mottox 公式ブログ

企業ニュースをはじめ、様々な情報をお届けします。

もっと!ワイン
モトックスが提案する、ワインのあるライフスタイル「MOT!WINE」

2015年11月

日本ワイン講座

ワインの知識, 勉強会レポート2015-11-25

こんにちは。東京営業部の堀です。

今回、大阪仕入チームの今井講師による社内セミナーが行われました。
テーマは日本ワインです。

20151117_1_01

日本ワインについて

日本のブドウ生産量は20万トン。その内の約1割がワイン用です。
世界ではブドウ生産量の80%がワイン用であり、日本では生食用の生産が、とても多い事が分かります。 

というのも、日本は他国に比べて、ワイン造りが難しい環境とされています。その理由には、梅雨や台風が栽培サイクルと被ってしまう点や、雨の影響を避ける為の棚仕立ては、本来ワイン用ブドウ栽培には向かない点などがあげられます。

その為、ヨーロッパなどのワインと比べるのではなく、日本独自のものとして見ていくことが必要。と今井講師は語ります。そして、今では、不利な環境の中でも、日本ワインは着実に品質が向上しているのです。  

更に、日本は海外に比べると、ワインの原産地呼称法の整備はまだまだで、これからといえます。
日本のワイナリーの業態には大手、歴史的中堅、異業種参入型、個人経営ワイナリーなどがあります。

最近の注目ワイナリーには、小さな個人経営が多く、海外でワイン造りを学び、日本で独立している生産者もいらっしゃいます。
実際に私の友人夫婦もフランスから帰国後、北海道でワイナリーを立ち上げました。
20151117_1_02

いよいよテイスティング

20151117_1_03

日本では、沖縄以外の46都道府県でワイン生産が行われています。

近年、注目度が高いのは北海道、山形、長野、山梨あたりでしょうか。その中でも、今回は山梨ワインにスポットを当て、下記のブドウ品種のワインを試飲しました。

ヨーロッパ系ヴィティス・ヴィニフェラの甲州。
アメリカ系ヴィティス・ラブルスカのデラウエアとアジロン。
日本の交配品種マスカット・ベリーA、ブラッククイーン、ヤマ・ソーヴィニヨンの6種類です。

20151117_1_04

品種は知っていたけれど、こんな味わいなんだね!と皆、熱心に試飲していました。

 

やっぱり人気の甲州

日本を代表するブドウ品種といえば、甲州。こちらは山梨の勝沼醸造が造る白ワインです。

20151117_1_05

柑橘系のさわやかな香りに、柔らかく上品な果実味があります。サラダ系の前菜にはもちろん、煮物やお寿司などの和食にも良く合います。

 

個人的には、一時期、国内のワイナリーを良く訪問していたので、今回のセミナーで日本ワイン熱が再燃!また勉強しに訪ねてみようと思いました。

皆さん、一緒に日本ワインを盛り上げましょう。
そして、この寒い冬には日本ワインとお鍋がぴったりです。是非お試しください。

読むとイタリアワインが飲みたくなる!「本間チョースケ独断選定。イタリアワイン最高峰201連発! 」新刊発売

メディア掲載/評価情報2015-11-20

『神の雫』の『本間長介』のモデル、弊社・本間社員が書いた著書、
「本間チョースケ独断選定。イタリアワイン最高峰201連発!」が本日発売されました。

これから年末年始にかけて、ワインを飲む機会も増えてくるのではないでしょうか?
そんな時、イタリアワインを選ぶ参考に、この著書をおすすめいたします☆

ぜひご覧ください!

