mottox 公式ブログ

企業ニュースをはじめ、様々な情報をお届けします。

mottox
mottox

美しき銘醸地シャンパーニュ ボーモン・デ・クレイエールに行ってきました!

ワイナリー訪問記/来日記2015-08-06 mottox

営業部アカイがワイナリーの魅力をお届けします☆

20150805_1_01

パリから特急列車TGVで約30分!スパークリングワインの最高峰、シャンパーニュ地方へやってきました。

カラっと澄んだ空気が気持ちいい!テンションが上がります。

果てしなく広がる広大な畑を抜けて…

 

ボーモン・デ・クレイエール到着!

20150805_1_02

来てしまいました!エペルネの近く、マルドゥイユ村にあります。

1955年に出来たというメゾン。今年で60周年です。レンガ造りにお花がアクセントになって、かわいい!

 

20150805_1_03

起伏に富んだ丘の上に広がる、ボーモン・デ・クレイエールの畑。

ボーモンは約250の造り手さんから成る協同組合で、シャンパーニュでは珍しい【完全自社畑】です。ここ重要です。

 20150805_1_04

本当に斜面にしか畑がないんですね。雄大な風景に感動。

ちなみに、中央に見えている建物はメゾンの醸造施設です。畑から近いですね。

 

メゾンの象徴、ピノ・ムニエ

20150805_1_05

ボーモンを語るなら、外せないのがピノ・ムニエのこと。なんと作付面積の60%がこのブドウ。

一般的なシャンパンではあまり目立たない品種ですが、白亜質土壌豊かなボーモンでは、とっても良いピノ・ムニエができます。

「ムニエが最高のシャンパーニュにることを世界に知らしめたい!」という想いで、日々ブドウを作っているんですね。熱いです。

20150805_1_06

ムニエとは「粉屋」の意味で、葉の裏が粉がかかったように白いことに由来しています。

昔々、風の強い日に、粉屋さんが引いていた粉が畑一面に吹き飛ばされて、ブドウの葉も白くなってしまった!という逸話があるそうです。

 

白亜質土壌!

 

20150805_1_07

それからもう一つ、メゾンを語るのに重要なのが、白亜質土壌。

なんたって、メゾンの名前にある「クレイエール」とは、【白亜質土壌】という意味なのです。

雨が多い時は水はけが良く、雨が少ない時はスポンジのように雨を吸収して保水する、なんとも都合のいい土壌です。

20150805_1_08

輸出部長 ヨハン・ジェンドロン氏の説明にも力が入ります。

 

お次は新しい醸造設備を見学

20150805_2_01

どーん!

とにかく、大きい!

3階建て分くらいはあるでしょうか。

20150805_2_02

ヨハン氏が、ブドウが畑から運ばれ、ジュースになるまでの過程を、
体を張って説明して下さいました。

20150805_2_03

一生懸命です。

 

クール・ド・キュヴェの秘密

20150805_2_04

圧巻の醸造施設の中でも、特に感動したのがこちらの圧搾機。

ひとつの圧搾機に3つのタンクが付いているのですが、メゾンのこだわりである最高純度の果汁「クール・ド・キュヴェ」を手前左側に、通常シャンパーニュで多用される「第一搾汁(キュヴェ)」を手前右側に、そして純度が低い「タイユ」を奥のタンクに分けます。

なんとこの作業、経験を積んだ「クール・ド・キュヴェ隊長(仮名)」なる人が、目視でバルブをひねって分別するんだそうです。

私、てっきり機械だと思っていたんですが、人の目だったんですね…!

 

テイスティング!

20150805_2_05

今回は3種類、テイスティングさせて頂きました。

まず左から「フルール・ド・ムニエ ブリュット・ナチュール2008」!

最高純度のクール・ド・キュヴェ100%という贅沢使用に、ピノ・ムニエ100%、そしてなんとドサージュ・ゼロ!!!メゾン渾身のシャンパンです。

洋梨や青リンゴのような爽やかで柔らかいフルーツ感に、アップルパイを思わせるような香ばしさがプラス。細かい泡にハーブのような清涼感も加わってとっても美味しい!!

一番のお気に入りでした。

20150805_2_06

お次は真ん中、「グランド・レゼルヴ ブリュット」。エントリーラインのワインにも関わらず、クール・ド・キュヴェを50%も使用。ピノ・ムニエ50%、ピノ・ノワールとシャルドネが25%ずつです。

白桃・レモン・洋梨・オレンジなどなど様々なフルーツの味わいが感じられ、まるでフルーツポンチ。リッチな味わいがとっても印象的でした。

そして最後は「フルール・ブランシュ ブラン・ド・ブラン2007」!

先の二つと比べても、クリーミーな味わいが魅力的。丸みがあり、バターやブリオッシュ、アーモンドのような風味が、品よく感じられます。

メゾンとしても、ボリューム感のある芳醇なタイプのシャンパンを目指しているそうですよ。

 

ボーモンの伝道師に…!

20150805_2_08

今回の訪問で、最も心に残っているのが、マーケティング担当ラウラさんのこの言葉。

「ボーモンより有名なシャンパーニュはたくさんあるけれど、品質では絶対に負けていない自信がある。それをどう伝えていくかが、私たちの仕事よね!」とのこと。

そうですよね。

今回感じたボーモン・デ・クレイエールの魅力を、一人でも多くの人に伝えていきたいと思ったアカイでした。