mottox 公式ブログ

企業ニュースをはじめ、様々な情報をお届けします。

mottox
mottox

最新の記事

オレゴン州 クーパー・マウンテン訪問記

ワイナリー訪問記/来日記2015-10-20

営業部のジリーです。

アメリカはオレゴン州、クーパー・マウンテンに訪問しました。

20151019_1_01

自然環境と人に優しい、全米で住みたい都市№1に選ばれるポートランドから
ほど近い銘醸地ウィラメット・ヴァレーの中にあります。

 

20151019_1_02

クーパーマウンテンの畑です。
1500年前の火山が噴火してできたのがウィラメット・ヴァレーです。

こちらのワイナリーは自然との調和を目指す、完全有機栽培です。

20151019_1_03

彼はシャトー・ラトゥールでワインづくりを学んだフランス人醸造家のドミンゴ氏。
彼はこう語ります。

 「ブドウも人も同じさ。小さいときに薬を与えすぎたら、
その時は良くなっても強く健康的な人間にはならない。
ブドウも一緒で農薬を与えず、厳しい環境で育てるからこそ健康で強い樹になるのさ」

 

20151019_1_04

20151019_1_05

熟成樽を真横に軽いランチ兼テイスティングです。
あれ!?ワインがないですね。
実はこの写真の奥の方に小さくいるんです。
そうそう私、肝心なワインの写真を撮り忘れたんです。笑

 

20151019_1_06

こちらが小さなワイナリー。とても可愛らしい。
自然を愛するワイナリーの素朴さが伝わってきます。

 

20151019_1_07

20151019_1_08

最後にオレゴン料理をちょこっとご紹介。

一般的に「アメリカ」で想像するようなド迫力の料理とは違い
恵まれた太陽をサンサンに浴びた野菜と果物がとてもおいしく、
葉物の野菜やベリー系の果物が料理によく使われています。

『日本こそ、野菜や果物がおいしい!』とずっと思っておりましたが、
正直オレゴンには参りました、、美味しすぎます。

 

いかがでしたでしょうか。
オレゴン州のワイン、食に少しでも興味を持っていただいたら
是非、食事に寄り添うクーパー・マウンテンのワインを試してみてくださいね。

お詫び:「シックス・エイト・ナイン ナパ・ヴァレー ホワイト 2014年産」(該当ボトル:ブルゴーニュ瓶・コルク栓仕様)商品回収のお願い

企業ニュース2015-10-20

この度、弊社輸入ワイン「シックス・エイト・ナイン ナパ・ヴァレー ホワイト 2014年産」の一部ロットに関しまして、瓶内にガラス片が混入しているものが発見されました。シックス・エイト・ナインセラーズ社では原因追究の為、現在調査中でございますが、お怪我をされる危険性がございますので、市場にあります該当商品を一旦回収させて頂きたく存じます。

つきましては、誠に恐縮ではございますが、下記仕様の商品がお手元にございます場合は、お買い求めになられました店頭にお持ちいただくか、弊社の下記住所まで商品を運賃着払いにてご返送をお願い申し上げます。弊社まで直接ご返送頂きました場合は、到着確認後、代替ワインをお送りさせていただきます(その際、必ずお届け先ご住所、お名前、お電話番号の明記をお願い申し上げます)。

商品返送先   〒577-0802 大阪府東大阪市小阪本町1-6-20 株式会社モトックス
お問合わせ先  モトックスお客様相談室   TEL 0120-344101

今後このような事態が起こらぬよう、シックス・エイト・ナインセラーズ社に対しこの問題の解決策とさらなる品質管理の徹底を申し入れ、共に鋭意努力する所存でございます。この度はご迷惑をお掛けし、誠に申し訳ございませんが、何卒、ご寛容の程、宜しくお願い申し上げます。

― 記 ―

<品 番> 647582
<商品名> シックス・エイト・ナイン ナパ・ヴァレー ホワイト
<ヴィンテージ> 2014
<JAN> 4997678475826
<容 量> 750ml 
<該当ボトル仕様> ブルゴーニュ瓶・コルク栓仕様

 

1014 回収のお願い(689白)

社内講座~テイスティング~

ワインの知識, 勉強会レポート2015-10-14

営業部の赤尾です。

20151014_1_01

モトックスでは社内勉強会の一環で、テイスティング能力を上げるための講座があります!

