mottox 公式ブログ

企業ニュースをはじめ、様々な情報をお届けします。

mottox
mottox

最新の記事

【中部イタリア現地レポート Vol.4 ~テヌータ・ディ・ギッツァーノ編~】

現地情報2013-04-23

市橋です。

今回は、トスカーナ北西部のTenuta di Ghizzano テヌータ・ディ・ギッツァーノ社を紹介致します。

まずは場所から。ワイナリーの所在地は、ピサ県のPeccioli ペッチョリという小さな村にあります。

斜塔で有名なピサの中心街は海沿いにあるのですが、そこから約45分内陸へ入ったところにワイナリーはあります。

周りは森で囲まれ、海からも適度に離れていることもあって湿度を感じることなく、恰好のブドウ栽培エリアと言えます。(ただ、この村は

観光はオススメできません。周りは全く何も無い、ド・田舎です!行くならやはりピサ中心街でしょうね。)

『沿岸部としては珍しく、高品質なサンジョヴェーゼ種が生まれる特異稀なエリア』

トスカーナ沿岸部(現地の言葉では、Costa Toscana コスタ・トスカーナ)は高温多湿の為、サンジョヴェーゼ種は不向きだと多くの生産

者が言います。

元来サンジョヴェーゼ種は、キァンティ・クラッシコ地区やモンタルチーノ地区など、【内陸地】にあって【清々しい気候】を好みます。

よって、同じトスカーナ州の中でも沿岸部と内陸地は生産されるワインに大きな違いがあります。

端的に言うと、サンジョヴェーゼ中心の造りの内陸地に対し、沿岸部はカベルネ・ソーヴィニョンやメルローなどの国際品種中心。

全く異なるキャラクターのワインが生まれることで、トスカーナワインは「難しい」とも「奥深い」とも言われます。

しかし、ギッツァーノ社の畑は海から少し離れたところにあることで、サンジョヴェーゼの品質も良好!

線が細く、繊細なタイプのワインができます。

現地では’’鳩肉’’をよく食べるので、ギッツァーノのスタンダードワイン「イル・ギッツァーノ」には、鶏料理がオススメです。

『ブドウ畑は有機農法「ビオディナミ」を実践!』

ギッツァーノ社は、「自然サイクルの邪魔をしないブドウ栽培」をスローガンに、ビオディナミ(有機農法の一種)を実践しています。

土壌は砂質に粘土が混じり、さらに貝殻の化石が至るところに見られます。

香り(ブーケ)も構成し、程よいボディ(ストラクチャー)を生み出すギッツァーノ社のワインの最大の特徴はこの土壌から生まれるものです。

特にトップワイン「ナンブロ」や「ヴェネローゾ」は、フルボディながら香りも豊かなタイプに仕上がっています。

『ピサ県のワインは今後注目すべき存在へ!!』

ギッツァーノ社のワインは今までは「トスカーナ I.G.T.」という格付けで、言わば「トスカーナ産のワイン」としか認知されていませんでしたが、これからはより明確な形として生まれ変わります。

スタンダードクラスの「イル・ギッツァーノ」は、今後「コスタ・トスカーナ I.G.T.」として、トスカーナ沿岸部産のワインであることが明示され、フラッグシップの「ヴェネローゾ」「ナンブロ」については「テッレ・ディ・ピサ D.O.C.」というピサエリア限定の格付けへと昇格します。これまであまり注目されてこなかったエリアですが、今後ピサのワインは更に注目されることが予想されますし、10数年前にボルゲリ地区がブームで湧いたようにこのピサの地域にも数多くワイナリーが進出してくるかもしれません・・・

ただ、今回紹介のテヌータ・ディ・ギッツァーノ社はコンサルタントにイタリアワイン界の重鎮の一人であるカルロ・フェリーニ氏を迎えており、やはりこの地区は元よりトスカーナ全体を見ても一歩抜きん出た存在です。

◆ボルドー現地レポートVol.5 ~シャトー・レ・ヴィミエール編~◆

現地情報2013-04-19

マーケティング部、ボルドー担当の今井です。

ボルドーから帰国してホヤホヤ、まだ時差ボケが続いています・・・

が、記憶が新しいうちにっ! 先週訪れたシャトー・レ・ヴィミエールをご紹介したいと思います。

先週のボルドーは月~金曜日までずっと雨・・・ 天気が悪く、日本より寒かったです。でも、試飲をするときは暑くて乾燥している日より、肌寒く湿気がある方が好環境だったりします。

ちょっとどんよりした感じですが、ボルドーの街は世界遺産に選ばれているだけあり、綺麗です!

