1. TOP
  2. お知らせ

モトックスからのお知らせ

​毎年デザインが変わる「デジタルプリント」ボトルにリニューアル!「キュヴェ・マリー・クリスティーヌ プロヴァンス・ロゼ 2020」ラベルデザインを一新して販売開始

リリース, 企業ニュース2021年6月17日mottox

​キュヴェ・マリー・クリスティーヌ プロヴァンス・ロゼ

​「キュヴェ・マリー・クリスティーヌ プロヴァンス・ロゼ 2020」は、瓶に直接プリントする「デジタルプリント」ボトル仕様にリニューアルされました。
​同じデザインで、「キュヴェ・マリー・クリスティーヌ プロヴァンス 白 2020」も、120函限定で​入荷しました。

 

​​​■​ラベルがない!?直接プリントするデジタルプリントボトル

​​​​​​「キュヴェ・マリー・クリスティーヌ プロヴァンス・ロゼ 2020」は、瓶に直接プリントを施した、「デジタルプリント」仕様です。2020年ヴィンテージから新しく採用された新ラベルで、毎年ラベルデザインが変わります。
ス​ッキリとした口当たりと、塩味が特徴の「キュヴェ・マリー・クリスティーヌ プロヴァンス 白 2020」も、同じくデジタルプリントボトルで限定新発売しました。

​※「キュヴェ・マリー・クリスティーヌ プロヴァンス・ロゼ 2020」ハーフサイズのラベルは透明シールです。デジタルプリントボトルではありません。

​​シャトー・ド・ロムラードの創設は15世紀に遡り、18世紀まではフランスの王室御用達だったという名誉な歴史もあります。革命後シャトーはいくつかに分割され、時を経て1932年、一族の祖であるアンリ・ファーブル氏が所有、数十年に亘りワイナリーを運営し、現在は姪のカロリーヌ・ドゥメイ氏に亘りました。美しいボトルが魅力のロゼ、「マリー・クリスティーヌ」は数々の栄誉を受賞した1950年に造られた記念のワインです。

 

​​​■​​祖​父が愛した妻の名前を冠し、孫娘が手がけたボトルに入れられた特別なワイン

​​​「キュヴェ・マリー・クリスティーヌ プロヴァンス・ロゼ」の名前の由来は、設立者の祖父アンリが愛した妻の名前からとられています。印象的な形のボトルデザインは、彼の孫娘のシャルロットが手がけたものです。アール・ヌーヴォーを愛した彼女がエミール・ガレの作品からヒントを得たもので、これはプロヴァンスで最初の「オリジナルボトル」として登録されました。

 

 

​​​今回発売したワインはこちら。

※ワインボトル画像をクリックするとワイン詳細画面が開きます。

​​​キ​ュヴェ・マリー・クリスティーヌ プロヴァンス・ロゼ 2020

​​​キ​ュヴェ・マリー・クリスティーヌ プロヴァンス・ロゼ 2020

​​南仏の代表的な避暑地ニースの近郊で造られる辛口のロゼ。スッキリとした口当たりが特徴で、地中海料理にはもちろんのこと、幅広い料理にマッチします。
原産国 : ​フランス プロヴァンス地方
​<フルボトル> 希望小売価格 : ​2,100円(税別)
 <ハーフサイズ> ​希望小売価格:1,450円(税別)

​​​キ​ュヴェ・マリー・クリスティーヌ プロヴァンス・白 2020

​​​​キュヴェ・マリー・クリスティーヌ プロヴァンス 白 2020

​​​南仏のプロヴァンスの辛口・白。スッキリとした口当たりと塩味が特徴で、魚介類をはじめ、幅広い料理にマッチします。
原産国 : ​フランス プロヴァンス地方
​<フルボトル> 希望小売価格 : ​2,100円(税別)

  • Facebook シェア
  • Twitter ツイート