ブラインドで赤白各2つずつのテイスティングを行い、テイスティングコメントを磨くというもの。

さて今回はどんなワインをテイスティングしたのでしょうか。

 

20151014_1_02

まずは、外観を見て香りを感じとります。そして、口に含んで果実味や酸、タンニンなどを感じ取ります。
みなさんも、コメントを見ながら、どんなワインか想像してみてくださいね。

 

【 白 1つめ 】

20151014_1_03 

香りは・・・白い花、白桃などのやわらかく少しボリュームのある香り。
時間と共に、花の蜜のような甘みも思わせるような、おいしそうな香りがします!

味わいは・・・
口に含むと、イキイキとした酸味が心地よく、軽快な印象♪
あとは香りの印象の通り、白桃のようなジューシーな甘みと旨味がじんわり広がって、後口には少しビターな引き締まりがある辛口白ワイン!

品種は何だろう・・・?
ポイントは甘みと酸のバランスかしら?
ボリュームはありそうだけど、中程度。そこまで完熟果実というわけでもないので、ニューワルドではなくヨーロッパかな?

【正解はこちら!】

 

【 白 2つめ 】

20151014_1_04

香りは・・・とっても清々しいフレッシュなハーブや、絞りたてのグレープフルーツのような爽やかな香り。

味わいは・・・みずみずしいフレッシュなグレープフルーツジュースのような果汁感たっぷり!
酸味も心地よくボリュームを感じる辛口白ワイン!

香りが特徴ですね、ハーブと柑橘がしっかりしている品種は・・・?

酸はあるけど果実味のボリュームも結構感じられるのですが、冷涼さも感じるのが迷うところ…

【正解はこちら!】

 

【 赤 1つめ 】

20151014_1_05

香りは・・・チェリーやアセロラなど小さな赤い果実味の甘酸っぱいような香り。少し清涼感あるハーブや森林の中にいるような爽やかな香りも。

味わい・・・香りのとおり甘酸っぱいチェリーなどの赤い果実の味わい。滑らかな完熟フルーツの口当たりと溶け込むような綺麗な酸とタンニンがスルリスルリとグラスが進むミディアムボディの赤ワイン。

なんかだ軽やかだけど完成度の高いワインのような気がしますね。

【正解はこちら!】

 

【 赤 2つめ 】

20151014_1_06

香り・・・ブルーベリーやカシスなど完熟したベリー系の果実の香り。濃厚そうな香りがするけど、どこかハーブやスパイスのようなすーっと抜ける香りも。

味わい・・・濃縮したベリーソースのような滑らかな口当たり。
しっかりと酸味は感じられ、タンニンもきめ細かいながらも存在感がワインを引き締めている。

凝縮してるのに、酸がしっかりしているのがポイントかな?
あとはハーブのような抜ける香りも気になる・・・

【正解はこちら!】

 

20151014_1_07

口で感じた味わいを言葉で表現するのは、本当に難しいことです。
感覚も人によって違うこともありますし。
ですが、そのワインが濃いワインなのか、軽快なのか、辛口なのか甘口なのか、渋いのか、なめらかなのかは明確に伝えるポイントですよね。

そして何よりも、聞いた人が「わかりやすい」「美味しそう!!」と感じてもらえるコメントがいいですね。

まだまだコメント磨いていって皆様にきちんとお伝えできるように日々勉強です!

 

お詫び:「イル・ラ・フォルジュ アンウッディド・シャルドネ 2014年産」商品回収のお願い

企業ニュース2015-10-14

この度、弊社輸入ワイン「イル・ラ・フォルジュ アンウッディド・シャルドネ 2014年産」の一部ロットに関しまして、瓶内にガラス片が混入しているものが発見されました。ドメーヌ・ポール・マス社では原因追究の為、現在調査中でございますが、お怪我をされる危険性がございますので、市場にあります該当商品を一旦回収させて頂きたく存じます。

つきましては、誠に恐縮ではございますが、下記ロットNO.の該当商品がお手元にございます場合は、お買い求めになられました店頭にお持ちいただくか、弊社の下記住所まで商品を運賃着払いにてご返送をお願い申し上げます。弊社まで直接ご返送頂きました場合は、到着確認後、代替ワインをお送りさせていただきます(その際、必ずお届け先ご住所、お名前、お電話番号の明記をお願い申し上げます)。

商品返送先   〒577-0802 大阪府東大阪市小阪本町1-6-20 株式会社モトックス
お問合わせ先  モトックスお客様相談室   TEL 0120-344101

今後このような事態が起こらぬよう、ドメーヌ・ポール・マス社に対しこの問題の解決策とさらなる品質管理の徹底を申し入れ、共に鋭意努力する所存でございます。この度はご迷惑をお掛けし、誠に申し訳ございませんが、何卒、ご寛容の程、宜しくお願い申し上げます。

― 記 ―

<品 番> 658611
<商品名> イル・ラ・フォルジュ アンウッディド・シャルドネ
<ヴィンテージ> 2014
<JAN> 4997678586119
<容 量> 750ml 
<該当ボトル仕様> 裏ラベルに記載 N15/106/4CC

ラ・フォルジュ アンウッド

1015 アンウッド回収追記

ノヴェッロ2015 生育レポート Vol.3

作柄情報2015-10-07

マーケティング部の田中です!

