商品選定へのこだわり

商品選定へのこだわり 美味しさは数字で計れない。
モトックスの揺るぎない「Value & Quality」という商品コンセプト。その商品選定を支えているのは社員一人ひとりのテイスティング能力。人によって好みが分かれるものを取扱うからこそ、現地調査と試飲を徹底しています。
モトックスワインの「Value & Quality(バリュー&クオリティ)」。
ワインは生産される国や地域、品種や醸造方法などによってさまざまな個性を持ちます。またワインを実際にお買い上げになるお客様の好みも様々です。モトックスはこれまでお客様のニーズを調査検討し、さまざまなワインを取扱いしてきました。その経験の中で「コストパフォーマンスが高いこと」「デザインが良いこと」、そして「産地や品種の個性が十分に表現されていること」という3つの指針に辿りつき、これらを「Value & Quality」としてモトックスの商品選定コンセプトに掲げました。これからもこの「Value & Quality」に基づいたワインを取扱います。
和酒の魅力を伝える、それも大切な仕事。
モトックスが取扱う商品はワインだけではありません。和酒と呼ばれる日本独自のお酒である日本酒、焼酎、泡盛など、実に100を超える蔵元の商品を取り揃えています。和酒の商品選定の際は消費者の視点を大切にし、味や香りの特徴、満足度と価格とのバランスなどに配慮しています。さらに和酒が持つ繊細さや四季折々の味わいをそのままにお届けすることを常に心がけています。
全ての始まりは「試飲」から。
モトックスでは一年を通じてワインや和酒の商品開発・選定を行っています。特にワインにおいては定期的に現地を訪問し、毎月200本以上の試飲を行っています。絶えず「Value & Quality」に沿った商品開発・選定を行うため、たとえ1本でも「利き酒師」や「ワインアドバイザー」の資格を持つ多くの社員で実施しています。試飲と活発な意見交換を行うことで、より市場ニーズにマッチした商品をお届けしています。

STAFF VOICE

「ニューワールド」の魅力を伝えていきたい! マーケティング部 シニアチーフ 大澤 貴子
私が担当する国はヨーロッパ以外のニューワールド、いわゆるワイン新興国。歴史のあるヨーロッパワインに比べると認知度はまだ低いのですが、素晴らしいテロワールで熱い情熱をワイン造りに注ぐ人々がおり、ヨーロッパにも引けを取らない素晴らしいワインが沢山あります。こういった新しい産地で産まれる美味しいワインと生産者の情熱を日本の皆さんに沢山お届けしたいですね。
「寒ーい夜の燗酒が最高ですね」 良酒百撰部 江間 信之
海外では和食ブームの高まりから日本酒への注目が集まっていますので、私自身ぜひ日本酒の魅力を世界に伝えたいと思っています。個人的には寒い時に飲む燗酒が一番!体に優しいし、赤身の美味しいところを食べながら飲んだら……、想像しただけで涎が出そうです(笑)。
  • 商品選定へのこだわり
  • 品質を保ち続けるために
  • お得意先の販売へのサポート
  • ワインのプロを育成
  • 積極的なIT活用
  • お客様相談室の設置
  • ワイン文化を育むために
  • 職場環境の整備