今回訪問を楽しみにしていた、シャトー・レ・ヴィミエール。

このシャトーはメドック格付の1級シャトー5つのうち、なんと(オー・ブリオン以外の)4つものシャトーの醸造コンサルタントを手がける、ジャック(父)&エリック(息子)・ボワスノ親子が自分のワインを造りたいと購入した、たった1.5ヘクタールしかない小さなワイナリーなのです!そして、敏腕コンサルタントの彼らが所有するのはレ・ヴィミエールが唯一です!!

あ、写真の青いネットは野兎に新芽を食べられないようにするための保護ネットだそうです。(それをしていなかった近所のワイナリーはなんと畑の半分が被害にあったそうな・・・ 恐ろしいっ。)

そして畑はメドックらしい、上質なカベルネ・ソーヴィニヨンができる砂利質で、石がゴロゴロしてます。

今までに200以上ものワイナリーのコンサルタントをしているボワスノ親子がワイナリーを購入した理由には、「自分の畑を実験的に使える」という目的があったそうです。素晴らしい品質のワインを造るにはこんなことをすればいいのでは?と品質向上のために日々色んな努力をしているのがこのレ・ヴィミエール。だからこのワインの品質は非常に素晴らしいんです! 

研究熱心な親子は、自分の分析所も所有しています。

さて、では醸造施設の見学です・・・ф(。 _。)フムフムメモメモ……

昔ながらの圧搾機を使い、圧力をかけすぎず良いブドウジュースと質の良いタンニンを抽出したり・・・

プレスジュースの試飲をジャック・ボワスノ氏ほど丁寧に行うコンサルタントはボルドー中を探しても他にはいないほど、何種類も行ったり・・・

(かの有名な格付2級のレオヴィル・ラス・カーズでは、アッサン・ブラージュ(複数のワインをブレンドしてひとつのワインに仕上げること)の前に、な、な、なんと500種類もテイスティングするそうな!)

「有名コンサルタント」というとたくさんメディアに出て、自分の名前を全面に売りにするようなイメージがあることも確かですが、ジャック・ボワスノ氏は自分の名声を高めることにはあまり興味はなく、毎日畑に出たり試飲したりしてより良い品質のワインを造ることにひたむきな非常に真面目で熱心な方で、そんな人柄にも魅力を感じました。現在では醸造の「コンサルタント」業というのはよく聞くことですが、ジャック・ボワスノ氏が始めた頃はコンサルタントと呼ばれる人はまだ3人しかいなかったそうです!

息子さんのエリック・ボワスノ氏はフランス以外にもイタリアやスペイン、新世界にもボルドーの技術を広め、また世界の技術をボルドーに適応したり、グローバルに活躍しているそうです。

そんなボワスノ親子が造るシャトー・レ・ヴィミエールは骨格のしっかりしたクラシカルなスタイルでありながら、果実がよく熟しており、縦に筋の通ったエレガントな酸ももち合わせた、非常に綺麗なバランスを有する美しいワインです! 今回の訪問でその素晴らしさに納得してしまいました!!

やはり、訪問して、見たり直接お話しを聞くことは大切ですね。

最後にミーハー第二弾っ(笑)

別の日ですが、格付2級のシャトー・デュルフォール・ヴィヴァンで2012年の樽サンプルを試飲してきましたっ。

これにて、5回に渡ってお伝えしたボルドーの現地レポートはおしまいです。

ご拝読有難うございました!