暑さもすっかり落ち着いて、本格的に秋到来ですね♪
この季節になると待ち遠しくなるのが、イタリアの新酒ノヴェッロ!!

3年前より解禁日が変更となり、今年も10月30日(金)!!
みなさん予定はばっちりですか??
第三弾は現地より届きました収穫の状況をお伝えします!!


モトックスでは、2つのワイナリーから造られるノヴェッロをお届けいたします。

中部トスカーナ州 『グレヴェペーザ社』
南部プーリア州 『コンティ・ゼッカ社』

 

まずは中部トスカーナ州 『グレヴェペーザ社』より!!

20150901_1_01

イタリアを代表するブドウ品種のひとつ、サンジョヴェーゼ。

グレヴェペーザはそのサンジョヴェーゼ100%でノヴェッロを造っており、
フレッシュ&フルーティなノヴェッロは毎年大人気です!

 

~グレヴェペーザ社より~

7月と同じく、8月後半も、若干雨が降りましたが、時に40度になるような気温の高い快晴の日々が続きました。
好天候に恵まれたおかげで、ブドウの糖度があがり、ポリフェノールも素晴らしく成熟することができました。

 20151005_1_01

収穫は、例年より少し早目に始まりました。
収穫のタイミングはスタッフがラボでサンジョヴェーゼの成熟度合をしっかりチェックして決めています。様々な数値のチェックを行った結果、ノヴェッロのブドウは9月8日から収穫をスタートする事に決定しました。
手摘みにて収穫を行い、厳しく選果を行い、その後フランスのボージョレ・ヌーヴォと同じようにマセラシオン・カルボニック法によって醸造が行われています。

20151005_1_02

今年のブドウは、凝縮度が高いため深い色合いに仕上がっています。

9月8日に始めたマセラシオン・カルボニックは、18日に終わりました。そして、圧搾を行い、高温になって香りを損なう、という事が無い様に、温度を18℃に管理されたタンクにて発酵を行う予定です。この醗酵が終わったら、フィルターにかけ、ボトリングを行います。

2015年は天候に恵まれたため、この地域は近年まれに見る秀逸なヴィンテージとなりそうです。そして、グレヴェペーザのノヴェッロ2015年はノヴェッロらしい心地よいフレッシュさを持ちながら、深い色合いと力強さを兼ね備えた、大変品質の高いものになりそうだと期待が高まります。

 

お次は南部プーリア州 『コンティ・ゼッカ社』より!!

20150901_1_05

 

コンティ・ゼッカのノヴェッロは、土着品種であるネグロアマーロとプリミティーヴォで造られています。
もぎたて果実がギュッとつまった、南イタリアらしい果実味豊かな味わいが魅力!!

 

 ~コンティ・ゼッカ社より~

20151005_1_05

ノヴェッロ用のメインの品種であるネグロアマーロの収穫は9月15日にスタートし、21日に終了しました。
9月初旬に、1-2日雨が降ったものの、その後は晴れが続きました。収穫期間中も降雨はなく、収穫はスムーズに進みました。ネグロアマーロよりも早く熟すプリミティーヴォの収穫はこれより早く進められ既に9月初旬に行われました。

20151005_1_06

ノヴェッロ用のブドウはトータルで約7ha、約5-6日間、一日延べ30人で手収穫をし、また一部は機械収穫を行っています。

20151005_1_07

いずれも日中暑くなる前に作業を終了するよう、手収穫の場合は朝6時から11時まで、機械はライトを付けながら夜中3時から朝10時まで作業します。

南イタリア、プーリア州。最東端に位置するサレント地方は平地が多く、毎年気候が安定しており今年もブドウは健康な状態で完熟しました。
素晴らしいクオリティの完熟ブドウが収穫出来ていますので、今年のノヴェッロもリッチで、しっかりとしたアロマを持つバランスの取れたワインに仕上がると確信します。生産量は例年と同じ量と考えています。

 

————-

 

いよいよ今月末には今年のノヴェッロをみなさまのところへお届けすることができます!!
次回は現地からの出来たてのノヴェッロの最新情報、マリアージュ情報をお届けする予定です!
お楽しみに!!

