mottox 公式ブログ

企業ニュースをはじめ、様々な情報をお届けします。

もっと!ワイン
モトックスが提案する、ワインのあるライフスタイル「MOT!WINE」

2014年6月

イタリア訪問記~トスカーナ編~

ワイナリー訪問記/来日記, 現地情報2014-06-23

こんにちは。イタリア帰り営業部の内藤レポート第二弾!
今回はトスカーナをお届けします♪

20140623_1_01

トスカーナといえばキャンティやモンタルチーノなど
銘醸ワインの産地が並ぶエリアとして有名です。

しかし、そんな王道エリアを敢えて行かないのが、我らがチームモトックス。
トスカーナワインに愛情溢れる我々が行ったのは・・・

「コスタ・トスカーナ(トスカーナ沿岸部)です!!」

20140623_1_02

有名な都市では斜塔で有名な「ピサ」や港町「リヴォルノ」があり
ワインではあのサッシカイアを生みだしたボルゲリDOCがあります。

トスカーナといえばビステッカ・フィオレンティーナ(フィレンツェ風Tボーンステーキ)
が有名ですが、このコスタ・トスカーナでは港町もあり、魚介を良く食べます。
これまた肉が苦手な私の楽園。

 

ギッツァーノ

20140623_1_03

トスカーナの土着品種といえば・・・
サンジョヴェーゼが有名でしょう。

キャンティの葡萄のイメージが強いですが、
これはトスカーナだけでなく
イタリア全土で多く栽培されているブドウです。

別のエリアからサンジョヴェーゼにチャレンジするためにトスカーナで
ワイン造りを始めた生産者もいるぐらいイタリアのワインメーカーのステータスになっているが
このブドウだと言えます。

そのサンジョヴェーゼを300年来、栽培し続けているのがテヌータ・ディ・ギッツァーノです。

 

土着品種と国際品種の融合

20140623_1_04

トスカーナの北西部に位置するピサ県
ギッツァーノ村の周辺
「コッリ・デル・ピザーネ」は
砂が多い土壌のため、
軽いサンジョヴェーゼが造られるイメージがありました。

キャンティのサブリジョンという位置付けをされていた、この地域をトスカーナの一大産地として
世に知らしめたのが「テヌータ・ディ・ギッツァーノ」の功績です。

広大な土地を有するメリットを生かし、
標高が高いエリアに冷涼な気候を好むサンジョヴェーゼの畑を構え、
比較的暑さに適した国際品種のメルローやカベルネ・ソーヴィニヨンを標高の低いに植えています。

標高差の気候の違いや畑の土壌のキャラクターを選別して最も適したブドウを植えることで
ここのテロワールを表現した、素晴らしいワインを作ることができたのです。

ブドウに種類に捉われず、その畑にあったブドウ造りを追及したことで
結果的に土着品種と国際品種の融合が自然と成り立ちました。

20140623_1_05

「ワインは畑から」とはよく聞きますが、
同ワイナリーに訪問した際に改めてそれを強く感じることができました。

コスタ・トスカーナの料理

冒頭にあったように
「トスカーナ=肉」
のイメージが強いと思いますが、海に面しているトスカーナ州は
もちろん海の幸も沢山あります。

特にリヴォルノやピサには魚料理のレストランが軒を連ねます。
フィレンツェ・シエナなど内陸の人がわざわざここまで来てお魚を食べに行くぐらいです。

特に有名なのはカチュッコという魚介のスープ。
魚介類をトマトソースで煮込みパンを添えたものでブイヤベースにもよく似た料理です。

20140623_1_06

20140623_1_07

20140623_1_08

他にも鱈のトマト煮やムール貝。鯛のローストなど魚料理のバリエーションも豊富。
また同エリアは赤ワインの産地としても有名なので
生産者の中には自分たちの赤ワインとお魚料理を勧める人もいました。

トスカーナに行った際はお肉だけでなく、お魚にも是非とも注目して下さい!

2016年卒向け夏季インターンシップを開催します!!

