1. TOP
  2. お知らせ

モトックスからのお知らせ

ボージョレ・ヌーヴォ2013 現地レポートその① 「ポール・ボーデ」

作柄情報2013年8月12日mottox

マーケティング部の小原です。

現地から最新の情報をお届けするボージョレ・ヌーヴォ・レポート2013!

 

本日はモトックスでも長年人気商品として活躍している定番中の定番ヌーヴォ、

「ポール・ボーデ」の現地レポートをお届け致します!

(現地スタッフの中原が生産者を訪問、直接取材してまいりました!)


*     *     *     *     *     *     *      *     *     *     *

エキスポート・マネージャー、ベルトランさん登場!

 

毎年このボージョレ・ヌーヴォ現地レポートをさせて頂いていますが、ポール・ボーデは常にこの場所。

遺跡のような(!?)この石造りの置物を背景に俳優のように佇むこの方、ポール・ボーデ社の輸出部長、

ベルトラン・デュ・キュイペール氏が登場です!

気になるブドウをチェックしましょう

 

こちらのブドウは粒が小さいですね。

とにかく年が明けてからというのは、なかなか寒くて雨の日が多かったようです。

とくに4月は非常に天候が悪かったために、ブドウがなかなか成長せずにいました。

そのため、他の生産者も同様ですが開花の時期が従来より3週間、地区によっては1か月以上遅れているという状況になっています。

フランスのデイリー・ニュースでは、「今年はフランスに夏が来ないかもしれない.・・・」 という報道までされていたほどです。

 

こちらはスクスク、大きく。

 

こちらはしっかり大きく育ってますね!

昨年は1つのブドウ株になっていた房の数が非常に少なかったのですが、今年はしっかりたくさんの房が付いています!

従来よりもブドウの粒に小さいものがあるのは、開花の時期が遅れたことが影響しています。

つまり成長が遅れているわけですが、この段階では質・量共にまだ素晴らしい年になるかどうかは分かりません。

ここから8月の真夏日を迎えると、ブドウが一気に色づき始めます。

今年が豊作になるかどうかはこれからの天気にかかっているんです!

 

 

エキスポート・マネージャー ベルトラン・デュ・キュイペール氏さんから日本の皆さんへメッセージ

 

次回のレポートは9月下旬の予定です。
収穫前後の様子をお伝えいたします!
どうぞお楽しみに!

  • Facebook シェア
  • Twitter ツイート