(あ、まだの方はぜひ全5回読んでみてくださいねっ♪)

◆ボルドー現地レポートVol.4 ~トロワ・ムーラン編~◆

現地情報2013-04-18

惣内です。

ラコーサードサンマルタンにありますトロワムーランのレポートをお送りいたします。

ボルドーの街の中心から車で1時間半ほど北に行った所にラコーサードサンマルタンはあります。遥か昔にこの辺りは海の底だったという。ビックリすることに畑にはウニの化石がいっぱい転がっており、1分ほど畑を歩けば写真のような化石を5,6個見つける事ができます。

ワイン造りにおいて、過去に海の底だったと言う事はとても有利な事項で、ミネラルが豊富で酸のしっかりした味わいに仕上がります。

彼のワインはセミヨンと言う、どちらかというとブレンドで実力を発揮する品種が90パーセントと主要に使われている。

その辺りの疑問を彼にぶつけて見たところ、シャトーイケム等の偉大な極甘口ワインを引き合いに出し,セミヨンこそがグランヴァンになり得る品種であるとのお返事。

彼がワイナリーを始めた約20年前、すでにどのようなワインを作るべきか?というコンセプトをしっかり持っており、その時に植えた樹齢20年のセミヨンでトロワムーランは作られています。

これは美味いはずだ!

◆ボルドー現地レポートVol.3 ~シャトー・グラン・ジャン編~◆

現地情報2013-04-17

雨降り続くボルドーより、マーケティング部の竹村がお届けします。

第2弾のシャトー・ニコに続きまして、同じくアントゥル・ドゥ・メールにある

シャトー・グラン・ジャンを訪れました。

このシャトー・グラン・ジャンの歴史はなんと・・・

250年!!

というから驚き。 シャトーを所有するのはデュロン家で、代々家族経営でシャトーを営んでいます。

オーナーのミッシェル・デュロン氏(写真右)とその奥様(写真中央)、営業担当をしている次女のソフィーさん(写真左)です。

この日はご不在でしたが、長女のキャロルさんがシャトーの跡を継ぐべく、ワイン醸造の勉強をされているとのことです。

250年間ずっと、一つの家族が脈々とシャトーを守り続けているのだな、としみじみと思います。

さて、そんな歴史あるシャトーを見て回りましょう。

ここはかつてデュロン家が所有していたシャトー。

今は別の人が住んでいてシャトーではありませんが、地下には立派な天然のセラーがあります。

このセラーは今もデュロン家で使われており、150個の樽が貯蔵されています。

真っ暗なので写真はありませんが、地下セラーの一番奥には水源があり、それがセラー全体の湿度と温度を一定に保ってくれています。

ひんやりとしてとても気持ちいいセラー。

こういうセラーには、まるで上質のチーズのような、独特の良い香りがします。

さて畑を見に行きましょう。

この区画はちょうど醸造設備がある蔵の目の前にある畑で、シャトーが持つ畑の中で一番の長老、なんと樹齢は60年近いというから驚きです!

この区画のブドウは若い区画のブドウとブレンドされ、シャトー・グラン・ジャンに使われています。

高い樹齢のブドウを使うと、より複雑なワインが生まれます。 グラン・ジャンのワインがフレッシュ&フルーティーながら複雑な旨味を持つのは、こうした歴史ある畑のおかげと言えます。

ボルドーの中でも、割と控えめな存在のアントゥル・ドゥ・メールですが、探してみると素晴らしいシャトーがたくさん見つかります。 グラン・ジャンもまさにその一つ。派手さはないけれども美味しくて親しみのあるワインを造り続ける、伝統あるシャトーでした。

最後におまけの1枚。

プリムール試飲で訪れたシャトー・マルゴー!

