mottox 公式ブログ

企業ニュースをはじめ、様々な情報をお届けします。

もっと!ワイン
モトックスが提案する、ワインのあるライフスタイル「MOT!WINE」

2013年7月

ドイツワインと英国王室との関係?

スタッフの独り言2013-07-25

マーケティング部の河野です。

いよいよ夏も本格的になってきました。

日本も暑い!ですが、今年はイギリスも“熱い夏”を迎えているようです。

今週、ついに待望のロイヤル・ベビーが誕生しました。
日本でどこまで話題になっているのかどうか・・・、会社にこもって仕事をしているとどうも分かりませんが、イギリスではここ何週間も毎日この話題一色で、ベビーグッズや記念のスイーツの販売から、生まれてくるのは男の子か女の子か、髪や瞳の毛の色は何色か、なんてことが賭け事の対象になっているあたりが国民性?というのか、微笑ましい感じです。
男の子に賭けた人は今頃大騒ぎしていることでしょう・・・。

英国王室といえば、ワインにも関係があるのをご存じでしょうか?
それも何とドイツに。

まずは、ドイツの銘醸地ラインガウの造り手、ヨアヒム・フリック。

ここは「ホッホハイマー ビクトリア女王山」という畑を持っていることから、「女王陛下のワイナリー」として有名です。
19世紀ラインガウ地方にできたドイツで2番目の鉄道の開通を記念して公式訪問したビクトリア女王。無類のワイン好きで知られる彼女は、特にこの畑からできたリースリングを気に入り、自分の名前を使うことを許可したというから驚きです。世界にブドウ畑多いといえども、王族のしかも女王自らの名前がついた畑はここにしかないそうです。

【ヨアヒム・フリックのワイナリー情報】

こんな背景から今でもワイナリーは英国王室と近く、ご自宅にはこんなオブジェもあちこちに。

ウィリアム王子の結婚式では、大使館での晩餐会にワインが使われました。

【ワインの詳細へ】

 

そんなワイナリーの暮らしぶりはとても素朴で、都会人憧れの自給自足の生活を満喫しています。ワインを造っているだけでも十分ステキなのに、ご馳走になったランチの食材は野菜や果物、卵・・・とほとんど自分の敷地からゲット。

なんとこのソーセージまで!狩りで仕留めた鹿を、いつもお肉屋さんでソーセージにしてもらうそうです。これがソーセージとなった鹿君の雄姿。

あ~、この家の子になりたい!

 

次は正真正銘の王子様、バンアード・プリンツ・フォン・バーデン殿下の登場です。

ドイツ南部、温泉と美食、競争馬の産地として知られるバーデン地方を900年も統治してきた一族の当主であるバンアード王子は、チャールズ皇太子のいとこにして、マルクグラフ・フォン・バーデンの当主。

競争馬の産地ということで、競馬にゆかりがあり、日本にも授賞式などの公式行事で来られることがあるそうです。

王子様というといかにも恵まれているように思えますが、第一次大戦後は表舞台から遠ざかり、ワイナリーも徐々に衰退していきました。その立て直に手腕を振るったのがバンアード王子で、その仕事ぶりと優れた品質がドイツのワイン界ではとても有名になっています。

【マルクグラフ・フォン・バーデンのワイナリー情報

 

これが今に残る山城の一つ、シュタウフェンベルク城。

恵まれた立地からリースリングとピノ・ノワールを栽培しています。

【ワインの詳細へ

この話をするとみんな嫁ぎたいと言い出すのですが・・・
残念!殿下には美しいプリンセスと3人の息子さんがいらっしゃいます。

ワインと食のマリアージュ検証!「カンティーナ・ボルツァーノ」

こんな食事と楽しみました2013-07-09

皆さんこんにちは!
カンティーナ・ボルツァーノマリアージュ検証会実行委員の西崎です。
さて、その名の通り今回はカンティーナ・ボルツァーノをテイスティングし、食との相性を検証しました。

