1. TOP
  2. お知らせ

モトックスからのお知らせ

【現地より速報】「ドメーヌ・リュパン」2021年サヴォワヴィンテージ情報

作柄情報, 現地情報2021年11月24日mottox

“収穫”はワイナリーにとって最も大切な瞬間の一つ。
ルーセット・ド・サヴォワ地区にある家族経営のドメーヌ「ドメーヌ・リュパン」より、 2021年の収穫を迎えた今、コメントが届きました。

 

​■ Domaine Lupin ドメーヌ・リュパン

サヴォワの地品種、ルーセットをご存知ですか?

今日ご紹介するドメーヌ・リュパンの現在の当主ブリュノ・リュパン氏は“ルーセットのスペシャリスト”として地元で有名です。

ドメーヌ・リュパン

当主ブリュノ・リュパン氏

サヴォワでは23品種のブドウ栽培が認められていますが、リュパンさんは持っている5haの畑に白のルーセット(4.7ha)赤はモンドゥーズ(0.4ha)の2つしか栽培していません。

そんなスペシャリストいわく、「この地区では長熟タイプより、フレッシュですぐ楽しめるタイプのワインに適している」と爽快な果実味と酸が美しい白ワインを造ります。

白のルーセット

しかも、なんと、日本向けにリリースするワインは残糖度の少ないキュヴェをブレンド、と特別にアッサンブラージュしているのです。

5ha、という小規模生産なので、できたワインのほとんどが両親の経営するオーベルジュとレストランで完売してしまう、という人気ぶりで、輸出はおろか、フランス国内にもほとんど出回らない、という幻のワイン。

一度、お試しくださいませ。

ルーセット・ド・サヴォワ フランジー

 

​■ 現地スタッフからの動画撮影裏話

晴天時は畑からモンブランが見える、サヴォワのアルプスにある畑での撮影。

周りはブドウ畑とチーズ用の牛しかいません・・・

2005年のRVF(フランスのワイン専門誌)の巻頭ページで「サヴォワのジェントルマン」 と紹介されたリュパンですが、 彼も撮影(人前で喋るの)が苦手。

言ってる途中に、ああ、何言おうとしてたか忘れちゃった・・・と何度もリテイクしました。

リュパンさんの趣味はトライアスロン。
勾配の強い丘に植わっている畑での作業は 筋力のある彼ならではの技術だと思います!
腹筋と脚力を鍛えてないと、坂から転がり落ちますよ・・・

>>​「ドメーヌ・リュパン」ワイナリー紹介ページ

  • Facebook シェア
  • Twitter ツイート