なんだかんだ、ミーハーですね。。

さて次回はボルドー市の北、ブライを訪れます。乞うご期待!』

【中部イタリア現地レポート Vol.3 ~ラ・バイア・デル・ソーレ編~】

現地情報2013-04-16

市橋です。

第3弾として、「ラ・バイア・デル・ソーレ」社をピックアップしました。

イタリア北部の「海の玄関口」、リグーリア州のラ・スペツィアという町から約30km離れたOrtonovo オルトノーヴォという小さな村に「ラ・バイア・デル・ソーレ」社があります。

同社は約15haのブドウ畑を所有しますが、これでも同州では大規模生産者と言えるそうです!(他の州なら、「たった15ha」と言うところですが)

オーナー:フェデリーチ家

家族経営のワイナリー!魚介料理に合う、ヴェルメンティーノ種のスペシャリスト!』

ヴェルメンティーノ種はなかなか日本では馴染みの薄い品種ですが、魚介料理との相性は抜群。ストラクチャーの強さと、アロマの強さが特徴的で、イタリアでは海沿いのワイン産地で好まれるブドウ品種です。

イタリアンはもちろんのこと、魚介をベースとした和食にも合わせたい、万能品種こそ「ヴェルメンティーノ種」です。

 

畑はまとまった所に無い!こっちにちょっと、あっちにちょっと・・・

バイア・デル・ソーレ社のブドウ畑は、実に10数か所にパーセル(区画)もあります。15haが総面積ですから、各区画は平均:1ha前後ずつという計算になります。

Aの畑仕事が終わったら、Bへ移動して…、Bが終わったらCに移動して…、重労働ですね。

しかし、同社は「リグーリア州は全てのエリアがブドウ栽培に向いているとは限らない。しかも、色んな場所に畑があった方がワインが出来上がった時に様々な香り・味わいを形成するから自分たちとしてはポジティヴに考えている」とのこと。

これだけの仕事量で造られるワインですが、お値打ちなワインの価格で飲めるのですから消費側としては非常に有難いことです。

真摯な生産者「ラ・バイア・デル・ソーレ」

1989年より自社元詰めを開始し、年々品質が上がっていると評判のワイナリーです。

この地でのブドウ栽培の歴史は、ローマ時代まで遡り、ワイナリーのすぐ近くには、当時使用されていた円形劇場の跡も現存しています。

ワインラベルにはこの土地をイメージしやすいように代表的なモニュメントである円形劇場をデザインしています。

【ワイナリー情報はこちら】

「モトックス・ヒストリー ~ history of mottox ~」がバージョン・アップしました!

企業ニュース2013-04-15

モトックスの創業から現在までの歴史をまとめた

「モトックス・ヒストリー ~ history of mottox ~」。

まもなく記念すべき“100周年”を迎えるモトックスの歴史を

一気にご覧いただくことのできるこちらのコーナー、

今回、少しですがバージョン・アップしました!

(画像表示の際に表現効果を追加しました)

上から下へスクロールしていくと、

そこに表示されている出来事に関連した画像がズーム・アップして

現れてきます。

↓ 是非とも、チェックしてみてください!

http://www.mottox.co.jp/history/index.html

◆ボルドー現地レポートVol.2 ~シャトー・ニコ編~◆

現地情報2013-04-12

惣内氏に続いて、マーケティング部の竹村がお送りします。

今週はボルドーに来ておりますモトックススタッフ!

というのも、今ボルドーでは「プリムール」キャンペーンの真っ最中。

プリムールというのは、その前年に収穫されたワインの樽サンプルを

テイスティングし、その出来を見てリリース前に購入するという

ボルドー独特の販売方法のことです。

ずらっ!!と並んだワインたちを片っ端から試飲します。

まだ未完成のワインで、ポリフェノールがたっぷりだからなのか、1時間も試飲を続けると口の中は真っ黒!

最後の方は口の中が大変なことに…もう何が何やら。

さて、そのプリムール試飲の合間を縫って、ワイナリーを巡ります。

今日はボルドー市から南東に30㎞ほど。

アントゥル・ドゥ・メールと呼ばれるエリアにあるワイナリー、

シャトー・ニコを訪れました。

ブドウ畑がずーーっと続く道をひた走ります。

シャトーに到着!

この建物はラベルにもなってます。

施設を見ながら、オーナーのドゥブールさんにお話しを伺います。

家族経営で規模は大きくないですが、その分隅々まで目が行き届いています。

畑はお祖父さんの代で植え替えをしたのですが、その時にカベルネ・ソーヴィニヨンを多く植えたそうです。

このあたりのワインはメルロー種を主体にした、柔らかくて

飲みやすいワインが多いのですが、ニコはこの村でも唯一、カベルネが多い造りのため、骨格のあるエレガントなワインです。

さてお待ちかね。 2008年から2010年を試飲。

ん~美味しい!

