mottox 公式ブログ

企業ニュースをはじめ、様々な情報をお届けします。

もっと!ワイン
モトックスが提案する、ワインのあるライフスタイル「MOT!WINE」

2015年10月

シャンパーニュ「ネクターとは何か」

スタッフの独り言, ワインの知識2015-10-30

シャンパーニュ好きの方の中には銘柄の中に「ネクター」という商品があるのをご存じの方も多いかと思います。

この「ネクター」はシャンパーニュ・メーカーがよく甘口のシャンパーニュに使用している名称です。

シャンパーニュの名前は、ワイン加えた「門出のリキュール」の糖分量によって呼び方が変わります。

規定によりますと・・・

1020 シャンパーニュ残糖表示

と、きっちりと決まっています。

 一番多く商品が存在する「ブリュット」は12g/L以下ですね。

しかし、この表の中には肝心の「ネクター」に言及がありません!

そこで私、弊社のバイヤーに「ネクターとはなんぞや」を聞いてみました。

 

バ)ああ、それ、AOP法上の甘辛度の規定には存在しない名称ですよ。

シャンパーニュ地方では、慣習的に「やや甘口」=Nectar ネクターという名称が使われています。

 

「ネクタル」はギリシャ・ローマ神話の「不死の生命を与える神酒」が語源で、転じて「花の蜜」となり、甘い飲み物を指すようになり、現代になって「果汁に甘味料を添加したジュース」にも用いられるようになりました。砂糖が貴重品だった時代、甘いものがいかに大切かが分かるお話ですね。

ピーチ・ネクターやマンゴー・ネクター等ありますが、そういった「果実を想わせるようなほんのりとした甘味」というのがシャンパーニュでいうところの ネクターの特徴かと思いますよ。

 

・・・なるほど、勉強になります。

因みに、「ピタリの数値」のときはどうなるかというと(たとえば17g/Lのときはエクストラ・ドライ??セック??)、「トレランス」という名の「遊び」が適用されるとのこと。

どのカテゴリーでも規定の上下3g/Lまでは「生産者の判断でどっちでもよいよ」と規定されているそうです。

筆者、シャンパーニュさんに「そんな細かいことを気にしてはいけないよ。ゆとりをもって私たちを楽しんでくださいね」と諭された気がしました。

このネタ、ソムリエの試験にも出てこないようなことですので、覚えても意味はありません。

シャンパーニュを飲んでいるときの話の種にでもしていただけましたら幸いです(筆)

イタリア 新酒ノヴェッロ 2015 生育レポート vol.4

作柄情報2015-10-26

マーケティング部田中です!

今回はワイナリーより届いたできたてホヤホヤのノヴェッロの情報をお伝えしたいと思います!

 

3年前より解禁日が変更となり、今年も10月30日(金)!!
みなさん予定はばっちりですか??

今回は現地でノヴェッロと一緒に食べられているアッビナメント(お料理)も紹介していますので、皆様もぜひ試してみてくださいね♪


モトックスでは、2つのワイナリーから造られるノヴェッロをお届けいたします。

中部トスカーナ州 『グレヴェペーザ社』
南部プーリア州 『コンティ・ゼッカ社』

 

まずは中部トスカーナ州 『グレヴェペーザ社』より!!

20150901_1_01

イタリアを代表するブドウ品種のひとつ、サンジョヴェーゼ。

グレヴェペーザはそのサンジョヴェーゼ100%でノヴェッロを造っており、
フレッシュ&フルーティなノヴェッロは毎年大人気です!

 

~グレヴェペーザ社より~

20151026_1_01

エノロゴ「ステファノ・モゼル氏」

予定していた通り、10月13日にノヴェッロの瓶詰めを行いました。
出来上がったワインは、醸造中から期待していた通りの、驚くほどに全てを兼ね備えたような仕上がりでした。

テイスティングをしてみると、透明感のある深い赤紫色。ノヴェッロ特有のフレッシュな香りに加え、ラズベリー等の赤系果実や、様々な果実を想わせるような濃密な香りが感じられます。口に含んでみると、とても力強さが感じられますが、同時に滑らかさもあり、余韻も長く続きます。酸の具合も、穏やかで、とても口当たりが柔らかく、心地よいものでした。

20151026_1_02

今まで、何度かレポートをお伝えしてきましたが、結論として、ノヴェッロ2015は、今まで期待してきた通り、間違いなくこの10年の中でベストワインと認める事が出来る、突出した品質レベルです。

 

~アッビナメント グレヴェペーザ編~

ノヴェッロは心地よい酸味にほのかに甘い味わいのあるフレッシュタイプのワイン!
少しスパイシーな料理などとも合います!