 

【ノヴェッロ2015 生育レポート Vol.4】 はこちら

スターレーン・ヴィンヤードの美しき風景

ワイナリー訪問記/来日記2015-10-06

営業部の中塚です。

アメリカ・カリフォルニア州のワイナリー、「スターレーン」を訪れました。

この収穫の時期の訪問は非常に珍しいので何度かワイナリーに訪れている私も数少ない経験です。

 

『畑から貯水池を映した風景』

 

9月中旬ごろのカリフォルニアの朝は大体6時45分ごろに明るくなります。
そのころに起きて畑へ行ったわけですが、慣れた手つきでたくさんの人が手摘みで収穫をしています。

 

『収穫する方々』

「すごい速さですね!」と質問したら
「始まった頃の夜中の1時くらいはこんなゆっくりじゃないよ!ものすごいスピードなんだよ」と。
一体、どれだけ速いのでしょうか・・。そして朝、いや夜中からどれだけの早起きなんでしょ。

 

『そして朝日』

そんな収穫をみていましたら、ようやく朝日が!
山に隠れるので実際に見れるのは7時半くらいです。

 

『広大な土地』

その後丘の上にあがり、全体を見渡しましたがやっぱりとってもきれい!
日本とは違ってこの季節は山は草もあまり生えず、土で茶色いのですが、ブドウの葉が緑なのでブドウが非常に目立ちます。

春は逆で山は緑、ブドウは葉っぱがないので茶色なんだそうです。

春と秋で全く色が逆になるカリフォルニアならではの季節感。

美しき畑から美しくおいしいワインが生まれます。
スターレーンの美しい景色、お楽しみいただけましたでしょうか?

創業100周年のご挨拶

企業ニュース2015-09-25

Mottox 100th Anniversary

時下益々ご清栄のこととお慶び申し上げます。
平素より、格別のお引き立てを賜り誠にありがとうございます。

本日9月25日をもちまして、モトックスは創業100周年を迎えました。これも偏に、皆さまからの永年のご支援・ご愛顧の賜物と心より厚く御礼申し上げます。

モトックスは「ほんもののお酒」を通して100年、その多様な文化的、歴史的な背景や、生産者の想いを大切に、商品とともにお届けしてきました。

これからもワインや和酒、食品や飲料の取扱いを通じて、皆さまの豊かな食文化や食生活に貢献してまいります。そのために社員一人ひとりが創意と努力を重ね、探究心を忘れず学び続け、人間として成長していくこと。そして個人としても会社としても社会から必要とされるようになることが、モトックスの願いです。

皆さまにおかれましては、今後とも一層のご支援とご愛顧を賜りますようお願い申し上げます。

 omairi

お詫び:「MOT!WINE」(もっと!ワイン)サイトへのアクセス障害発生につきまして

企業ニュース2015-09-24

平素は弊社ホームページをご覧頂きまして、誠にありがとうございます。

さて、先日リニューアルさせて頂きました当ホームページのワイン情報サイト
「MOT!WINE」(もっと!ワイン) http://mot-wine.mottox.co.jp/ につきまして、

9月17日(金)15時50分頃~9月22日(火)9時40分頃にかけて
一部のパソコン環境から正常にアクセスが出来ない状態となっておりました。

同時間帯にアクセス頂きましたお客様には
多大なご不便をおかけすることとなり、誠に申し訳ございませんでした。

現在は、当該の障害についての原因調査・メンテナンスは完了しており、
正常にご利用頂くことができる状態となっております。

今後は、同様の問題を発生させることなく、
万全の体制でサイトの運営を行っていく所存です。

今後とも弊社ホームページにご愛顧を頂けましたら幸いです。
何卒、よろしくお願い申し上げます。

モトックス ホームページ リニューアルのお知らせ

企業ニュース2015-09-11

平素はモトックス ワインならびに弊社ホームページにご愛顧をいただきまして、
誠にありがとうございます。

このたび、当ホームページをリニューアルさせていただく運びとなりました。

新しいホームページでは企業サイトとワイン情報サイトを切り離し、
訪問いただくお客様にとって、より使い勝手の良いホームページをめざしました。

ワイン情報サイトについては、「MOT!WINE」(もっと!ワイン)として刷新。
弊社にて保有する豊富な商品情報へ、よりアクセスいただきやすくするために
検索機能のさらなる充実も図っています。