2009年、2010年はグレートヴィンテージと呼ばれるほどワインの出来が良かった年なのですが、今日の一番は2008年!

いい具合に固さがほどけていて、酸味とのバランスの良い、じゅわっとジューシーな味わい!

思わず顔が「ニコ」っとしちゃいます。 さて、アントゥル・ドゥ・メールではもう一軒行きたいところが。

レポートの続きはまた次回!

◆ボルドー現地レポートVol.1 ~ボルドーの街並み編~◆

現地情報2013-04-11

営業部の惣内です。

フランスのボルドーに到着しました。

ワインが好きでも、そうでなくても、

ボルドーは2007年にユネスコ世界遺産に認定された街。

ワインが好きで、ボルドーが好きなら一度は聞いたことのあるガロンヌという河。

その河沿いにはズラリとクラシカルな建物が並ぶ。ここは「月の港」というらしい。

この辺りは今も改修中!?で、どんどん綺麗になってきています。ちょっと散歩するだけでも面白い。

そんなところを、今日は朝早起きし抜け出して、ちょっとジョギングしてきました。ホテルから約8km。

ガロンヌ河を渡る石橋のポン・ド・ピエール、ブルスにある「水の広場」、近くには美味しそうなレストランも立ち並びます。

水の広場

ワインが好きなら、もちろん、ボルドーワインを求めて、、、、そうでない友人もー諸に連れだしてワインが好きでも、一度観光で訪問する価値はありますよ。

ボルドーで頂くボルドーワインはきっとあなたと、あなたの友人を魅了するでしょう。

では、また、訪問の様子やシャトーの写真をまってて下さい!

『北イタリア訪問記 Vol.3 ~カンティーナ・ボルツァーノ編~』

現地情報2013-04-10

北イタリアワイナリー巡業、第3弾!数々の超ヘビーな肉料理を満喫した(?)ピエモンテを後にし、本日はアルトアディジェに来ています、天藤です!

突然ですが、イタリアの中でもドイツ語が話される地域があるのをご存じでしょうか?それが本日の舞台、オーストリアやスイスとの国境に位置する、ボルツァーノです。

街に到着すると、あちこちにドイツ語の看板、ドイツ語のメニュー、人々の話すドイツ語、なんだか街行く人たちの顔もドイツ人っぽい?…イタリアにいながらまるで他の国にきたみたいです。。。。

早速訪問した「カンティーナ・ボルツァーノ」でも、入口のドイツ語でお出迎え~

カンティーナの入り口、「カンティーナ・ボルツァーノ」はドイツ語では「ケラライ・ボーツェン」なのです。

 

『涙の数だけ強くなれる!』

「カンティーナ・ボルツァーノ」はここトレンティーノ・アルトアディジェ州でも最大級の生産者協同組合、現在208の組合員がいるのですが、その畑のほとんどが標高400mクラスに位置します。あいにく前日天気がすぐれなかったこともあり、見学した畑からの景色は雲に包まれ幻想的。

4月のこの時期、畑では春本番のブドウ樹の成長時期に向け、新たな仕立てを作るために必要な枝のみを残して不要な枝が剪定されます。

ん?よく見ると枝の先から水滴が…これがいわゆるブドウの「涙」といわれるもので、先が切りとられた枝が再び成長し始めたサインなのです。

泣いた分だけ成長する!これは人間と同じかしら?!

実はこのブドウの「涙」、最近の研究で、美容に良いことが分かってきたそうで、これを利用したシミ予防やスキンケアの商品がちょっとしたブームなんだとか。

それを聞きいた筆者もすかさずお肌の気になる部分に…

『酸いも甘いも吸ってきた大人のブドウからは、おいしいワインができるのです!』

数ある彼ら畑の中でも、もっとも樹齢が古いのが「タベール」の畑。ここではラグレイン・リゼルヴァ用のブドウが植えられているのですが、なんと最高で樹齢100年もの樹があるのだそう!