まずは、会議室にて勉強から。
講師は闘うワイン商川頭義之氏です。イタリアワイン最強ガイドの著者で、今回勉強会をしたボルツァーノをモトックスに紹介していたいでいるエージェントが川頭氏です。

ふむふむふむ。
ここで話すと長くなるので皆さんは下記URLからワイナリー情報を見て下さいね。

【ワイナリー紹介はこちら】

 

そして、その後テイスティング。
全種類です。その数なんと13種類!!!
あ、かの有名な(!?)ワイドルも見えますね。

川頭氏も絶賛、我々営業スタッフ
その美味しさに十二分に納得しました。

 

ちなみに下の写真は、京都担当の小林。
いや、真面目に飲んでるんですよ。真面目に飲んでるんですけど、美味しいワインに出会うとつい笑顔になってしまうんですよね。皆さんもボルツァーノのワインを飲んだらこんな素敵な笑顔にきっとなれますよ。ね、小林先輩!?

 

 

さてさて、一旦会社での勉強会は終了。でも、やはりワインは食との相性あってのものでしょう!!
ということで、全員でお店へ移動。
「実食!!!」

 合わせたお料理はこちら。
 ・タパス6種
  (タコとセロリのマリネ、イベリコ豚のパテ、旬魚のエスカベッシュ、
   エビとブロッコリーのジェノバ風、アンチョビキャベツ、
   ポルチーニ茸と玉葱のスフォルマート)
 ・鯛のカルパッチョ 赤貝のラビコットソース
 ・トリッパとチョリソーの煮込み
 ・牛タンの煮込み
 ・山菜(タラの芽、こごみ、ふきのとう、花うど)の天ぷら
 ・ワカサギのフリット カレー塩と山椒塩
 ・函館産ベロカジカの香草バター焼き
 ・カレイの煮付け
 ・鶏の幽庵焼き
 ・犬鳴豚の鉄板焼き イチゴと赤ワインのマスタードソース
 ・ヘルシークイーンビーフの鉄板焼き バルサミコソース
 ・パルミジャーノのリゾット

改めて書き出してみるとこんなにあったんですねぇ・・・。和も洋も旬の食材もいろいろ試したーい!という我儘なリクエストでした^^;あ、もちろんポーションは小さくみんなでシェアして色々食べました。
13種のテイスティングした中から、食事との検証を行ったものはミュラートゥルガウとラグレイン。
それぞれのワインの詳細は下記URLでチェックして下さいね。

【644912 サンタ・マッダレーナ ミュラー・トゥルガウ 詳細へ】

【643966 サンタ・マッダレーナ グリエス ラグレイン 詳細へ】

 

モグモグ・・ゴクゴク・・モグモグ・・ゴクゴク・・
・・・・・
はい、酔いました(笑)

結論からいきますと、

ミュラートゥルガウはとにかく野菜の旨みを引き出してくれるワイン!シンブルな調理法で食材の旨みを味わう料理にぴったりです!
クリームやチーズをたくさん使うリッチな料理や、パテやムースなど動物性脂肪の旨みが強い料理よりも、カラッと揚げたり、植物性脂肪、特にオリーブオイルを使った料理と非常にあいます。魚介も和食もちろんOK!
面白かったのはトリッパで、モツというよりはトマトソースの酸味と甘みとピシャリとあいました。シンプルなトマトソースのパスタもいいかもしれませんね!

ラグレインはとにかくなんでもあう万能選手!特に根菜、肉、脂の旨みとの相性がよく、ハーブやスパイスのニュアンスがあればなおGoodです!