ワインをより身近に感じていただけるようなコンテンツも、引き続き発信していきます。

モトックスのホームページをこれまで以上にお楽しみいただけましたら幸いです。

なお、このリニューアルに伴いまして、
下記の日時にメンテナンスを実施させていただきます。

こちらの時間帯につきましては一時的に当ホームページにアクセスが出来ない状態となります。
皆様にはご迷惑をおかけすることとなりますが、
何卒ご理解・ご容赦をいただけますようお願いいたします。

■ リニューアル予定日 : 9月16日(水)
■ リニューアルに伴うメンテナンス実施予定時間 : 9月16日(水) 14:00 ~ 20:00
 ※終了時間につきましては前後する可能性もございます。

main-img01_



ノヴェッロ2015 生育レポート Vol.2

作柄情報2015-09-02

マーケティング部の田中です。
前回のノヴェッロレポート2015で現地の様子をお伝えしましたが、皆様読んでいただけましたでしょうか??

今回は夏真っ盛りのイタリアよりブドウの生育情報をお伝えいたします!

前回に引き続き、ここで 『ヴィーノ・ノヴェッロ』 について再確認。
『ヴィーノ・ノヴェッロ』 とは、イタリアでその年に収穫されたブドウから造るワインのこと。
いわば、イタリア版のボージョレ・ヌーヴォといったところです!!
いきいきとした果実味溢れる味わいと、爽やかな飲みやすさが魅力です♪

 

解禁日は3年前から変更となり今年も10月30日!!

そう、11月第3木曜日にリリースされるフランスのボージョレ・ヌーヴォより
一足早く解禁を祝えるんです♪
さあ、10月30日の金曜日、みなさん予定はばっちりですか??

モトックスでは、2つのワイナリーから造られるノヴェッロをお届けいたします。
中部トスカーナ州 『グレヴェペーザ社』
南部プーリア州 『コンティ・ゼッカ社』

それでは、それぞれのワイナリーから届いた最新ニュースをご紹介します!

 

まず、トスカーナ州【カステッリ・デル・グレヴェペーザ】からのレポートです!!

20150901_1_01

イタリアを代表するブドウ品種のひとつ、サンジョヴェーゼ。
そのサンジョヴェーゼ100%でノヴェッロを造るのが、グレヴェペーザです。
フレッシュ&フルーティなアロマ、調和のとれた酸味は毎年大人気です!

 

~ グレヴェペーザより ~

20150901_1_02

8月は気温が高めでしたが、基本、例年の8月の平均気温から大幅に外れる程ではありませんでした。いくつかのエリアでは雨も降り、過剰な乾燥は避けることができました。

全てのブドウ品種で、緑から深い紫色へと変わる色づきが、ほぼ終わろうとしています。管理が難しい山のふもとなどを除いて、全体的にブドウの衛生状態は良好です。管理が難しいエリアも、先週の高気圧で、灰色カビ病の症状も収まりました。8月の好天、高温により、害虫もほとんど死滅しています。

20150901_1_03

20150901_1_04

2015年ヴィンテージは、全体的に、収穫量的には例年並から例年を上回る、品質的には例年以上の出来、と言えるでしょう。収穫が終わる時期まで、この好天候、高気圧、日中夜間共に高めの気温が続けば、驚くような品質のヴィンテージにさえなるでしょう。

 

お次は、 南イタリア プーリア州の『コンティ・ゼッカ』。

 20150901_1_05

コンティ・ゼッカでは、ネグロアマーロとプリミティーヴォという土着のブドウ品種から ノヴェッロを造ります。
もぎたて果実がぎゅっとつまった、南イタリアらしい果実味豊かな味わいが魅力です!

次は、プーリア州 【コンティ・ゼッカ】 からのレポートです!!

 

~ コンティ・ゼッカより ~

20150901_1_06

『7月と8月は近年にない猛暑で、最高気温が37-38℃に達しました。
8月2週目には降雨がありましたが、遅めに収穫されるネグロアマーロやアリアニコは問題なく成長し、完璧な色合いに熟しています。

20150901_1_07

8月後半からは平均的な天候に戻り、日中の温度は33-35℃、夜は18-20℃まで下がりました。
収穫量ですが、早熟のシャルドネとプリミティーヴォの収穫量は例年よりやや少なめですが、ネグロアマーロとアリアニコに関しては非常に良い収穫と見込んでおり、収穫量も例年通りと予想しています。』

 

今年のノヴェッロが日本に届く日まで、あと2ヶ月を切りました!
お楽しみに♪

次回は収穫の様子をお届けしたいと思います!!

【ノヴェッロ2015 生育レポート Vol.3】 はこちら