mottox 公式ブログ

企業ニュースをはじめ、様々な情報をお届けします。

mottox
mottox

イタリア 新酒ノヴェッロ 2016 生育レポート vol.1

作柄情報2016-08-04 mottox

2017年の最新情報を掲載しました。

今年のノヴェッロ解禁日はいつ?輸入元が教える2017年の現地情報』へリンク

 (2017/8/25追記)

 

 

こんにちは!マーケティング部の田中です。

 

今年もイタリア、ノヴェッロの生育状況をお伝えできる時期になりました!

昨年の新酒情報がまだついこの間のような感覚ですが、一年が経つのは早いですね。

私ごとですが今年はソムリエの資格のために、イタリア以外のお国のことも勉強中です。

そんな中ノヴェッロが無事に日本に輸入されてくるまで何度かにわたって2016年ヴィンテージの作柄をレポートいたしますのでよろしくお願いします。

 

ではまず、ヴィーノ・ノヴェッロ(新酒)についてご存じない方のためにおさらいから始めましょう!

 

■■■ヴィーノ・ノヴェッロとは?■■■

 

その年に収穫されたブドウから作る新酒のことで、「ボージョレ ヌーヴォ」のイタリア版!

とってもフレッシュな味わいで、果実味たっぷり、親しみやすい口当たりが特徴です♪

 

2016年のノヴェッロ解禁日は10月30日(日)となりました。

フランスのボージョレ ヌーヴォよりも一足早くイタリアの新酒が味わえます!

ボージョレ ヌーヴォの解禁日が11月17日(木)ですので、3週間も早く新酒が楽しめます!

解禁が日曜日なので、お家でノヴェッロパーティーもいいですね♪

 

 

モトックスではイタリア中部トスカーナ州のワイナリー【カステッリ・デル・グレヴェペーザ】に

南部プーリア州の【コンティ・ゼッカ】を加えた2ワイナリーのノヴェッロを毎年ご案内しています。

 

 

 

トスカーナ州【カステッリ・デル・グレヴェペーザ】から2016年最初のレポートです!!

toscano

『ブドウの樹も実も順調に育っています』

7月の気候は例年並みでした。日中の最高気温は30~35度、夜間の最低気温は18~22度。 あまり雨が降りませんでしたが、春にしっかり降雨がありブドウの生育に必要な水分をしっかりと補うことができていました。その後も順調に生長しており、これから色づき始める段階に入ります。気温が高い日が続いているので、ブドウの衛生状態がとても良好です。害虫の検査を行っていますが、現在一例も報告されていません。サンジョヴェーゼを中心としたほとんどのブドウは素晴らしい実のなり方です。

トスカーナの北部では先週、大雨と雹に見舞われましたが、キアンティ地区に被害が及ばなかったので、安堵しています。2016年ヴィンテージは、天候も例年に近く、大きな被害にも遭っていないので、今の所、大変良好な状態です。

 farm

 

grape1 grape2

 

 

続きまして、プーリア州『コンティ・ゼッカ』からのレポートです!!

salento

『今年もまた完璧で健康なブドウに生育していくでしょう』

2015年末から、2016年初めにかけて、温和な気候が続き、雨は殆ど降りませんでしたが、春にしっかりと雨が降ったおかげで、畑の土壌深部には、夏の乾燥に堪えうる十分な水分を蓄えることができました。6月から現在までのプーリア州・サレント地方は降雨もなく、大変良好な天気に恵まれています。気温ですが、早朝は20度前後、日中は33度前後まで上がります。ここ数日は約35度に達しました。この素晴らしい天候で、ブドウの生育が一層活発になり、糖分も一段と上がります。

 

garape4 grape3

 

 

 

 

両ワイナリーともブドウがすくすくと育っていますね!!

今のところノヴェッロ2016年ヴィンテージの作柄評価は良好そうです。

次回は8月末ごろ、夏本番のイタリアよりブドウの生育情報をお届けしたいと思います♪

お楽しみに!

 

では、また!Ciao!

『イタリア新酒 ノヴェッロ 2016 育成レポート④(最終回)』
『イタリア新酒 ノヴェッロ 2016 育成レポート③』
『イタリア新酒 ノヴェッロ 2016 育成レポート②』