mottox 公式ブログ

企業ニュースをはじめ、様々な情報をお届けします。

mottox
mottox

第4回シェフたまレシピ総選挙 潜入レポ!

イベント情報2016-08-19 mottox

みなさま、「シェフたま」ってご存知ですか?

 

近い将来、「料理人のプロとして活躍されるシェフの卵」=略して「シェフたま」です!

 

そんなシェフの卵たちが、web上でワインに合うレシピのコンテストを繰り広げておりまして、

そのミスコンの名は・・ ワインに合うレシピ選手権「シェフたまレシピ総選挙」と申します。

1_01

web一般人気投票により各賞が決定され、

今これを読んでいるそこのアナタからの「イイね!」の票数で、

「シェフたまレシピ賞」が決まります! だから、『総選挙』なわけですね。

 

レシピを考えるシェフたまは、食の専門校「レコールバンタン」に通う学生さん。

http://www.lecole.jp/sweetsschool/?sc_vms=OTSS00000898

そして今回挑戦するのは、フードコーディネーターコースに在籍するこちらのたまご達♪ ぱちぱち。

1_02

プロのシェフを目指して日々奮闘中。若いっていいなぁ(← 遠い目)。

(※ 成人の学生さんがレシピ考案しています ★飲酒は20歳になってから)

 

第四弾を迎える今回のミスコンのテーマは、

「食に寄り添うシチリアワイン フェウド・アランチョ」に合わせて、

1_03

「少々夏バテ…食欲よみがえりレシピ!」

 

今の季節に最高に知りたいレシピ!ですねー

 

そんなレシピが勢ぞろいして、すでに大総選挙、はじまってます!!(~ 8/31迄)↓

(シェフたま URL貼り付け)

どれも美味しそうで迷いますが、皆さまの清き一票、

ポチっと「イイね!」してくださいね。(・∀・)イイネ!!

 

そして今回は、なんと、、、ダブル選挙!

web一般投票で「シェフたま賞」を決めるだけでなく、

この中のどれかのレシピが、なんとレストランのメニューに!

期間限定で、実際に食べれちゃう!という企画です。

シェフたま達にとっても、夢のような企画。

 

協力してくれるのは、モトックスプランニングが経営する下記の4店舗。

 

■鉄板焼&ワイン KAi北新地店

 カジュアルに鉄板焼&ワインを楽しむKAi。日常の延長線で

    ちょっと贅沢が楽しめると北新地で話題のお店。全185席。

   『60名』『36名』『6名』席などシーンに合わせて空間をご用意。

1_04

 

■炭火焼バール VOLTA

『炭火焼とワイン&サングリアを楽しむビストロバル』

北海道から毎日届く、ぷりぷり牡蠣 ★生で食べるのはもちろん、ぷりっぷりの牡蠣を蒸し上げる『ガンガン焼き』

その他、パスタにピッツァ・アヒージョ・リゾットもおすすめのイタリアンバール♪

1_05

 

■浪花ろばた itadakitai(頂鯛)

『[旨い料理&日本酒・ワイン][おもてなし&エンタメ]のネオ居酒屋』

「NYにある炉端居酒屋」をコンセプトにした北新地のネオ居酒屋。

1_06

 

■Kai本店 醸す

 『炭火焼と日本酒-地酒-&ワインを愉しむ和の銘店』

 食材にこだわり、素材を活かした調理法でご提供。シェフが洋食出身なので、

 洋食材や洋の技法も取り入れ、新しい和食のご提案。

1_07

 

(モトックスプランニングshopリストURL:  http://www.mtxp.jp/shoplist

 

6つのレシピのうち、いくつのレシピが採用されるか、どの店舗で食べられるかは、

Web投票結果と同時に9月に発表!

あー、結果が分かるまで、こっちまでドキドキします…どのレシピもお店で食べたい!

どのお店にもフツーに行きたい! あああ。

 

さて、このメニュー化を賭けた企画、

実際にシェフたちに試食&マリアージュしてもらって、採用レシピが決まります!

 

どのレシピが採用になるかは、発表までのお楽しみですが、、、

このガチンコ対決の様子を、潜入レポ!しちゃいましたよ。 以下、ドドーンとレポ公開。

 

コンテストのおよそ1カ月前、

まずは、敵(?)を知らねば戦はできぬ、シェフたま達が各店舗を視察。

 

将来、独立志望のシェフたまがほとんどなので、現場の視察は刺激たっぷり!

 

実際の厨房での仕事の流れや、日々心がけていること、

最新の厨房機器を使った新しいメニューの開発の話などを聞いたり、

1_08

鱧の骨きり体験もさせてもらいましたよ。

1_09

そしていよいよ、コンテスト本番当日!

 

1_10

ドキドキのシェフたま6名。。

1_11

いざ、調理開始!

 

 

プロに見られながらの作業は緊張~

 

うまくできるかな?

 

メニュー化されたい!

 

たまご達の夢を乗せて、

どんどん料理が仕上がっていきます。

1_12

もうココは厨房ではなく、さながら真夏の甲子園ですよ!

 

バットやボールといった名前の調理器具がこの世に存在するのも

きっと偶然などではないんですよ! ←

 

そして、いよいよプレゼン!

