1. TOP
  2. お知らせ

モトックスからのお知らせ

『ドイツ・アルザス訪問記Vol.4 ~ポール・ジャングランジェ編~』

現地情報2013年4月3日mottox

東京営業部の中塚です。

ドイツ・アルザス訪問記も最終章を迎えました。

いよいよ出張は最後。

アルザスのもう1軒はポール ジャングランジェ。

最後にも感動が待ってました。

案内してくれたのはミッシェルさん。

畑見学と思いきや車から降りるとワインとグラスを取り出します。

「じゃ、この畑で造られたワインをテースティングしよう!」

なんとそのワインが造られた畑ごとにテースティングなのです。

「ここは南向きでこんな土壌だからこんな味わいになるんです。」

と解説してもらいながらそこで造られるワインを飲む、なんて初めての経験です。

これ以上わかりやすいテースティングはありませんよね!?

そしてワインを語り出すと長い長い。

熱い思いが伝わってきます。

人への気遣いはもちろん、ワインへの気遣いもすごいです。

モトックスではワインは1本1本全て異物が入ってないか、漏れたりしてないかなどの検品をしています。これは世界的に見てもかなり珍しいことで生産者にとってはかなり厳しいチェックになります。

ジャングランジェではそんなモトックスのために日本向けのワインは全て検品してから出荷してくれているんです。

そんな生産者、殆どいないと思います。

彼らの造るワインは優しく繊細でとてもクリーンです。

家族みんなと晩御飯を楽しみ、なんと1時間もかけて空港まで送ってくれてお土産まで‥。

最後まで私たちを歓待してくれました。

そんな思いの詰まったワインたちです。

ドイツ・アルザスの旅はこれで終わります。

美味しいワインは美味しいものを知る人が造ってます。改めてそう思いました。

ちなみにワイン生活14年目の私が最も感動したワインもまたアルザスのワインでした。

  • Facebook シェア
  • Twitter ツイート