企業ニュース, 新卒採用情報2014-06-12

8~9月に2016年新卒の学生さん向けインターンシップを開催致します。

インターンシップの詳細は下記に掲載しております!

★モトックス採用HP
https://www.mottox.co.jp/recruit/

★マイナビ2016
http://job.mynavi.jp/16/pc/corpinfo/displayInternship/index?corpId=64225&optNo=w1zEq

★リクナビ2016
http://job.rikunabi.com/2016/company/top/r965761004/

多くの学生さんのご応募、お待ちしております!


モトックス管理部 人事グループ

イタリア訪問記~シチリア編~

ワイナリー訪問記/来日記, 現地情報2014-06-05

こんにちは。イタリアの最南端シチリア島のレポートです。
イタリア帰りの内藤がレポートします。

 20140605_1_01

シチリアというとイメージは・・・

海・リゾート・オレンジ etc…

南西方を向くとアフリカ大陸・チュニジアが近くに位置していて
その距離は145Km程度。

一部の地域はアフリカ大陸よりも南に位置するエリアもあります。

またかつてはアラブ圏だったこの土地は今なお、アラブ文化の情緒を街の至るとこで感じることができます。

イタリア20州の中で最大の領土を誇り、その広さは四国地方の1.4倍!

シチリア=暑い!

というイメージがあると思いますが、
東を向けばエトナの山々がならび、冷涼な気候のエリアもあります。
(場所によっては雪が降る所も!?)

つまりワインにとっては多様なテロワールが存在する、まさにワインパラダイス
がシチリアなのです。

 

グルフィ社

20140605_1_02

シチリアの土着品種といえば・・・ネロダーヴォラ!
イタリア語で「アーヴォラ村の黒ブドウ」という由来。
アーヴォラ村はシチリアの南西に位置していて
広大なシチリアの土地の中でも南側で主に栽培されているブドウ品種です。

そのネロダーヴォラに拘り続けワイン造りをしているのが、アジェンダアグリコーラ グルフィ。
シチリアの最南端のエリア「パキーノ」に畑を構えている生産者です。

 

畑へのこだわりとクリュの考え方

このワイナリー最大の特徴はパキーノに所有する4つの畑。
畑のキャラクターごとでテロワールやミクロクリマの表現をしている。
ブルゴーニュの考え方で「クリュ」を取り入れているイタリア数少ない生産者。

◆ネロバローニ 24ha
石灰質や粘土質、砂質があり、ワイン全体にはミネラルが高く、香りが豊か。

◆ネロブファレッフィ15ha
ボディがありながら、酸が高いのが特徴。
全体的にバランスも良く、熟成後はエレガンスな仕上がりになる。

◆ネロマッカリ3ha
鉄分が土壌中に含まれるため、ミネラル感がしっかりある。
また、果実味が前に出るので他のクリュよりアグレッシブな印象になる。

◆ネロサンロレソ 15ha
海から畑までわずかに800mと特異な場所に位置する畑。
海沿いの温かい風を受けて、しっかりとした果実感。
ただ土壌は石灰メインのため、余韻に綺麗な酸とミネラルが特徴。

どのクリュが好きか是非、自分の舌で選んでみてください!!20140605_1_03

 

シチリア料理

といえばやっぱり魚!!

特に多いのがイワシ・アジ・マグロ
日本と食べるお魚と相違があまりないシチリアのお魚事情。
もちろん食べ方も生のカルパッチョや焼いたお魚。
パスタもマグロラグーやイカスミなど日本人でも馴染やすい料理が並びます。
場所によっては生シラスにオリーブオイルというところもあるようです。
肉があまり食べられないDにとってはまさに楽園・・・

20140605_1_04

20140605_1_05

20140605_1_06

魚料理でもローストされたものやフリットなどでも赤ワインの相性は最高です!

是非一度、シチリアワインと魚料理で合わせてみて下さい!

 

羊群れが道を歩いているのもシチリアらしい光景です…

20140605_1_07