mottox 公式ブログ

企業ニュースをはじめ、様々な情報をお届けします。

もっと!ワイン
モトックスが提案する、ワインのあるライフスタイル「MOT!WINE」

2016年10月

イタリア 新酒ノヴェッロ 2016 生育レポート vol.4(最終回)

作柄情報2016-10-24

マーケティング部田中です!

肌寒く~寒くなってきてもうすっかり秋本番ですね♪

さて今回もイタリアのワイナリーから届いたノヴェッロ2016年ヴィンテージの情報をお伝えいたします!

ノヴェッロの解禁日は4年前から日付指定の10月30日!!

今年は日曜日です!!

みなさま予定はばっちりですか??

 

レポート最終回となる今回のために、現地でノヴェッロと一緒に食べられているお料理をワイナリーから教えてもらいました!

日本では手に入りにくい食材もありますが、日本風にアレンジしてぜひノヴェッロと一緒に楽しんでいただきたいです♪

 

まずは中部トスカーナ州 『グレヴェペーザ社』より!!

toscano

—————————————————————————————————————-

素晴らしい状態で収穫され、ブドウの糖分はとても凝縮度の高いものとなり、渋みや色合いの元であるフェノール類も素晴らしい成熟を迎え、ノヴェッロ2016年は私達の期待に完全に応える出来となりました。

 %e3%82%b9%e3%83%86%e3%83%95%e3%82%a1%e3%83%8e%e3%83%bb%e3%83%a2%e3%82%bc%e3%83%ab%e6%b0%8f

 醸造担当:ステファノ・モゼル氏

深く力強い紫がかったルビーの色あい。香りは力強く、非常に心地よく、マセラシオン・カルボニック(新酒の醸造法名)由来の香りが豊かで、アーモンド、ヴァニラ、ラズベリー等の様々な赤果実を想わせます。口に含みますと、とてもフレッシュで、優美さがありながら、とても飲みやすいスタイルで、ノヴェッロ・トスカーナの特徴である程よい酸もありながら、とてもスムーズな口当たりです。全体のバランスがうまく取れており、余韻も長く続きます。

 

~フード・ペアリング~

今回グレヴェペーザからはノヴェッロにぴったりなお料理をコースでご紹介!

 

【アンティパスト(前菜)

①   アンティパストミスト・トスカーノ(トスカーナ地方の前菜の盛り合わせ)

 クロスティーニ、オリーブ、チーズといったややスパイシーで、脂ののったお料理は少し酸味と甘みのあるノヴェッロと相性がいいです!

 %e3%82%a2%e3%83%b3%e3%83%86%e3%82%a3%e3%83%91%e3%82%b9%e3%83%88%e3%83%9f%e3%82%b9%e3%83%88%e3%83%bb%e3%83%88%e3%82%b9%e3%82%ab%e3%83%bc%e3%83%8e

②   タルティーノ・ディ・アスパラジ(アスパラガスのケーク・サレ)

ソフトな味わいで後味に苦味があるアスパラガスにペコリーノチーズのソースを合わせます。チーズの塩味と苦味がノヴェッロと相性抜群です。

 %e3%82%bf%e3%83%ab%e3%83%86%e3%82%a3%e3%83%bc%e3%83%8e%e3%83%bb%e3%83%87%e3%82%a3%e3%83%bb%e3%82%a2%e3%82%b9%e3%83%91%e3%83%a9%e3%82%b8

【プリモピアット(第一の皿)】

③   パスタ・アル・チンギアーレ(ペンネ イノシシのラグーソース)

イノシシのラグーパスタはトスカーナの食卓に外せない定番料理です。

ヒノキ科の植物のスパイス ジュニパーやローレルを使うのですが、それらの香りはイノシシの甘味と相性が良く、さわやかな酸のあるノヴェッロが甘みをいっそう引き立ててくれます。

 %e3%83%91%e3%82%b9%e3%82%bf%e3%83%bb%e3%82%a2%e3%83%ab%e3%83%bb%e3%83%81%e3%83%b3%e3%82%ae%e3%82%a2%e3%83%bc%e3%83%ac

④   ラビオリ・ムッジェラーニ・ブッロ・エ・サルビア(マッシュポテト入りラビオリ、セージとバターのソース)