アンティパストでは、生ハムやサラミ!時に脂分の強いサラミやサルシッチャ、トスカーナ風のクロスティーニ(レバーペースト)がお勧めです!他にはエクストラ・バージン・オリーブオイルをきかせたブルスケッタも相性抜群です!

現地では他に、プリモピアットとしては味付けのしっかりしたパスタやジャガイモのラビオリ、セコンドピアットとして脂身の乗った部位のお肉のローストやグリル、アリスタ(トスカーナ風豚肉のロースト)やペポーゾ(黒胡椒をたっぷり入れた牛肉の煮込み)と合わせるとのことです!

20151026_1_03_

今回はアリスタ(トスカーナ風豚肉のロースト)の作り方を教えてもらいました!

 ①豚肩ロースの塊に、数か所穴を開ける(今回は500g)
 ②開けた穴に、塩、みじん切りにしたローズマリー、にんにくのみじん切りを入れる
 ③表面にもローズマリー、塩を振り、糸で縛って1日寝かせる
 ④翌日、室温に戻した肉をフライパンで焼く
 ⑤ジャガイモと一緒に190度に温めたオーブンで45分焼く
 ⑥肉汁と一緒にアルミホイルで包んで1時間程置く

 完成!


ちょっと時間はかかりますが、手順としてはとてもシンプル!

美味しそうですねぇ~!

 

お次は南部プーリア州 『コンティ・ゼッカ社』より!!

20150901_1_05

コンティ・ゼッカのノヴェッロは、土着品種であるネグロアマーロ主体で造られています。
果実味がギュッとつまった、ボリューム感たっぷりのノヴェッロ!

 

~コンティ・ゼッカ社より~

20151026_1_05

現当主、醸造の総責任者「アルチビアテ伯爵」

今年のノヴェッロの特徴は、紫色を帯びた明るいレッドで、とてもしっかりとした果実のアロマを持っており、特にラズベリーやストロベリーの香りが際立っています。
コンティ・ゼッカはプーリア州の南に位置していますが、寒暖の差があり、更に、しっかりとした酸のお陰でとても心地よいフレッシュ感があるのが今年の特徴と言えるでしょう。
2015年の夏は比較的暑い夏でしたので、昨年に比べアルコール度もやや高く、ジューシーさも際立っています。

『ノヴェッロは何百年と脈々と繰り返し行われている収穫で、その年の一番初めに摘まれたブドウから出来たワインです。自然の恵みに感謝して今年もノヴェッロを頂くこと、素晴らしい伝統だと思っています。今年も素晴らしい新酒(ノヴェッロ)を皆様の元にお届けできること大変光栄に思っています。』

 

~アッビナメント コンティ・ゼッカ編~

20151026_1_06

プーリアではこの時期の食材、特に栗やきのこ料理、豆のスープなどに合わせることが多く、特にコンティ・ゼッカのあるサレント地方では秋の夜長に暖炉の前で食べる栗とノヴェッロの組み合わせが最高!とのこと。 栗は破裂しないように皮に切り込みをいれて暖炉の残り火の上に置く穴のあいた専用のパンで焼くそうです。

20151026_1_07

<p.他には、Pittule(ピトゥーレ)というサレント地方を代表する素朴な家庭料理。酵母醗酵させた小麦粉の練り物を低温のオリーブオイルで揚げたシンプルなものから、ツナ缶を混ぜたものやオリーブの実を入れて揚げたものなどがあります。
今回の写真のものはカリフラワーを入れて揚げたPittuleになります。

20151026_1_08

【オレキエッテ】
プーリア州といえば、オレキエッテ!耳たぶに似た形でモチモチとした食感が特徴的。ブロッコリーやチコリ等の緑色野菜をクタクタになるまで煮て、塩、唐辛子、アンチョビで味付けをし、茹でたオリキエッテによく絡めます。最後にペコリーノチーズを振りかけて完成!野菜の旨みがフレッシュで果実味豊かなノヴェッロと良く合うそうです。

他にも、旬の素材であるキノコを使ったリゾットとも合いますし、中程度までの熟成のペコリーノチーズも相性ばっちり!


