1. TOP
  2. お知らせ

モトックスからのお知らせ

『北イタリア訪問記 Vol.1 ~ブルーノ・ジャコーザ編~』

現地情報2013年4月5日mottox

初めまして、モトックスの天藤です!

本日より、北イタリアワイナリー訪問レポートをお届けいたします。初日の今日は、ピエモンテはランゲ地区に来ております。

まず、第一弾は、バローロ、バルバレスコの名手、ブルーノ・ジャコーザへの訪問記。

ブルーノ・ジャコーザといえば、ピエモンテのみならず、イタリア中の生産者たちがそのワインの品質を認め、尊敬している、とも言われる銘醸中の銘醸ワイナリー。初めての訪問で、ドキドキです!

カンティーナに入る扉にはジャコーザの「G」。どこかのブランドのロゴみたい。。。

 

そんな私たちを迎えてくれたのが、この扉。ジャコーザの「G」の文字があしらわれた、カンティーナへの入り口でした。

扉を開けると微かに香る、熟成中のワインの香り…思いのほかこぢんまりとしたカンティーナの中には、ところせましとおかれた大きな木樽たちが。

偉大な赤ワインたちが眠る大樽

ブルーノ・ジャコーザでは、赤ワインの熟成には約50HLと約110HLの2種類の木樽のみ、使用しています。

通常バローロ、バルバレスコは110HLの大樽で、その他ドルチェット、バルベーラなどのベースワインは50HLの大樽で熟成される、とのこと。

最近では、分かりやすい味わいのアタック、よりしっかりとしたストラクチャーを感じやすいように、225Lの小さい木樽(バリック)を使って熟成されたバローロ、バルバレスコが多くある中で、ブルーノ・ジャコーザでは昔からこれらの大樽のみを使用し、ゆっくりと、かつエレガントに熟成をさせる伝統的な作り方を貫いているのです。

☆若きエノロゴも活躍中!☆

真剣にワインの状態をチェック!若きエノロゴ、フランチェスコ氏

 

現オーナーである、ブルーノ・ジャコーザ氏には本日お会いすることはできませんでしたが、(ご高齢の今でも、カンティーナには顔を出し、瓶詰めなどの重要な仕事の判断は全て、ブルーノ氏がこなしています!)代わりにカンティーナを案内してくれたのが、若きエノロゴ、フランチェスコ氏。今日のブルーノ・ジャコーザの代表エノロゴである、ダンテ・スカリオーネ氏の下で、カンティーナで重要な働きをしている若きスタッフの一人です。

もの静かで優しい印象でしたが、ワインと向き合うとやはり真剣そのもの。

カンティーナの見学が終わると、お次はお待ちかねの、テイスティングです!

ブルーノ・ジャコーザには2つのブランドがあり、100%自社畑のブドウから造られる「ファッレット・ディ・ブルーノ・ジャコーザ」と、信頼のおける契約農家で厳選されたブドウから造られる「ブルーノ・ジャコーザ」、それぞれ各アイテムの新ヴィンテージを今回じっくり試飲してきました。

中でも大変状態が良かったのが、「ネッビオーロ・ダルバ ヴァルマッジョーレ2011」

“ヴァルマッジョーレ”という地域の畑から取れた選び抜かれたネッビオーロです。果実味やタンニン、すべての要素のバランスが非常に秀逸で、完璧といっても過言ではないエレガントさに一同うっとり。。。。

新ヴィンテージの日本でのリリースはもう少し先ですが、今から本当に楽しみです!!

  • Facebook シェア
  • Twitter ツイート