1. TOP
  2. お知らせ

モトックスからのお知らせ

【現地より速報】「アンリ・フェレティグ」2021年ブルゴーニュヴィンテージ情報 シャンボール・ミュジニー地区 

作柄情報, 現地情報2021年11月16日mottox

“収穫”はワイナリーにとって最も大切な瞬間の一つ。
ブルゴーニュ シャンボール・ミュジニー地区の生産者「アンリ・フェレティグ」より、 2021年の収穫を迎えた今、コメントが届きました。

 

​■ Henri Felettig アンリ・フェレティグ

『シャンボールの中でもトップ・クラスのワイナリーに値する可能性もある。』と評され、年々実力を上げているシャンボル・ミュジニーの要チェック生産者、アンリ・フェレティグ。

アンリ・フェレティグ

ここ数年、畑作業を改めて重要視するようになり、以前よりさらに畑での作業量が増えたそう。

数年前から薬剤の散布を極力控え、雑草を取り除くことをやめたところ、土壌が改善されたそうで「土が生命を取り戻したよ」と嬉しそうに語る、現オーナーのジルベール・フェレティグさん。

現オーナーのジルベール・フェレティグさん。

2015年にセラーを大きくリノベーションし、品質がよくなるための設備を投資したこと。
そこが、彼らの丁寧な畑仕事と厳しい選果が融合し、これまで以上にアペラシオンの特徴を表しピュアでエレガントなワインが造られるようになりました。

2015年にセラーを大きくリノベーション

2015年にセラーを大きくリノベーション

その結果として、 イギリスのワイン評価誌デキャンター誌が 「自信をもって購入できる真のブルゴーニュワイン」と大絶賛。

近年優れたワインを生み出しているブルゴーニュの生産者 New Talent in Burgundy  5名のうちの1人に大抜擢されました。 (デキャンター誌2017年2月号)

 

​■ 現地スタッフからの動画撮影裏話

とってもシャイで、人前で話したり動画を撮られることが苦手なジルベールさん。

日本の皆に向けて話して!と言うと、「えーーーー。そんなの俺じゃなく収穫スタッフでいいじゃないか・・・」 と駄々をこねてましたが、無理矢理撮影スタート。

編集ではカットしましたが、実はビデオの最後の方では「もう勘弁して。恥ずかしすぎる」と懇願しています・・・

娘さんが後からこの映像を見て、「えー!パパ、ビデオ大っ嫌いなのに喋ってる〜」と言ったほど。 なので、この映像はかなり貴重です!

>>​「アンリ・フェレティグ」ワイナリー紹介ページ

  • Facebook シェア
  • Twitter ツイート