1. TOP
  2. お知らせ

モトックスからのお知らせ

『ドイツ訪問記Vol.1 ~テッシュ編~』

現地情報2013年3月28日mottox

東京営業部の中塚です。

ドイツからお送りします。

今日はマインツにあるテッシュに訪問しました。

テッシュはリースリングを初めて全て辛口で造った生産者です。

もともと微生物学者だった当主のマーティン テッシュ氏はワインの醸造に関する知識も仕組みがよく分かったそうです。

食事に甘みを求めないのが信条で辛いリースリングだけしか造らないと決めたそうです。

そんな人はドイツでは珍しく周りの人には心配されたそうですが、見事に成功!!

食にこだわる人だからこそ、リースリングにもこだわり抜いてます。

ノーイースト、ノー オーク、ノーコルク、ノーシュガーが彼のこだわりです。

ちょっと難しい言葉もありましたけど人工的な酵母は使わず(これは使うのが普通で悪いことではありません、念のため)、樽熟成せずピュアな果実味を大切にして、コルクじゃなくてスクリューキャップ、甘口じゃなくて辛口で造るという意味です。

ワイナリーとしては珍しく理系で一つ一つへのこだわりがすごい生産者でした。

全て理論的で、私はこんな生産者が大好きです。

ものすごい勉強になる生産者でした。お会い出来て感動しました!

ちなみにデュッセルドルフから新幹線のような電車ではるばる2時間かけてマインツまでやってきて乗り換え、20分。

遠い旅でした。でもライン川を眺めながらの電車の旅は最高です!

あ、旅と言っても仕事ですからね。

現地情報第一弾でした!

  • Facebook シェア
  • Twitter ツイート