マッシュポテト入りのラビオリにセージとバターと黒胡椒で作ったソース。この一品は柔らかさがありながら少し口の中が乾くので、若くて飲みやすいノヴェッロと最高の相性です。

 %e3%83%a9%e3%83%93%e3%82%aa%e3%83%aa%e3%83%bb%e3%83%a0%e3%83%83%e3%82%b8%e3%82%a7%e3%83%a9%e3%83%bc%e3%83%8b%e3%83%bb%e3%83%96%e3%83%83%e3%83%ad%e3%83%bb%e3%82%a8%e3%83%bb%e3%82%b5%e3%83%ab%e3%83%93

【セコンドピアット(第二の皿)】

⑤   ファラオーナ・アッラ・カチャトーラ(ホロホロ鳥のカチャトーラ)

ホロホロ鳥のカチャトーラ(ホロホロ鳥の猟師風煮込み)はトスカーナの伝統的な一品です。

先程のイノシシは肉の甘みを楽しむ料理でしたが、カチャトーラはよりスパイスが効いています。ノヴェッロはそのスパイス感を落ち着かせてくれます。ホロホロ鳥の皮は脂身が強いですが、ノヴェッロには脂をすっきりさせる効果もあります。

 %e3%83%95%e3%82%a1%e3%83%a9%e3%82%aa%e3%83%bc%e3%83%8a%e3%83%bb%e3%82%a2%e3%83%83%e3%83%a9%e3%83%bb%e3%82%ab%e3%83%81%e3%83%a3%e3%83%88%e3%83%bc%e3%83%a9

⑥   インヴォルティーニ・ディ・ポッロ(鶏肉のインヴォルティーニ)

イタリアではホロホロ鳥を料理に使うことが多いそうですが、インヴォルティーニ(包むという意味)は鶏肉を使い、生ハムとチーズを包んでソテーします。仕上げにもチーズで味を加えます。

 %e3%82%a4%e3%83%b3%e3%83%b4%e3%82%a9%e3%83%ab%e3%83%86%e3%82%a3%e3%83%bc%e3%83%8b%e3%83%bb%e3%83%87%e3%82%a3%e3%83%bb%e3%83%9d%e3%83%83%e3%83%ad

⑦   ポルペットーネ・ディ・カスターニェ(栗のポルペットーネ)

ポルペットーネ(=ミートローフ)は主にひき肉とパン、玉子を使いますが、あとは冷蔵庫に残っている食材も使う家庭料理。伝統的には栗を入れるので、今回ご紹介してみました。栗はいつもノヴェッロの時期に旬を迎えるので、『運命の相手』とされています。とっても美味しいこの料理、ノヴェッロに最も合う一品かもしれません!

 %e3%83%9d%e3%83%ab%e3%83%9a%e3%83%83%e3%83%88%e3%83%bc%e3%83%8d%e3%83%bb%e3%83%87%e3%82%a3%e3%83%bb%e3%82%ab%e3%82%b9%e3%82%bf%e3%83%bc%e3%83%8b%e3%82%a7

【ドルチェ(デザート)】

⑧スキアッチャータ・コン・ルーバ(ブドウのスキアッチャータ)

獲れたてのブドウを使って、10月、11月に作られるフィレンツェの名物料理。ブドウを使った、いわゆるフォカッチャです。

ノヴェッロの完成を祝うのにぴったりです!

 %e3%82%b9%e3%82%ad%e3%82%a2%e3%83%83%e3%83%81%e3%83%a3%e3%83%bc%e3%82%bf%e3%83%bb%e3%82%b3%e3%83%b3%e3%83%bb%e3%83%ab%e3%83%bc%e3%83%90

 

————————————————————————————-

 さて、お次は南部プーリア州 『コンティ・ゼッカ社』より!!

