1. TOP
  2. お知らせ

モトックスからのお知らせ

【イタリア】ノヴェッロの生育状況 ☆2013年、最新レポート☆

現地情報2013年8月1日mottox

はじめまして、マーケティング部の田中です。

今年もそろそろイタリアのノヴェッロの生育状況をお伝えできる時期になりました!

 

まずはここで、恒例の(?)おさらいです!

■ヴィーノ・ノヴェッロとは?その年に収穫されたブドウから造る新酒のことで、いわゆるイタリアの「ボージョレ・ヌーヴォ」というところでしょうか。とってもフレッシュで、果実味たっぷりの親しみやすい口当たりが特徴です。

ノヴェッロの解禁日は去年から変更となり、10月30日となりました。フランスのボージョレ・ヌーヴォよりも一足早く今年最初の新酒が味わえます!しかも!!今年はボージョレ・ヌーヴォの解禁日が11月21日(木)ですので(ボージョレ・ヌーヴォの解禁日は毎年11月の第3木曜日です)、なんと3週間も早く新酒が飲めちゃうわけなんです!!ラッキ~♪♪

モトックスではイタリア中部トスカーナ州のワイナリー『カステッリ・デル・グレヴェペーザ』と南部プーリア州のワイナリー『コンティ・ゼッカ』の2ワイナリーより毎年ノヴェッロをご案内しております。

今回も、各ワイナリーよりブドウの生育状況レポートが入ってきておりますので、早速みなさんにお届けいたします。
では、まず初めにトスカーナ州【カステッリ・デル・グレヴェペーザ】から届けられたコメントをどうぞ!

 


『今年は春の間とても気温が低く、ブドウの成長スピードが非常に心配されましたが、6月に入ってから気温も上がり、昼夜の寒暖差も十分にあるので、ブドウ樹本来の生育サイクルを取り戻してきています。ブドウの実は健全そのもので、病害や害虫の被害もなく、9月頃にはフレッシュで元気な、ノヴェッロにぴったりなブドウが収穫できるとみております。』

お天気も回復してきたようで何より、写真ではブドウたちの様子は確認できませんが、きっとすくすく育っていることでしょう。次回のレポートが今から楽しみです!!



さて、続いてはプーリア州【コンティ・ゼッカ】より!

 

『ここ数週間は雨もなく、天候状況は完璧、ドライで良好な晴天続きです。今後の予報も良く、今年の天候は心配なさそうです。
写真の通り、ブドウの果実は健康に生育中で、色がグリーンから紫へ、色付き始めています。

これからブドウ畑の表面や木の熱気を取払い、風通しを良くするため、余分な葉を取り除く作業をしていきます。こうしてブドウの実たちがパーフェクトに成熟していきます。』

 

なるほど、余分な葉っぱはこのように取り除かれ、畑全体の湿気をなくしていくことで病害の無いブドウが育っていくわけですね!色付き(=ヴェレゾン)も始まっていてこちらも万事順調のようです。

 


両ワイナリーともブドウは健全に育っていて、今年のノヴェッロも本当に楽しみですね!
次回は8月下旬のアップを予定しております。より本格的に実ったブドウや畑の風景もお届けしていきたいと思います。
乞うご期待くださいませ!!

  • Facebook シェア
  • Twitter ツイート