で、
「バラはとにかく手のかかる植物である」(=自分の手に負えるものではない)
というくらいの認識しかなかったのですが、

今回、お世話になっている知人のお誘いを受け、出向いてみたところ、
その奥深い魅力に開眼することとなりました。

当日は“只今満開です”の看板が出ていたものの、残念ながらピークは過ぎていたようで、
花びらの端の方が少し茶色くいたみ始めていたり、心なしかしおれかけていたりするものも
散見されましたが、

バラという花(植物)の魅力を語る上で、
何といってもその魅惑的な“芳香”こそ外すことができないもの。
(勿論、花の“色彩”や“造形美”といったものも芸術的で素晴らしいですが)

そういった意味では、十分に楽しむことができました。

一口に“バラの香り”といっても、
一般的にイメージされるフローラルなクラシック・ローズやローズヒップの香りだけではなく、

柑橘果実やトロピカルフルーツ、
リラックス効果が期待できそうな紅茶のニュアンスが強く出ているものや
ボリューム的にも、香水のように強く主張してくるものや奥ゆかしくさりげなく香るものなど

本当に様々です。

このあたり、ワインのテイスティングで“香りをとる”のに
相通じるものがあって(香りをとる練習にもなる?)、なかなか興味深いものがあります。

ワインの香りを表現する際に“○○の花の香りのようだ”のように
花が引き合いに出されることがありますが、
逆にバラの香りを「白ワインのような香り」などと表現することもあるようです。

・・・前振りはこのくらいにして、ここからが今回の本題。
しばし癒しの時間(?)をお過ごしください。


■ 素晴らしい“芳香”を放っていたバラ ■

「ジュビリー セレブレーション Jubilee Celebration」
爽やかな柑橘果実と紅茶の葉の香り。
20160607_02


「トゥールーズ ロートレック Toulouse Lautrec」
クラシカルなティー・ローズ系の香り。
20160607_03


「ラディアント パヒューム Radiant Perfume」
エキゾチックでトロピカル。洋ナシの香りも。
20160607_04


■ “花の美しさ”で目を楽しませてくれたバラ ■

「ニコール Nicole」
20160607_05


「リオ サンバ Rio Samba」
20160607_06


「セプタード アイル Scepter’d Isle」
20160607_07


そしてそして、“チームモトックス”のはしくれとして
この記事にどうしても外すわけにいかなかった(?)のがこちら↓

■ モトックス取扱いアイテムと同じ名前を持つバラ ■

「ノスタルジィ Nostalgie」
はっと目を引く、白→赤のグラデーションの大振りな花は抜群の存在感。
なんともゴージャス!
20160607_08

モトックス最古参のシャンパーニュの生産者、
“バラのシャンパン”こと「ボーモン・デ・クレイエール」の最上級キュヴェ「ノスタルジー」。
そのロゴにもバラのモチーフ rose があしらわれています。

モトックス取扱いの「ノスタルジー」はこちら >>>


「夢(ユメ) Yume」
ごく淡いオレンジ色で、バラと聞けば誰もがイメージするであろうオーソドックスなシルエット。
日本風のネーミングもうなずける清楚で上品な佇まい。
20160607_09

モトックス取扱いの「ユメ」は、同じ“ユメ”でも対照的なパンチの効いた赤ワインです。
コスパ抜群のデイリーワインの産地、南イタリア・アブルッツォ産ですが、
より上質なワインを目指し、古木の単一畑で収穫されたブドウを使用、
大樽熟成で仕上げられた飲み応え十分な味わい。
日本語の「夢」(ユメ)が名前の由来となっています。

モトックス取扱いの「ユメ」はこちら >>>


「リモンチェッロ Limoncello」
多花性でやや小ぶりな花を枝一杯につける、
レモンイエローが可憐な印象のバラです。
20160607_10

お酒のリモンチェッロは、その名のとおりレモン(=リモーネ)の皮を
使用してつくられるリキュール。
当社取扱いのものは、着色料・香料・保存料を一切使わない伝統的な手づくりの味。
イタリア南部、カンパーニャ州ソレント半島の世界遺産・アマルフィ海岸の段々畑で栽培される
最高級のレモンだけが使われています。