————————————————————————————–

今年もまた一年を通して、良好な天候に恵まれ、理想的な収穫年となりました。

プーリア州サレント半島特有の陽光溢れる乾燥した素晴らしい天候が続き、北から吹く風のお陰で乾燥し、ブドウ栽培に適した環境となり、ブドウは完璧な状態で生育、完熟、収穫することが出来ました。

今年もフレッシュで、リッチな果実味、穏やかな酸を感じる南イタリアの新酒にふさわしい、凝縮感たっぷりのワインを造ることが出来、大変幸せに思っています。

 

%e3%83%9e%e3%83%aa%e3%82%aa%e3%82%bc%e3%83%83%e3%82%abオーナー:マリオ・ゼッカ伯爵

 

 Novello Conti Zecca 2016 色調は、明るく輝く、紫色がかったルビーレッド。香りはストロベリーとラズベリー特有の華やかな果実の香り。口に含むとフレッシュで果実味に溢れ、タンニンはまろやかで心地よく、そのシルキーな口当たりの良さは格別です。この出来上がったばかりのフレッシュなノヴェッロは繊細な日本の旬の食材とも良くマッチすると思います。是非、日本の秋の食彩にコンティ・ゼッカの新酒を加えて、お楽しみください。

 

フード・ペアリング

この時期は、イタリアでもキノコ類が旬を迎えます!コンティ・ゼッカでも旬のキノコ料理とノヴェッロのペアリングを楽しんでいるそうです。今回はいくつかのお料理を教えてもらいました♪

 

【秋の旬・キノコ尽くしグラタン】

なるべく沢山の種類のキノコを使って、複雑な味を引き出します!

薄切りにして塩茹でしておいたジャガイモと沢山のキノコをボールで混ぜ合わせます。

バターを塗った耐熱皿に材料を入れ、その上にオリーブオイルと熱でとけるチーズをトッピング。

あとは焦げ目がつくまで焼くだけ。仕上げにイタリアンパセリをふりかけて。

簡単、でも豪華な一品ができあがり!

この料理はZECCA ファミリーでも秋の食卓によくのぼります。

 

【しいたけ&ツナの詰め物ソテー】

森と海の幸のコンビネーションです。

オイル缶のツナと少量の細かく刻んだタマネギをマヨネーズで良く混ぜる。

しいたけにたっぷり詰めて、ニンニクオイルで両面をよくソテーする。

最後にイタリアンパセリのみじん切りをトッピング。

 

【ビッグマッシュルームのニンニクオリーブオイルソテー】

キノコ類とニンニクの相性は抜群です!

きのこは油をたっぷりと吸い込むので、多めのオリーブオイルでソテーしましょう!

 

 ————————————————————————————-

お料理とも相性ばっちりのノヴェッロ!色々なフードペアリングを楽しみたいですね!!

いよいよ今週末には今年のノヴェッロをみなさまのところへお届けすることができます!

今から本当に楽しみですね♪

 

 

過去の記事

『イタリア新酒 ノヴェッロ 2016 育成レポート③』
『イタリア新酒 ノヴェッロ 2016 育成レポート②』
『イタリア新酒 ノヴェッロ 2016 育成レポート①』

モトックス札幌オフィス開設のお知らせ

企業ニュース2016-10-03

いつも格別のご愛顧を賜わり、厚くお礼申し上げます。

さて、北海道の酒販店の皆さま、飲食店の皆さまが抱えるワインに関する課題解決に尽くすべく、このたび北海道札幌市にオフィスを構えることになりました。ワイン販売に従事する皆さま、ひいては北海道の皆さまのお役に立ち、地元の食文化に寄与できるようサービスを展開致します。
皆さまのご来店、ご利用をスタッフ一同お待ち申し上げます。

北海道の酒販店・飲食店の方々のコミュニティスペースとしてご利用いただけます。

 salon-de-mottox%e6%9c%ad%e5%b9%8c%e3%80%80%e3%81%94%e6%a1%88%e5%86%85%e6%9b%b8%ef%bc%88blog%e7%94%a8%ef%bc%89_07

1.名    称  株式会社モトックス 札幌オフィス(サロン・ド・モトックス札幌)
2.営業開始日   平成28年10月3日(月)
3.電話対応時間  平日  9:00~17:30(12:00~13:00の昼休みを除く)
4.サロン営業時間  平日 10:00~17:00(12:00~13:00の昼休みを除く)
5.所 在 地   〒 060-0061 北海道札幌市中央区南1条西11丁目327番20号

          CLEVER JAPAN BLD 1階

6.TEL/FAX   011-209-3055 / 011-209-3056

salon-de-mottox%ef%bc%88blog%e7%94%a8%ef%bc%89

 salon-de-mottox%e6%9c%ad%e5%b9%8c%e3%80%80%e3%81%94%e6%a1%88%e5%86%85%e6%9b%b8%ef%bc%88blog%e7%94%a8%ef%bc%89_03