お肉に関して言えばあまりコラーゲンたっぷりの柔らかいとろとろしたものより、赤身でしっかりとした肉質のほうがラグレインに良くあいます。
ちなみに、川頭氏曰く、現地では鹿肉のローストにブルーベリーなどのソースを使ったお料理、グーラッシュ(ハンガリーが起源の牛肉の煮込みのようなもの)に合わすことが多いんだそうです。

また、秀逸だったのがパスタのラグーソースに入っていたゴボウとの相性。ゴボウの土っぽい香りとラグレインの野性的な、スパイシーさが素晴らしくマッチしました。ソースはトマトソースでも全然いけそうです!

 

ボルツァーノ、いいワインです!
以上、長くなりましたが、皆さん、ぜひ一度試してみて下さいね!!!

雑誌『リアルワインガイド』スパークリング旨安大賞に選ばれました!

メディア掲載/評価情報2013-07-04

『リアルワインガイド no.42』に掲載されたアイテムをピックアップしてご紹介いたします。

今回の特集は
「旨安スパークリング~3000円以下の本当においしいスパークリング~」。

なんと!モトックスのワインが旨安大賞に選ばれました!
プラス、表紙にも登場です!

バルディビエソ ブラン・ド・ブラン

【ワイン詳細】

  今飲んで89+ ポテンシャル89+ 飲み頃予想 今~2023

テイスティングコメント~
香りは高品質なスパークに必要な要素が全てバランス良くあり、味も本格派。ミネラルでカキッとし、ツヤと奥行きがある。また、イーストとハチミツの風味も多めの液体は心地良い厚みがあるし、気品もある。この価格でシャンパーニュ並みの味と品質。
(リアルワインガイド no.42 P.33 引用)

 

続いてこちらも旨安大賞をいただきました!

メディチ・エルメーテ アッソーロ・レッジアーノ・セッコ

【ワイン詳細】

 今飲んで88+ ポテンシャル88+ 飲み頃予想 今~2020

テイスティングコメント~
外観は濃い紫色。で、色の濃さにビックリするが香りも味も意外にスッキリとしたところも。甘くてピュアピュアでフレッシュな味と、液体全体の質感の重さの対比が楽しく、バッチリ美味しいのだ。
(リアルワインガイド no.42 P.27 引用)

 

旨安賞も2アイテム選んでいただきました。

ロータリ タレント ブリュット リゼルヴァ

【ワイン詳細】

 今飲んで90 ポテンシャル90 飲み頃予想 今~2023

テイスティングコメント~
ドライなスパークリングでミネラルと酸の効きが良い。一方で香りはバタークッキー的要素が含まれている。泡立ちはやや派手めであるが、とにかく旨い。
(リアルワインガイド no.42 P.28 引用)

 

ナバロ・コレアス エクストラ・ブリュット

【ワイン詳細】

 今飲んで88 ポテンシャル88 飲み頃予想 今~2018

テイスティングコメント~
淡めのサーモンピンクの色調。ラズベリーやチェリー、赤身肉などの芳醇な香り。味わいはリッチな果実味を酸が支え、炭酸もきめ細かくなめらかに口のなかに広がる。飲んでみると目からウロコの秀逸なロゼスパークリングだ。
(リアルワインガイド no.42 P.32 引用)

 

旨い上に安い!
そんなコストパフォーマンス抜群のスパークリングワインばかり。

ぜひお試し下さい☆

雑誌『Mart』掲載!夏のおうちランチにサンテロ♪

メディア掲載/評価情報2013-07-03

「もっと生活遊んじゃおう!」をテーマに
女性が自分の時間を充実させるための情報誌『Mart』。

先日発売された8月号に、
「夏のおうちランチが盛り上がる!」アイテムに、サンテロが掲載されました!

爽やかな飲み口と可愛いラベルが目印の、
イタリアNo.1スパークリングワインとして3種が紹介されています。

(左から)
◆天使のアスティ
◆ピノ・シャルドネ・スプマンテ
◆ピノ・ロゼ

ワインと一緒に楽しめるレシピや、飲み方アレンジも提案されてますので、
ぜひご覧下さい。

【光文社『Mart』の公式ページはこちら】
http://mart-magazine.com/contents/index.shtml