モトックス取扱いの「リモンチェッロ」はこちら >>>


いかがでしょう?
お楽しみいただけましたでしょうか?(^^ゞ


春のシーズン(5月~)は間もなく終わってしまいますが、
10~11月にはまた“秋バラ”のシーズンが始まります。

バラの名所は全国各地にあるようですので、
ご興味をもたれた方は、是非訪問されてみてはいかがでしょうか。

ボルドー作柄情報 2015年は ”Fantastic” なヴィンテージ

スタッフの独り言, 作柄情報2016-03-22

ワイン評論家James Suckling氏による、ボルドー2015ヴィンテージの所感が公表されています。

内容はネゴシアン、メディア向けに行われた事前のプリムール・テイスティングで100本ほどを試飲してのファースト・インプレッション、といったものになっています。

気になる2015年は期待のヴィンテージと言えそうです。

下記和訳をご覧ください。

 

 

 

●本文要約

これまで100本ほど飲んだ印象では、2015ヴィンテージは「Fantastic year」と表現できるリッチで豊か、よく熟した滑らかなタンニンを備えた赤最上の辛口白も肉厚でリッチ、果実味に富んで凝縮感があるがフレッシュさも備えている・・

偉大な赤の持つ質感。2010のような力強さ、がっちりしたタンニンはなく、2009のような華やかさがあるわけでもない。しかし2005や2000と比較できるヴィンテージと言えるブドウ生育期の多くが暖かく乾燥した気候に恵まれた開花は早く順調 6月、7月がとても暑く、7月についてはこれまでで最も暑いうちの1つであった多くの地域で干ばつも見られた 7月の終わりに降った雨でやや軽減されたものの、8月も暑さが続いた(断続的な雨も続いた) 9月の初めには涼しくなった 9月第2週の雨が最上のワインを造るシャトーにとっての決定要因となったようだメドックの北の方でより多くの降雨が見られた右岸においてはサン・テミリオンとポムロールが比較的乾燥していた 10月第1週の週末に激しい雨が記録されたが、収穫されず残っていた皮の厚いカベルネにとってはそれほど影響がなかったようだ結果的に9・10月に降った雨のおかげでワインはやや凝縮度を落とし(そうでなければ03年のようなヴィンテージになっていただろう)、リッチかつバランスの取れたものとなった。

 

 

 

「JAMES SUCKLING.COM」

https://www.jamessuckling.com/my-first-thoughts-on-2015-bordeaux.html

(2016/3/22アクセス)

奇跡のワイナリー『トゥア・リータ』。 その誕生秘話

スタッフの独り言2016-02-23

 トゥア・リータの創立者、ヴィルジリオ・ビスティ氏は1942年、第二次世界大戦の真最中にトスカーナの貧しい家庭で生まれした。当時のトスカーナは、まだ身分の差が大きく、大変苦労の多い時代でした。

 

10代の頃のヴィルジリオは、将来を夢見てバールで手伝いや日雇いなどの仕事をこなす日々を過ごしていました。

 

そんな仕事をしている若かりしある日、海に遊びに行った時に妻リータ・トゥアさんと運命の出会いを果たします。

 

ティーン・エイジャーだった彼らは後に20歳で結婚。

 

とにかく仕事熱心なヴィルジリオは、やがてテレビゲームのエージェント業で成功をはたします。

 

ヴィルジリオは全く欲のない男でしたが一つだけ夢を持っていました。

 

『私は引退したら畑仕事がしたい・・・』

 

年を重ねるにつれて次第に妻、そして老後のことを考え始め、出来れば農家として土をいじりながら生活をしたいと考えるようになります。そんなある日、仕事で偶然立ち寄ったトスカーナの沿岸部「スヴェレート」に出会い、思い切って42歳(1984年)でこの未開の地に土地を購入しました。この土地は沿岸に近いため非常に痩せた土地で赤い色をしていました。

 

初めは農作物で穀物などを植え始めましたがどうもうまくいきません。

 

『いや、困りました・・・』

 

 後になって鉄分やマグネシウムなど微量必須元素が多く含まれていることが分かり、特別なワインが生まれる大きな一つの要因である事が判定されましたが、当初そのようなことは全くわかっていません・・・

 

無一文とされていたこの土地は、当時ワイナリーはおろか、野菜などの農家も手出ししないような場所だったのです。

 

『何もうまく育たん、困った。』

 

『ん、なんだ、この土地。ちょっとばかりだがブドウが植わっているな・・・』

 

 悩んだあげく、土地を購入した時に元々植わっていたサンジョヴェーゼの小さな畑のブドウをワインに醸造してみました。すると中々のワインが出来ることに気付きます。

 

 『うまい。これだ!』

 

農作物をブドウに変え、ワインを造る事を決意。

 

『造るなら最高のものを造りたい!』

 

 そう思い立ち、勉強のために有名なワイン産地を訪問し始めます。特にボルドーには幾度となく訪問して勉強を重ね、1987年に自らの畑にブドウを植えました(カベルネ・ソーヴィニヨン、メルロー、シャルドネ、リースリング、ゲヴュルツトラミネール)。5年後にこれらの畑から収穫されたブドウからワインを造る事となりました。