20151120_1

 

【内容紹介】

コミック『神の雫』の「イタリアの怪人」こと本間チョースケが、前作の大好評に気をよくして二匹目のドジョウを……と、第二弾を刊行。
前作はデフレ真っただ中で「安旨」に特化させたが、今回は景気もちょっと回復中。そこで調子に乗って、最高のイタリアワインをこれでもか! というぐらいご紹介することに。

最高のワインというのは、品質の素晴らしさはもちろんだが、コスパの素晴らしいワインも、これまた最高のワインだと思う。で、四分の一はそういうワインにページを割いている。

選んだワインは5つのカテゴリーに分けて紹介した。
「最高のコスパ!」「ワイン史を飲む」「造り手を楽しむ」「風土を旅する」「モダン派に溺れる」。
そしてその201本の中から、さらに41本を選び出して「『神』イタリアワイン」に認定しちゃいました♪
本書を読み、ワインを飲めば、近年のイタリアワインの全貌が明らかに!
どれもこれもスンバラシイものなので、ぜひ試してください!


【著者について】

本間 チョースケ
都内某百貨店から、ワイン輸入会社へ華麗に転身。イタリアの食と文化にハマりつつ、イタリア、フランスから、チリ、アルゼンチンまで旨いワインを求めて飛び回る。座右の銘は「百聞は一飲にしかず」。コミック『神の雫』の本間長介のモデルである。
著書に『本間チョースケが独断と偏見で選ぶイタリア安旨ワイン203連発!』(講談社)がある。

 

【 著書の詳細はコチラ 】

 

ボージョレ ヌーヴォ2015 現地レポート 「解禁直前編」

作柄情報2015-11-13

こんにちは!

マーケティング部ブルゴーニュ担当の小原です。

 

いよいよ解禁日が近づいてきましたボージョレ ヌーヴォ

先日お届けしておりました「ボージョレ ヌーヴォ生育編」に引き続き、

(生育編はこちら⇒http://www.mottox.co.jp/blog/date/2015/08/05/)

本日は現地から出来立てほやほやの新酒情報を「解禁直前編」としてお届けします。

 

今年のヌーヴォの出来栄えはどうだったのでしょうか!?

(現地スタッフの中原が生産者を訪問、直接取材を行いました!)

 

※※2015年のボージョレ ヌーヴォ解禁日は11/19(木)です※※

 

① ジャン・ド・ロレール

トップバッターは毎年その高いコストパフォーマンスで人気のモトックス定番ヌーヴォ、ジャン・ド・ロレール。

ジャン・ド・ロレール2 ジャン・ド・ロレール1

今年は素晴らしい!

と思わず叫んでしまうほどの出来栄えです!!

 

全体としては収穫量は15%減となったそうですが、その分品質は生産者のお墨付き!

赤果実のかわいらしい果実味、きれいなストラクチャー、甘酸っぱい果実にフローラルな印象すらうかがえます。

それでは生産者のメッセージをどうぞ。

 

 

 

ジャン・ド・ロレールのヌーヴォ、お楽しみに!

 

②ポール・ボーデ

次はワンランク上の新酒、ヴィラージュ ヌーヴォとして人気のポール・ボーデです。

ポール・ボーデ 2

今年のラベルは、2015年の素晴らしいブドウの実りを表したラベルとなりました。

 ポール・ボーデ 1

ポール・ボーデのヌーヴォは、8月28日から収穫を開始したとのこと。

低温醗酵できっちりとアロマを閉じ込めたポール・ボーデのヌーヴォは、

赤果実の香りと味わいに満ち溢れフローラルなブーケも放つ、素晴らしいワインへと仕上がっておりました。

それでは生産者のコメントをご覧ください。「Happy Beaujolais Nouveau!」と語る笑顔がとっても素敵ですよ!

 

 

 

③シャトー・デ・マラドレ

続いてはボージョレでも南に位置するマラドレです。

マラドレ1 マラドレ2

お待ちかねのヌーヴォ。

 

毎回、香りの爆弾といえるほどの、果実感を放出する、シャトー・デ・マラドレ。

今回も期待を裏切らない、爆発的な果実のアロマがグラスに満ち溢れておりました!

マラドレ3

エノロゴのフレデリック・メニエ氏もマラドレのヌーヴォが大好き。

テイスティング中もその素晴らしい出来栄えに終始笑顔が絶えませんでした。

今年も素晴らしい完成度です、ご期待ください!