 1_13

自分たちが考えたレシピのポイントなどをシェフたちに説明。

レポートしている我々にも、ドキドキが伝わってきます・・

 

ときにはシェフから、厳しい意見も飛んできます。

1_14

シェフたちも、お店に出すメニューを選ぶのだから真剣そのもの。

 

そして、シェフたちも

自分たちが若い頃のことを思い出していました・・

 

そして、総評。

1_15

 

それぞれのシェフから、シェフたま達に、

この日の感想を。

 

・「一皿ずつ、それぞれに皆さんの想いを感じました」

・「自分たちが若かったとき、ここまでのレシピを考えられなかったかもしれない」

・「若い頃は、あれもこれも一皿に詰め込みたくなったものだが、徐々に引き算を覚えていった。

皆さんの今後の成長には、大いに期待しています」

・「いくつかの料理には、本当に心から『美味しい!』を言いました。

『美味しい』って嬉しい言葉ですよね。我々もこの言葉のために仕事をしているようなもの。

その言葉がもらえなかった学生さんも、ここで成長をやめるのではなく、

これからその自分のレシピをどんどん練っていって、レシピを完成に近づける努力をし続けて欲しい」

 

 

いい企画ですね、これ(しみじみ)。

 

 

メニュー化されるレシピは、9月中旬にweb発表!

各店舗にて、9月17日~30日の2週間限定メニューとして展開されます。

結果発表、楽しみにしておいてくださいね ♪

 

せっかく潜入レポしてきたので、

それぞれ実食したマリアージュの感想を、我々独自の目線でご紹介!

食べ合わせを想像していただいて、「おいしそう!」と思ったら、『イイね!』してくださいね。

 

【枝豆ペーストと黄身酢のグラス仕立て】×【フェウド・アランチョ インツォリア】

1_16

黄身酢の酸がさっぱりとしていて、インツォリアの爽やかさとリンク。

 ホクッとした甘みのある枝豆、塩気とねっとりした甘さのイカの旨みが、

ワインのミネラルによってグッと強まって、いいマリアージュ。

 

冷製ディッシュ+涼やかなインツォリア、同じベクトルを向いていて

とても夏らしい組み合わせ。

 

↓ 「ヤバい、おいしそう!」と思ったら、こちらに一票!

http://wine-link.net/recipe/detail/1186

 

 

【いろいろ野菜とエビ×アボカドのピリ辛マヨ和えエスニック風】×【フェウド・アランチョ グリッロ】

1_17

マヨネーズの甘酸っぱさと、ワインの甘酸っぱさがよく合っています。

こってりしているのに、口の中にべったりと残らず食べ飽きしません。

辛みもバランスよく、そこまでピリピリせず、

料理全体を引き締めてくれています。

 

↓ 「ヤバい、おいしそう!」と思ったら、こちらに一票!

http://wine-link.net/recipe/detail/1187

 

【大葉味噌チキンカツ】×【ダリラ/フェウド・アランチョ】

1_18

白味噌、ハチミツ、柚子胡椒、ホワイトソースなどで、

鶏の胸肉が風味豊かにボリュームアップ。

 

味わいにインパクトがあり、

お酒が進みそうな味わいです。

 

柚子胡椒のピリピリっとくる刺激に、フルーティなダリラがまとめてくれ、

やわらげてくれる組み合わせ。

 

↓ 「ヤバい、おいしそう!」と思ったら、こちらに一票!

http://wine-link.net/recipe/detail/1188

 

【おうちでBBQ ~2種のさっぱりフルーツソース~】×【フェウド・アランチョ シラー】

1_19

このオレンジのソース、簡単なのにとっても美味しい!

シラー&お肉は間違いのない組み合わせですが、

ワインのジューシーな感じと、オレンジのソースの甘酸っぱさが

料理とワインのいい接着剤になっています!

パイナップルソースもいいけど、個人的にはオレンジ押し!

 

がっつりお肉も、爽やかなソースと一緒だったら

真夏でもお箸が進みますね。赤ワインと一緒でも、決して重苦しくなりません。

 

↓ 「ヤバい、おいしそう!」と思ったら、こちらに一票!

http://wine-link.net/recipe/detail/1189

 

 

【シナモン香る洋風味噌すき】×【フェウド・アランチョ ネロ・ダーヴォラ】

1_20

お醤油の甘辛さと、ジューシーな味噌、ワインが

口の中で一体に。バラバラにならず、マッチしています。

 

すき焼きとして楽しみながらワインとマリアージュするもよし、

豆腐の代わりに使ったクリームチーズをおつまみ的に突っついて

ワインと合わせても美味しいし、糸こんにゃくを卵と絡めて

カルボナーラ風に食べたりと、一皿で色んな楽しみ方が出来ます!

 

見た目よりも味わいは爽やかで、あっさりとして食べ飽きず、

ワインもすすむ夏のマリアージュ。

 

↓ 「ヤバい、おいしそう!」と思ったら、こちらに一票!

http://wine-link.net/recipe/detail/1190

 

【ローストビーフと夏野菜のオープンサンド】×【カントドーロ/フェウド・アランチョ】

1_21

チーズ、粒マスタード、ハチミツ、お醤油のソースと

このワインの相性良し!ワインの樽感がしっかりしているので、

ガーリックのようなアロマなどが加えられたら、もっと良いかも。

 

チーズのまろやかさ、牛肉の食感と

ワインのタンニンとの組み合わせが絶妙なマリアージュ。

 

↓ 「ヤバい、おいしそう!」と思ったら、こちらに一票!

http://wine-link.net/recipe/detail/1191

 

 

☆ 総選挙の締め切りは、8月31日です! ☆

 

未来のシェフを応援!

皆さまの「イイね!」お待ちしております!

1_22