 

 『うーん、でも本気のワインを造るならエノロゴ(醸造家)が必要だ。だれか適した人物がいないものか。若手で野心があるやつがいい!よし、ルカ・ダットーマだ!』

 

後に『天才エノロゴ』としてその名をとどろかすルカ・ダットーマは、当時28歳という若さながらすでにその頭角を現わしはじめていました。

 

picture

 

『ラベルデザインはこの絵だ!』

 

ワインのラベルには1988年当時、懇意にしていた画家の「ラファエロ・デラ・ローザ氏」がカンティーナに寄贈したフレスコ画をあしらいました。

 

そしてようやく彼らの目指すフラッグシップワイン、『ジュスト・ディ・ノートリ1992年』初ヴィンテージがここに誕生しました。2015年リリースの『ジュスト・ディ・ノートリ2012年』は20周年を迎えた特別ラベルとなりました

 giusto-di-notri

 

    当時まだ全く無名だったワイナリーですが、ファーストリリースから2年後の『ジュスト・ディ・ノートリ1994年』がなんとイタリア最高峰のワイン評価誌ガンベロ・ロッソ誌でトレ・ビッキエーリ(最高評価の3グラス)を獲得します。一気に注目が集まりました。

 

さらに、ヴィルジリオはこの年に、『ジュスト・ディ・ノートリ』に入れるブレンド用に造っていたメルローの原酒樽が突出して旨いことに気が付きます。

 

『こ、これは!?すごく旨いじゃないか!これはメルロー100%のままで飲むべきだ!』

 redigaffi2010

 

 後にシンデレラワインとして崇められるもう一つのフラッグシップ『レディガフィ』の誕生の瞬間です。

レディガフィはその後、

・1997年ヴィンテージ『ワイン・スペクテーター誌100点』を獲得

・2000年ヴィンテージ『ワイン・アドヴォケイト誌100点』を獲得

と、イタリアワイン史上初の『2大評価誌で両100点』獲得の快挙を成し遂げます。

 

ヴィルジリオは、『ジュスト・ディ・ノートリ1994年』が当時トレ・ビッキエーリを急に獲得したことで自らのワイナリー、そして畑のポテンシャルに驚きます。

 

『すごいものを造ることができた。でも、来年は、再来年は大丈夫かな・・・。いや、大丈夫、とにかく良い、特別なワインを造り続けよう!』

 Eugenio

 

 彼の想いは途切れることなく続き、2大ワインガイドで未だかつて、『ジュスト・ディ・ノートリ』、『レディガフィ』が90点を下回ったことはありません。これはイタリアワイン界で最高峰のレベルです。

 

この素晴らしい2本のワインは今でも毎ヴィンテージ生まれ続けています。ヴィルジリオは後にこう思います。

 

『私は別の品種も挑戦したい、次はもっととんでもなく旨いシラーを作ってやる』

 

その後、シラーやサンジョヴェーゼの拡充にも取り組みます。こうして生まれた『トゥア・リータ シラー』は今でも年間3000本程度の極少生産ですが、初めはたった2樽しか造られず、希少なワインでした。飲むものを魅了する妖艶な香りを醸す銘品に仕上がっています。

 

残念ながらヴィルジリオは2010年に惜しまれつつ他界しました。

 

彼の一番思い入れの強かった『トゥア・リータ シラー』には2010年から「PER SEMPRE(いつまでも永遠に)」の文字が入っており、ワイナリーを受け継いだ者たちの彼への想いを伝える大切な一本となりました。

syrah2010

 

  ワイナリーは残された家族に託され、今は妻のリータ・トゥアさん、娘のシメーナさん、シメーナさんが高校時代からお付き合いしている幼なじみステファノ・フラスコッラさんがその想いを受け継いでいます。

 

長くなりましたがイタリアワイン界のトップ生産者の秘話を楽しんで頂けましたでしょうか?

 

余談ですが先日、こんなに凄いワインを造っている彼らにあえて質問をしてみました。

 

『あなたが凄いと思うワイナリーはどこですか?』

このレベルの生産者が敬うほどの生産者はどんなだろう?

どんな名前を出すのか、彼らが迷う様子を期待していたのですがすんなりと答えはこうでした。

 

決まっているじゃないか!

