1. TOP
  2. お知らせ

モトックスからのお知らせ

​小説『海底二万マイル』に着想を得た、ビオロジック&ヴィーガン認証取得のフレッシュ&フルーティなオレンジワイン「ベインテミル レグアス」新発売

リリース, 企業ニュース2021年6月17日mottox

​「ベインテミル レグアス」新発売

​「べインテミル レグアス 2020」は、小説『海底二万マイル』に着想を得て造られたオレンジワインです。ビオロジック&ヴィーガン認証を取得し、自然環境に配慮した農法で育てられたブドウから造られています。

 

​​​​​■小説『海底二万マイル』に着想を得た、ワインファンのためのオレンジワイン

​<造りのこだわり>
・ビオロジック&ヴィーガン認証取得
・標高800mに位置する自社畑のブドウのみを使用
・フレッシュさを保つため収穫は夜間に行う
・全てのブドウを果皮と共に3週間かけて醗酵させ、複雑なアロマとタンニンを抽出

ステンレスタンクで21日間果皮とともに醗酵させることで、独特の色合いと、滑らかなタンニン、酸、豊かな果実味が特徴のワインになりました。

 

​​​​​​■完全有機栽培のワイナリー、ドミニオ・デ・プンクトゥン

​ドミニオ・デ・プンクトゥンは、ラ・マンチャ地方のクエンカ所在。標高750メートル以上の高地に110ヘクタールもの広大なブドウ畑を所有し、有機栽培とビオディナミを実践しています。もともとは栽培農家でしたが、2006年、4代目にあたる若い兄妹(兄:CEO、妹:醸造家)がワイナリーを立ち上げました。有機栽培でクオリティワインを造ることを目指し、全ての畑で自然な農法を実践。非常にコストパフォーマンスの高いワインを造り出しています。


(左:オーナー ヘスース氏、右: 醸造​家 ルース氏)

​ワイナリーが大切にしているのは、「地域の個性とコストパフォーマンスを備えたワインを、ビオディナミ農法によって消費者に届けること」。

ビオディナミやビオロジックを実践するのは、香りや繊細な口当たりといったワインの美点だけでなく、農薬を使わない自然で健全な方法でワイン造りを行いたい、という思いがあるからです。これはドミニオ・デ・プンクトゥンの農業全般に対する心構えで、もっと先を見据えた考えでもあります。自然に適切に手を加えることで、質の高いブドウを収穫する、醸造過程においても環境を汚染しないように配慮する、といった未来へ続くワイン造りを基本としています。

 

 

​​​今回発売したワインはこちら。

※ワインボトル画像をクリックするとワイン詳細画面が開きます。

​​​​べインテミル レグアス 2020

​​​​べインテミル レグアス 2020

​標高800メートルの自社畑の白ブドウを使用した、有機・ヴィーガン認証取得のアンバーワイン。熟したアプリコットやオレンジの皮を想わせるアロマに、滑らかなタンニンと酸を感じます。

​生産国 : ​​スペイン
希望小売価格 : ​1,600円(税別)

  • Facebook シェア
  • Twitter ツイート