————————————————————————————-
いよいよあと数日で今年のノヴェッロをみなさまのところへお届けすることができます!
今から本当に楽しみですね♪

「北海道スパークリングフェス」開催!

イベント情報2015-10-20

 hokkaio_spafes_top

 

気軽にスパークリングワインを楽しめる街フェスを北海道地域で開催いたします!

期間中、このフェアに参加している飲食店で、
スパークリングワインを美味しく楽しんで、
豪華賞品があたるプレゼントキャンペーンに参加してください♪

秋も深まるこの季節、スパークリングで盛り上がりましょう♪

 

【開催期間】10月19日~11月30日

【プレゼント】
 合計18名様にプレゼントが当たる!
 賞品には豪華シャンパーニュ飲み比べ6本セットも!

 

詳しくは特設ページをご覧下さい

【詳しくはコチラ】→ http://mot-wine.mottox.co.jp/event/hokkaido-spafes/index.html

オレゴン州 クーパー・マウンテン訪問記

ワイナリー訪問記/来日記2015-10-20

営業部のジリーです。

アメリカはオレゴン州、クーパー・マウンテンに訪問しました。

20151019_1_01

自然環境と人に優しい、全米で住みたい都市№1に選ばれるポートランドから
ほど近い銘醸地ウィラメット・ヴァレーの中にあります。

 

20151019_1_02

クーパーマウンテンの畑です。
1500年前の火山が噴火してできたのがウィラメット・ヴァレーです。

こちらのワイナリーは自然との調和を目指す、完全有機栽培です。

20151019_1_03

彼はシャトー・ラトゥールでワインづくりを学んだフランス人醸造家のドミンゴ氏。
彼はこう語ります。

 「ブドウも人も同じさ。小さいときに薬を与えすぎたら、
その時は良くなっても強く健康的な人間にはならない。
ブドウも一緒で農薬を与えず、厳しい環境で育てるからこそ健康で強い樹になるのさ」

 

20151019_1_04

20151019_1_05

熟成樽を真横に軽いランチ兼テイスティングです。
あれ!?ワインがないですね。
実はこの写真の奥の方に小さくいるんです。
そうそう私、肝心なワインの写真を撮り忘れたんです。笑

 

20151019_1_06

こちらが小さなワイナリー。とても可愛らしい。
自然を愛するワイナリーの素朴さが伝わってきます。

 

20151019_1_07

20151019_1_08

最後にオレゴン料理をちょこっとご紹介。

一般的に「アメリカ」で想像するようなド迫力の料理とは違い
恵まれた太陽をサンサンに浴びた野菜と果物がとてもおいしく、
葉物の野菜やベリー系の果物が料理によく使われています。

『日本こそ、野菜や果物がおいしい!』とずっと思っておりましたが、
正直オレゴンには参りました、、美味しすぎます。

 

いかがでしたでしょうか。
オレゴン州のワイン、食に少しでも興味を持っていただいたら
是非、食事に寄り添うクーパー・マウンテンのワインを試してみてくださいね。

お詫び:「シックス・エイト・ナイン ナパ・ヴァレー ホワイト 2014年産」(該当ボトル:ブルゴーニュ瓶・コルク栓仕様)商品回収のお願い

企業ニュース2015-10-20

この度、弊社輸入ワイン「シックス・エイト・ナイン ナパ・ヴァレー ホワイト 2014年産」の一部ロットに関しまして、瓶内にガラス片が混入しているものが発見されました。シックス・エイト・ナインセラーズ社では原因追究の為、現在調査中でございますが、お怪我をされる危険性がございますので、市場にあります該当商品を一旦回収させて頂きたく存じます。

