1. TOP
  2. お知らせ

モトックスからのお知らせ

【現地より速報】「ドメーヌ・シルヴァン・ロワシェ」2021年ブルゴーニュヴィンテージ情報 

作柄情報, 現地情報2021年11月18日mottox

“収穫”はワイナリーにとって最も大切な瞬間の一つ。
ブルゴーニュ期待の新世代として注目を集める「ドメーヌ・シルヴァン・ロワシェ」より、 2021年の収穫を迎えた今、コメントが届きました。

 

​■ Domaine Sylvain Loichet ドメーヌ・シルヴァン・ロワシェ

現当主であるシルヴァン・ロワシェ氏が弱冠21歳の時に立ち上げた新進気鋭のドメーヌ。

当初3.5haだった自社畑は現在約10haまで拡大。
18のアペラシオンからワインを造り出し、ブルゴーニュ期待の新世代として高い注目を集めています。

ドメーヌ・シルヴァン・ロワシェ

ドメーヌの立ち上げから現在まで、全ての畑で厳格にビオロジック農法を実践。

除草剤はもちろん、化学的な薬品などで 環境に対して悪影響を及ぼすものは使用しないことにより、土壌から自然に溢れた恩恵を得ることができます。

ただし、有機農法は化学的な薬品を使わなければ良いというわけではありません。
ブドウを病気や害虫から守るために行う 丁寧かつきめ細かな作業が必要不可欠です。

そうした苦労の末、その畑のテロワールを最大限に表現するブドウが生まれるのです。

全ての畑で厳格にビオロジック農法を実践

ブドウは1つ1つ実の状態を確認しながら 全て手摘みで収穫。

収穫後も白ワインは「プレスの前」赤ワインは「醸造工程に移す前」に2度目のチェックをするという徹底ぶり。
それにより、完璧な状態のブドウのみを選別することができています。

そうして生まれる彼のワインは非常に洗練された果実味と芳醇さが特徴的なモダンなスタイル。

ボーヌの白ワインにおいてトップクラスの風格漂うワインで世界的に高い人気を獲得しています。

非常に洗練された果実味と芳醇さが特徴的なモダンなスタイル。

 

​■ 現地スタッフからの動画撮影裏話

本当に撮られるのが苦手で「好きにドローン飛ばして勝手にやっといて!」と言っていたシルヴァン。

畑や収穫の様子を撮影した後に、「シルヴァン、ミレジム情報ビデオ撮るからそこに立って」というと「聞いてない!絶対嫌!」と言って大変でした。

最後には観念して、「本当に動画撮られるのは嫌いだけど、君も朝6時過ぎから来てくれてるし、誠実さに応えてやろう」と応じてくれたのです。

ということで、シルヴァンの動画は超貴重映像です!

>>​「ドメーヌ・シルヴァン・ロワシェ」ワイナリー紹介ページ

  • Facebook シェア
  • Twitter ツイート