1. TOP
  2. お知らせ

モトックスからのお知らせ

ノヴェッロ2014 レポート①

作柄情報2014年8月5日mottox

こんにちは!マーケティング部の田中です。

はやいもので、今年もイタリアのノヴェッロの生育状況をお伝えできる時期になりました!

■■■ヴィーノ・ノヴェッロとは?■■■■

その年に収穫されたブドウから造る新酒のことで、イタリア版の「ボージョレ・ヌーヴォ」です!
とってもフレッシュで、果実味たっぷり、親しみやすい口当たりが特徴です♪

ノヴェッロの解禁日は2年前より変更となり10月30日(木)となりました。フランスのボージョレ・ヌーヴォよりも一足早く今年最初の新酒が味わえます!
ボージョレ・ヌーヴォの解禁日が11月20日(木)ですので、3週間も早く新酒が飲めちゃいますよ!

モトックスではイタリア中部トスカーナ州のワイナリー【カステッリ・デル・グレヴェペーザ】と南部プーリア州のワイナリー【コンティ・ゼッカ】の2ワイナリーより毎年ノヴェッロをご案内しています。

20140805_01

各ワイナリーよりブドウの生育状況レポートが届きましたので早速みなさんにお届けしたいと思います!!

 

カステッリ・デル・グレヴェペーザ

まず、はじめにトスカーナ州【カステッリ・デル・グレヴェペーザ】からのレポートをどうぞ!!

『今年の冬は特に天候に問題は無く、格別に寒かった、という事もありませんでした。例年より早く4月頃から良好な樹木の生長が見られましたが、4月末から5月頭にかけて、肌寒い日々が続いた為、早春に見せた良好な生長が、振り出しに戻りました。

5月は、1週間だけ例年より気温の高い時期がありましたが、それを除くと、極めて平均的な気温(20-25℃)でした。その後、例年通りの気候であったこと、また、冬に適度な降雨量があった事で、土中の保水量は適度に保たれた為、順調に生長が促され、例年通り、5月末から6月の初旬頃に開花しました。

現在のところ、畑も衛生的に保たれており、果実の生長も健康で、実がつまり過ぎる事も無く、少なくなりすぎる事も無く程よく結実しました。現在期待を持って生育を見守っています。』

20140805_02

 

続いてはプーリア州【コンティ・ゼッカ】より!

『今年は、例年より暖かく、しかも過去50年の中でも最も激しい雨が降るという特徴的な冬から1年がスタートしました。この雨は冬の剪定を遅らせる一方で、夏の期間重要になってくる貴重な水の貯えを土壌に与えてくれました。
春は温暖な気候になり、例年より15日早く発芽の段階にはいりました。しかし春後半に気温が落ち込んだことで、続く開花の段階では例年より遅くなりました。結果的に、ブドウの木の生長期間としては平均的なものとなりました。

現在畑のブドウは健全かつ健康で、最近は理想的な天候が続き高品質なブドウの収穫が期待できます!』

20140805_0320140805_04

両ワイナリーとも健全なブドウが育っているようで、今年のノヴェッロも今から楽しみですね!

次回はより本格的に実ったブドウや畑の風景もお届けしていきたいと思います。

  • Facebook シェア
  • Twitter ツイート