つきましては、誠に恐縮ではございますが、下記仕様の商品がお手元にございます場合は、お買い求めになられました店頭にお持ちいただくか、弊社の下記住所まで商品を運賃着払いにてご返送をお願い申し上げます。弊社まで直接ご返送頂きました場合は、到着確認後、代替ワインをお送りさせていただきます(その際、必ずお届け先ご住所、お名前、お電話番号の明記をお願い申し上げます)。

商品返送先   〒577-0802 大阪府東大阪市小阪本町1-6-20 株式会社モトックス
お問合わせ先  モトックスお客様相談室   TEL 0120-344101

今後このような事態が起こらぬよう、シックス・エイト・ナインセラーズ社に対しこの問題の解決策とさらなる品質管理の徹底を申し入れ、共に鋭意努力する所存でございます。この度はご迷惑をお掛けし、誠に申し訳ございませんが、何卒、ご寛容の程、宜しくお願い申し上げます。

― 記 ―

<品 番> 647582
<商品名> シックス・エイト・ナイン ナパ・ヴァレー ホワイト
<ヴィンテージ> 2014
<JAN> 4997678475826
<容 量> 750ml 
<該当ボトル仕様> ブルゴーニュ瓶・コルク栓仕様

 

1014 回収のお願い(689白)

社内講座~テイスティング~

ワインの知識, 勉強会レポート2015-10-14

営業部の赤尾です。

20151014_1_01

モトックスでは社内勉強会の一環で、テイスティング能力を上げるための講座があります!

ブラインドで赤白各2つずつのテイスティングを行い、テイスティングコメントを磨くというもの。

さて今回はどんなワインをテイスティングしたのでしょうか。

 

20151014_1_02

まずは、外観を見て香りを感じとります。そして、口に含んで果実味や酸、タンニンなどを感じ取ります。
みなさんも、コメントを見ながら、どんなワインか想像してみてくださいね。

 

【 白 1つめ 】

20151014_1_03 

香りは・・・白い花、白桃などのやわらかく少しボリュームのある香り。
時間と共に、花の蜜のような甘みも思わせるような、おいしそうな香りがします!

味わいは・・・
口に含むと、イキイキとした酸味が心地よく、軽快な印象♪
あとは香りの印象の通り、白桃のようなジューシーな甘みと旨味がじんわり広がって、後口には少しビターな引き締まりがある辛口白ワイン!

品種は何だろう・・・?
ポイントは甘みと酸のバランスかしら?
ボリュームはありそうだけど、中程度。そこまで完熟果実というわけでもないので、ニューワルドではなくヨーロッパかな?

【正解はこちら!】

 

【 白 2つめ 】

20151014_1_04

香りは・・・とっても清々しいフレッシュなハーブや、絞りたてのグレープフルーツのような爽やかな香り。

味わいは・・・みずみずしいフレッシュなグレープフルーツジュースのような果汁感たっぷり!
酸味も心地よくボリュームを感じる辛口白ワイン!

香りが特徴ですね、ハーブと柑橘がしっかりしている品種は・・・?

酸はあるけど果実味のボリュームも結構感じられるのですが、冷涼さも感じるのが迷うところ…

【正解はこちら!】

 

【 赤 1つめ 】

20151014_1_05

香りは・・・チェリーやアセロラなど小さな赤い果実味の甘酸っぱいような香り。少し清涼感あるハーブや森林の中にいるような爽やかな香りも。

味わい・・・香りのとおり甘酸っぱいチェリーなどの赤い果実の味わい。滑らかな完熟フルーツの口当たりと溶け込むような綺麗な酸とタンニンがスルリスルリとグラスが進むミディアムボディの赤ワイン。

なんかだ軽やかだけど完成度の高いワインのような気がしますね。

【正解はこちら!】

 

【 赤 2つめ 】

20151014_1_06

香り・・・ブルーベリーやカシスなど完熟したベリー系の果実の香り。濃厚そうな香りがするけど、どこかハーブやスパイスのようなすーっと抜ける香りも。

味わい・・・濃縮したベリーソースのような滑らかな口当たり。
しっかりと酸味は感じられ、タンニンもきめ細かいながらも存在感がワインを引き締めている。

凝縮してるのに、酸がしっかりしているのがポイントかな?
あとはハーブのような抜ける香りも気になる・・・

【正解はこちら!】

 

20151014_1_07

口で感じた味わいを言葉で表現するのは、本当に難しいことです。
感覚も人によって違うこともありますし。
ですが、そのワインが濃いワインなのか、軽快なのか、辛口なのか甘口なのか、渋いのか、なめらかなのかは明確に伝えるポイントですよね。

そして何よりも、聞いた人が「わかりやすい」「美味しそう!!」と感じてもらえるコメントがいいですね。

まだまだコメント磨いていって皆様にきちんとお伝えできるように日々勉強です!