 

④テール・セクレット

お次は・・・

テールセクレット

モトックス唯一の白ヌーヴォの生産者テール・セクレットです!

テール・セクレット社では8月24日から収穫が始まり、9月6日まで続きました。

非常に肉厚で、洋ナシやトロピカルフルーツのようなアロマ、パイナップルのような香りがどんどん開いてきます。

口当たりもボリュームたっぷりでとてもジューシー。

赤だけでなく、白のマコン・ヴィラージュ ヌーヴォもお勧めですよ!

それでは生産者のコメントをどうぞ。

 

 

 

⑤ドメーヌ・リュエ

お次は新進気鋭の若手生産者が腕を振るうドメーヌ・リュエです。

リュエ1 リュエ3

ヨーロッパでも評価がどんどん高くなっている、ドメーヌ・リュエですが今年も彼らのヌーヴォはとってもいい出来栄え!

リュエ2

生産者のダヴィッド氏もその出来に大満足。

 

とってもジューシーで、桃やイチゴといった複雑ながらも、フルーツの凝縮感あふれるヌーヴォになっています。

特にロゼは、マロ・ラクティック醗酵を100%行ったため、非常にバランスのよいワインができたとのこと!

赤はフローラルで、若干のスパイシーさも感じられました。

 

若手生産者のヌーヴォは、皆様の期待を裏切りません!お楽しみに!

生産者のコメントはこちら。

 

 

 

⑥ドメーヌ・デュ・ヴィスー

さあ!いよいよ最後のドメーヌ、「ドメーヌ・デュ・ヴィスー」にやってまいりました。

ここはまずボージョレを愛する男、ピエールさんのコメントをご覧ください!

 

 

 

毎回とっても素敵なTシャツで癒してくれる、ドメーヌ・デュ・ヴィスーのピエールさん、

訪問当日は肌寒かったので黄色のトレーナーを着ています(笑)。

ヴィスー1 ヴィスー2

テイスティングは気持ちの良い屋外で。

ロゼはとってもボリューム感たっぷり、木苺やラズベリーのような印象です。

サクランボを意味するグリオットの名を持つボージョレ ヌーヴォ レ・グリオット。

今年はまさに名前の通り、小さなさくらんぼや、赤果実のはじけるような味わいでした。

ヴィエイユ・ヴィーニュはストラクチャーがしっかり感じられ、黒フルーツの味わいと、タンニンが凝縮しています!

ピエールさん曰く、1947年以来の素晴らしい出来だとか!?

期待を裏切らない、最高のヌーヴォ、お待ちくださいね!

 

以上、今年のボージョレ ヌーヴォ現地レポートをお届け致しました!

今年はどの生産者のヌーヴォも期待大!ですね。

今から解禁日の11月19日(木)が待ち遠しい!!

皆さんも年に一度のヌーヴォの恵みを是非お楽しみください。

 

「ToscanAmore Fukuoka 2015」開催!

イベント情報2015-11-06

tosukanamore-fukuoka2015_motwine_top

 

今年も人気イベント「トスカーナモーレ」が福岡でスタートしています!

 「トスカーナモーレ」(ToscanAmore)=それはトスカーナ(Toscana)と、愛:アモーレ(Amore)♡

愛すべきトスカーナ地方のワインを、
トスカーナ愛に溢れたお店でおすすめのお料理と一緒に楽しんでいただけるキャンペーンです。
 人気飲食店おすすめの一皿とマッチしたトスカーナワインのマリアージュを是非お楽しみください。
さらにワインを飲んで「4大高級トスカーナワインプレゼントキャンペーン」も同時開催!

11月は「トスカーナモーレ」の季節です!!

 

【開催期間】2015年11月01日~11月30日

【プレゼント】
  合計38名様にプレゼントが当たる!
  2015年11月01日~11月30日
 「4大高級トスカーナワイン」プレゼント!

詳しくは特設ページをご覧下さい

【詳しくはコチラ】→ http://mot-wine.mottox.co.jp/toscanamore/index.html