ブルーノ・ジャコーザ

『彼は神様さ』と。

 winery

 

この記事の生産者トゥア・リータについて詳しいご案内はこちらです。

シャンパーニュ「ネクターとは何か」

スタッフの独り言, ワインの知識2015-10-30

シャンパーニュ好きの方の中には銘柄の中に「ネクター」という商品があるのをご存じの方も多いかと思います。

この「ネクター」はシャンパーニュ・メーカーがよく甘口のシャンパーニュに使用している名称です。

シャンパーニュの名前は、ワイン加えた「門出のリキュール」の糖分量によって呼び方が変わります。

規定によりますと・・・

1020 シャンパーニュ残糖表示

と、きっちりと決まっています。

 一番多く商品が存在する「ブリュット」は12g/L以下ですね。

しかし、この表の中には肝心の「ネクター」に言及がありません!

そこで私、弊社のバイヤーに「ネクターとはなんぞや」を聞いてみました。

 

バ)ああ、それ、AOP法上の甘辛度の規定には存在しない名称ですよ。

シャンパーニュ地方では、慣習的に「やや甘口」=Nectar ネクターという名称が使われています。

 

「ネクタル」はギリシャ・ローマ神話の「不死の生命を与える神酒」が語源で、転じて「花の蜜」となり、甘い飲み物を指すようになり、現代になって「果汁に甘味料を添加したジュース」にも用いられるようになりました。砂糖が貴重品だった時代、甘いものがいかに大切かが分かるお話ですね。

ピーチ・ネクターやマンゴー・ネクター等ありますが、そういった「果実を想わせるようなほんのりとした甘味」というのがシャンパーニュでいうところの ネクターの特徴かと思いますよ。

 

・・・なるほど、勉強になります。

因みに、「ピタリの数値」のときはどうなるかというと(たとえば17g/Lのときはエクストラ・ドライ??セック??)、「トレランス」という名の「遊び」が適用されるとのこと。

どのカテゴリーでも規定の上下3g/Lまでは「生産者の判断でどっちでもよいよ」と規定されているそうです。

筆者、シャンパーニュさんに「そんな細かいことを気にしてはいけないよ。ゆとりをもって私たちを楽しんでくださいね」と諭された気がしました。

このネタ、ソムリエの試験にも出てこないようなことですので、覚えても意味はありません。

シャンパーニュを飲んでいるときの話の種にでもしていただけましたら幸いです(筆)

イタリア☆ヴィニタリーへの道!~いよいよヴィニタリー編~

スタッフの独り言, 現地情報2015-03-30

チャオ!
ザックから引き継ぎ、ジリーがイタリアよりVinitalyの様子をお届けします!

20150330_1_01

世界最大級のワイン&スピリッツの見本市Vinitaly(ヴィニタリー)。
出展業者は4000社以上にも及ぶようです。
今年は3/22~25の4日間の開催です。
場所はヴェネト州のヴェローナ。
ロミオとジュリエットの舞台で有名な街です。

20150330_1_02

世界最大級ということで開場前から人がわんさかいます。
ビジネスで来ている人達に加え、一般の方も色んなワインを楽しむために参加してます。

20150330_1_03

州ごとや、食品などでパビリオンが分かれています。パビリオン一つ一つが大きいです。

20150330_1_04

パビリオンの中も世界各国から来るたくさんの人でごった返しています。
私たち同様、日本人もよく見かけます。

20150330_1_05

こんなものも展示しています!
そう、醸造で使うステンレスタンク。

20150330_1_06

新品ピカピカのオーク樽なんかも展示しています。

 

 

4日間、朝からずっとテイスティングしながらひたすら歩き回ります。

あまりの疲れに足がスティック(棒)や~、腰ペイン(痛)や~、なんて声もちらほら聞こえてきます。

果たして今回発掘したワインが皆様のもとにお届けできるのか!?

お楽しみに~!!

イタリア☆ヴィニタリーへの道!~ジェノバのごはん編~

スタッフの独り言, 現地情報2015-03-24

チャオ!

イタリア初日、ジェノバよりN崎(ザック)です。

今回は食べものをレポートしてみます。
我々日本人にとっては楽しみでもあり、同じ食事が続くと辛くもあり、という部分ですが、
リグーリア州は今まで僕が訪問した中でも圧倒的に、軽いタッチのお料理!
全然飽きない!

20150324_1_01

まずはジェノベーゼのパスタ。
やっぱこれは食べとかないとね!

20150324_1_02

途中コロンブスの生家にも寄りつつ。
(皆さん知ってました?ジェノバ出身だそうです!)

20150324_1_03

魚貝も豊富で、いいですよね!

そしてとにかく野菜も豊富!
アーティーチョークもタップリお食べと言わんばかりに出てきます。

20150324_1_04

写真はアーティーチョークのパイ包み焼き、更に、生のアーティーチョークも!
鮮度が無いと普通食べれません!めちゃウマ!