 

お詫び:「イル・ラ・フォルジュ アンウッディド・シャルドネ 2014年産」商品回収のお願い

企業ニュース2015-10-14

この度、弊社輸入ワイン「イル・ラ・フォルジュ アンウッディド・シャルドネ 2014年産」の一部ロットに関しまして、瓶内にガラス片が混入しているものが発見されました。ドメーヌ・ポール・マス社では原因追究の為、現在調査中でございますが、お怪我をされる危険性がございますので、市場にあります該当商品を一旦回収させて頂きたく存じます。

つきましては、誠に恐縮ではございますが、下記ロットNO.の該当商品がお手元にございます場合は、お買い求めになられました店頭にお持ちいただくか、弊社の下記住所まで商品を運賃着払いにてご返送をお願い申し上げます。弊社まで直接ご返送頂きました場合は、到着確認後、代替ワインをお送りさせていただきます(その際、必ずお届け先ご住所、お名前、お電話番号の明記をお願い申し上げます)。

商品返送先   〒577-0802 大阪府東大阪市小阪本町1-6-20 株式会社モトックス
お問合わせ先  モトックスお客様相談室   TEL 0120-344101

今後このような事態が起こらぬよう、ドメーヌ・ポール・マス社に対しこの問題の解決策とさらなる品質管理の徹底を申し入れ、共に鋭意努力する所存でございます。この度はご迷惑をお掛けし、誠に申し訳ございませんが、何卒、ご寛容の程、宜しくお願い申し上げます。

― 記 ―

<品 番> 658611
<商品名> イル・ラ・フォルジュ アンウッディド・シャルドネ
<ヴィンテージ> 2014
<JAN> 4997678586119
<容 量> 750ml 
<該当ボトル仕様> 裏ラベルに記載 N15/106/4CC

ラ・フォルジュ アンウッド

1015 アンウッド回収追記

ノヴェッロ2015 生育レポート Vol.3

作柄情報2015-10-07

マーケティング部の田中です!

暑さもすっかり落ち着いて、本格的に秋到来ですね♪
この季節になると待ち遠しくなるのが、イタリアの新酒ノヴェッロ!!

3年前より解禁日が変更となり、今年も10月30日(金)!!
みなさん予定はばっちりですか??
第三弾は現地より届きました収穫の状況をお伝えします!!


モトックスでは、2つのワイナリーから造られるノヴェッロをお届けいたします。

中部トスカーナ州 『グレヴェペーザ社』
南部プーリア州 『コンティ・ゼッカ社』

 

まずは中部トスカーナ州 『グレヴェペーザ社』より!!

20150901_1_01

イタリアを代表するブドウ品種のひとつ、サンジョヴェーゼ。

グレヴェペーザはそのサンジョヴェーゼ100%でノヴェッロを造っており、
フレッシュ&フルーティなノヴェッロは毎年大人気です!

 

~グレヴェペーザ社より~

7月と同じく、8月後半も、若干雨が降りましたが、時に40度になるような気温の高い快晴の日々が続きました。
好天候に恵まれたおかげで、ブドウの糖度があがり、ポリフェノールも素晴らしく成熟することができました。

 20151005_1_01

収穫は、例年より少し早目に始まりました。
収穫のタイミングはスタッフがラボでサンジョヴェーゼの成熟度合をしっかりチェックして決めています。様々な数値のチェックを行った結果、ノヴェッロのブドウは9月8日から収穫をスタートする事に決定しました。
手摘みにて収穫を行い、厳しく選果を行い、その後フランスのボージョレ・ヌーヴォと同じようにマセラシオン・カルボニック法によって醸造が行われています。