この樹も結構古そう…

言わずもがな、この畑からできるこのワインは本当に奥深い味わい!ラグレイン本来の明るい赤果実的なフレーヴァーと、樹齢の高いブドウのエレガントで重みのある果実味が織りなすめくるめく世界…筆者にとっても、この「タベール」はいくらでも飲めーる、おいしいワインです!!

『テイスティング100本ノック!!』

こんなにたくさん・・・

 最後はやっぱりテイスティング。「カンティーナ・ボルツァーノ」は造っているワインの種類が非常に多く、試飲にも気合が必要。。。(さながら試飲大会状態。ちなみに2日間の滞在で、ヴィンテージ違いも含めて50種類以上をガッツリ試飲してきました)

しかし、日本に入ってきていないものも含めて、どのワインもやっぱりキーワードは「エレガント」。

加えて、これから日本でもリリースになる2012年ヴィンテージは非常に出来の良い年だったので、これからの「カンティーナ・ボルツァーノ」、目が離せません!

『北イタリア訪問記 Vol.2 ~アゼリア編~』

現地情報2013-04-09

北イタリアワイナリーを訪問取材中の天藤です!

訪問記第2弾、2日目の今日は、バローロの銘醸生産者、「アゼリア」に行ってきました。

カンティーナを案内してくれるロレンツォ氏と息子の解説を真剣な眼差しで見守るルイージ氏

アゼリアは、バローロの地区の中でも銘醸蔵のひしめくカスティリオーネ・ファッレットと、セラルンガ・ダルバに畑を持つ、1920年創設の歴史ある家族経営のバローロの生産者。

本日迎えてくれたのは、現オーナーで4代目にあたるルイージ・スカヴィーノ氏とご子息で5代目になるロレンツォ氏(彼はなんと1990年生まれの22歳…ゎ、若い!!)

『こじんまりしたカンティーナ』

静かに瓶熟成中のバローロたち…

まず今回の訪問で最も驚いたのが、アゼリアがとても小さなカンティーナだったこと。

「有名なバローロの生産者」=「大きな醸造所」を想像していたのですが、地下のセラーにはところせましと樽が並べられ、ボトリング施設や完成したワインを置いておく倉庫に至るまで、とても清潔に保たれた各部屋は、本当に小さかった!

なんでも、ワイン作りを始める前の先祖代々から受け継いだ、昔からの建物を大切に利用しているのだそう。

オーダーメイドのこだわりの樽

 アゼリアでは、ベースのバローロに加えて、畑の異なるバローロを3種類、出来の良い年にはリゼルヴァを造っているのですが、それぞれ225Lの子樽(バリック)と、25HLの大樽を使い分けています。

特にベースのバローロを熟成させている大樽はオーダーメイドの特注品。使う木材の種類や、木の厚さ、樽の外側にニス状の加工を施さないようにする(通常は樽を長持ちさせるため樽の外側は加工されています)など、すべて自分たちの求めるワインを造る為にカスタマイズしたこだわりの樽。

地元の樽業者から買っているそうですが、一つ8000~10000ユーロもするのだそう。理想のワイン造りのためには、投資は惜しみません!

秘密の(?)バックビンテージセラー

 さすがは歴史のあるワイナリー、地下のセラーには、なんと非常に古いバックヴィンテージのバローロがたくさん眠っていました。(最も古いもので、1932年のバローロが!もちろん販売用ではありませんが…)そして、ロレンツォ氏の生まれ年は多めに取っておいているそうです。

ちなみに筆者の生まれ年のバローロも発見!

やっぱり合わせるのは地元の料理がイチバン!

ワイナリーを訪問した後、地元のレストランで一緒にランチをしたのですが、そこで出てきたのは、ピエモンテでは代表的な一皿、生肉のタルタル。

バローロとのマリアージュに「うまい!」を連発していたH氏は、この日のディナーでも生肉のタルタルを食べていました。

皆さんも、ぜひお試しあれ!