20150324_1_05

お野菜中心でシンプルな料理が多いので日本人には親しみ易いです(^^)

20150324_1_06

最後に、ご紹介は20種類もの野菜が入ったスープ。うえにはジェノベーゼソース。スククスンというちっちゃいパスタも入ってます。

ちなみに、お肉はあんまり食べないんだそう。食べても白身のお肉、鳥とか豚なんですって。

イタリア☆ヴィニタリーへの道!~出発編~

スタッフの独り言, 現地情報2015-03-23

ボンジョルノ!

営業部のN崎(ザック)です。
三月末に行われる一年に一度の大展示会、ヴィニタリーに向けてイタリア出張です。

行きの飛行機はミュンヘン経由。

が、何やらストライキの報告…。
どうなる事かと前途多難でしたが奇跡的に我々が乗る飛行機はセーフ。

ミュンヘンに降りるとB○W(ドイツ製高級車)が、でーん!

20150323_1_01

ビールとソーセージも、でーん!

20150323_1_02

さて、時差ぼけにも戦いながらまずはヴィニタリーの前に、ジェノバからワイナリー訪問スタートです(^^)


A domani(また、明日!)

いざポルトガル!~ポルトガル現地レポートvol.3~

スタッフの独り言, 現地情報2015-03-05

こんにちは、Sです。
ポルトガルに着いて3日がたちました。

 

展示会は缶詰め状態と申しますか、、、

何百と不規則に並ぶワインを、ずーとテイスティング。

せっかくの海外だと言うのに、昼なんかは近くのファーストフードですましております。

その不満を時差ボケで苦しむポルトガルバイヤーにぶちまけました。

地元の料理を食べないと、地元ワインの事なんかわからない!

という、訳の分からない大義名分をふりかざし

リスボン散策へ。

20150305_1_01

私は、全くポルトガルに無知でして、、
(と、言うか皆様もご存知無いのでは?)

リスボンはポルトガルの首都です。
リスボンは見どころたっぷり。
観光都市です。
その美しい街並みを散策するだけでもワクワクです。

20150305_1_02

坂が多い街で、街の真ん中に通行用のエレベーターが!?

利用したのですが、その頂点から、結構な絶景が望めました。

高くて怖かったのですが、いい感じでしょ?

20150305_1_03

 

ポルトガル料理は、豚肉なんかなー、と単純に思ってましたが、

大西洋に面してるとあって、魚料理も絶品です!

味付けはオリーブオイルと塩コショウでシンプル!?
リゾット(米)もあるし、日本人好み!?

って言うか、一盛りが多過ぎる!と言う嬉しい悲鳴も!

20150305_1_04

鱈の塩漬け(保存食でもあるのかな?)やタコも有名!20150305_1_05

 

ワインとのマリアージュを考えると、、、、
ポルトガルでたこ焼き屋をやったら儲かるのでは?

と、いう夢を見ながら、、、、おやすみなさい。



次回予告、、、
うーたん登場!?

いざポルトガル!~ポルトガル現地レポートvol.2~

スタッフの独り言, 現地情報2015-03-04

昨日に引き続き、Sです。
ポルトガルからお送りいたします。

20150304_1_01

ポルトガル、食の展示会「SISAB」にやって来ました!

20150304_1_02

たくさんのブースから、消費者の方に喜んで頂けるワインを探します。

現地で選ばれたワインを日本でもう一度選考されます。

今回はその現地選考者の一人です。

20150304_1_03

どれも美味しいので、アイテム絞るのは、かなり罪つくりな仕事、、、

出来れば何か、ご提供したいと思います。

では、行ってきます。

20150304_1_04

ワインも探しておりますが、ちょっと小ネタ。

トイレの表札?がお洒落でした。

20150304_1_05

トイレを撮る変人!?

つづきはまた次回に。

いざポルトガル!~ポルトガル現地レポートvol.1

スタッフの独り言, 現地情報2015-03-03

東京営業部のSです。
ポルトガル出張にきております。

20150303_1_01

見知らぬ土地、誰も知らんし、独りで過ごすのが、

ちょっと好きです。

シャルルドゴール空港内ですが、、、

合流せずにプラプラと歩き回りました。

まあ、合流したらしたで、それもまたよいのですが。。。。


今回はポルトガルに出張です。

シャルルドゴール空港まで小さな一人旅でした。

で、ポルトガルには先入観一切無し!

どんな街並みで、どんなもん食べているのか?またレポートできればと思います。

とりあえず、移動で24時間!

時差を考慮して一睡もせず。明日から仕事です!