20151005_1_02

今年のブドウは、凝縮度が高いため深い色合いに仕上がっています。

9月8日に始めたマセラシオン・カルボニックは、18日に終わりました。そして、圧搾を行い、高温になって香りを損なう、という事が無い様に、温度を18℃に管理されたタンクにて発酵を行う予定です。この醗酵が終わったら、フィルターにかけ、ボトリングを行います。

2015年は天候に恵まれたため、この地域は近年まれに見る秀逸なヴィンテージとなりそうです。そして、グレヴェペーザのノヴェッロ2015年はノヴェッロらしい心地よいフレッシュさを持ちながら、深い色合いと力強さを兼ね備えた、大変品質の高いものになりそうだと期待が高まります。

 

お次は南部プーリア州 『コンティ・ゼッカ社』より!!

20150901_1_05

 

コンティ・ゼッカのノヴェッロは、土着品種であるネグロアマーロとプリミティーヴォで造られています。
もぎたて果実がギュッとつまった、南イタリアらしい果実味豊かな味わいが魅力!!

 

 ~コンティ・ゼッカ社より~

20151005_1_05

ノヴェッロ用のメインの品種であるネグロアマーロの収穫は9月15日にスタートし、21日に終了しました。
9月初旬に、1-2日雨が降ったものの、その後は晴れが続きました。収穫期間中も降雨はなく、収穫はスムーズに進みました。ネグロアマーロよりも早く熟すプリミティーヴォの収穫はこれより早く進められ既に9月初旬に行われました。

20151005_1_06

ノヴェッロ用のブドウはトータルで約7ha、約5-6日間、一日延べ30人で手収穫をし、また一部は機械収穫を行っています。

20151005_1_07

いずれも日中暑くなる前に作業を終了するよう、手収穫の場合は朝6時から11時まで、機械はライトを付けながら夜中3時から朝10時まで作業します。

南イタリア、プーリア州。最東端に位置するサレント地方は平地が多く、毎年気候が安定しており今年もブドウは健康な状態で完熟しました。
素晴らしいクオリティの完熟ブドウが収穫出来ていますので、今年のノヴェッロもリッチで、しっかりとしたアロマを持つバランスの取れたワインに仕上がると確信します。生産量は例年と同じ量と考えています。

 

————-

 

いよいよ今月末には今年のノヴェッロをみなさまのところへお届けすることができます!!
次回は現地からの出来たてのノヴェッロの最新情報、マリアージュ情報をお届けする予定です!
お楽しみに!!

 

【ノヴェッロ2015 生育レポート Vol.4】 はこちら

スターレーン・ヴィンヤードの美しき風景

ワイナリー訪問記/来日記2015-10-06

営業部の中塚です。

アメリカ・カリフォルニア州のワイナリー、「スターレーン」を訪れました。

この収穫の時期の訪問は非常に珍しいので何度かワイナリーに訪れている私も数少ない経験です。

 

『畑から貯水池を映した風景』

 

9月中旬ごろのカリフォルニアの朝は大体6時45分ごろに明るくなります。
そのころに起きて畑へ行ったわけですが、慣れた手つきでたくさんの人が手摘みで収穫をしています。

 

『収穫する方々』

「すごい速さですね!」と質問したら
「始まった頃の夜中の1時くらいはこんなゆっくりじゃないよ!ものすごいスピードなんだよ」と。
一体、どれだけ速いのでしょうか・・。そして朝、いや夜中からどれだけの早起きなんでしょ。

 

『そして朝日』

そんな収穫をみていましたら、ようやく朝日が!
山に隠れるので実際に見れるのは7時半くらいです。

 

『広大な土地』

その後丘の上にあがり、全体を見渡しましたがやっぱりとってもきれい!
日本とは違ってこの季節は山は草もあまり生えず、土で茶色いのですが、ブドウの葉が緑なのでブドウが非常に目立ちます。

春は逆で山は緑、ブドウは葉っぱがないので茶色なんだそうです。

春と秋で全く色が逆になるカリフォルニアならではの季節感。

美しき畑から美しくおいしいワインが生まれます。
スターレーンの美しい景色、お楽しみいただけましたでしょうか?