1. TOP
  2. お知らせ

モトックスからのお知らせ

​ランブルスコとして唯一イタリアTOP100ワインに選出!「コンチェルト ランブルスコ レッジアーノ セッコ 2019」が快挙達成

メディア掲載/評価情報, 企業ニュース2021年6月17日mottox

​​​ランブルスコとして唯一イタリアTOP100ワインに選出!「コンチェルト ランブルスコ レッジアーノ セッコ 2019」が快挙達成

​「コンチェルト ランブルスコ レッジアーノ セッコ 2019」は、雑誌『Gentleman』が発表した2021年のイタリア6大ワイン評価誌の集計で、ランブルスコとして初めてTOP100ワインに選出されました。

 

​■ ガンベロ・ロッソ誌で12年連続トップに君臨し続けるランブルスコ

​「コンチェルト ランブルスコ レッジアーノ セッコ 2019」は、イタリアのワイン評価誌『ガンベロ・ロッソ』で、最高賞のトレ・ビッキエーリを12年連続で獲得している唯一のランブルスコ生産者です。その品質は、様々な面で高く評価されています。

​コンチェルト

​​・トレ・ビッキエーリを獲得
​量産スタイルで流通していたランブルスコ市場でしたが、品質志向の彼らのランブスルコがガンベロ・ロッソ誌で最高賞であるトレ・ビッキエーリを獲得したことで、イタリア国内はもとより、世界中のランブルスコのイメージが変わりました。「コンチェルト」は、​高品質ランブルスコの先駆けとなった逸品です。

​​​・ランブルスコに「クリュ」の概念を取り入れた
​高級ワインでは当たり前の単一区画「クリュ」の概念を、ランブルスコとして初めて導入。テヌータ・ランパータという畑の中でも最上級の区画で栽培された最高品質のブドウのみで造られています。

​​​​・「ミレジマート」でのリリース
​通常、複数ヴィンテージのキュヴェをブレンドし、均一の品質を保つランブルスコですが、コンチェルトは「クリュ」で造られたその年だけのブドウで造られます。「ミレジマート」として仕上げられたコンチェルトは、まさにその土地を体現するテロワールと結びついたランブルスコ生産者の先駆者です。

 

​​■ ランブルスコ界のパイオニア「メディチ・エルメーテ」

​オーナー:アルベルト・メディチ氏
(​オーナー:アルベルト・メディチ氏)

​メディチ・エルメーテ社はもともとフィレンツェ郊外の土地をほとんど所有する大地主であり、その後イタリアの歴史にも大きく貢献してきた一族です。その一族の一人がエミリア・ロマーニャに移り住み今日のメディチ家の基礎を築きあげました。
​自社畑で栽培される高品質なブドウを更に選別し、抜群のコストパフォーマンスを誇るワインを造り出しています。その品質はイタリアワイン業界だけでなく、他国からもトップ・ランブルスコの評価を受けるまでに至っています。

 

 

​​​今回ご紹介したワインはこちら。

※ワインボトル画像をクリックするとワイン詳細画面が開きます。

コンチェルト ランブルスコ レッジアーノ セッコ

​コンチェルト ランブルスコ レッジアーノ セッコ 2019

​​フレッシュブルーベリー、カシスなどの、ベリー系の新鮮果実溢れるアロマ。優しい泡立ちと共に果実味のふくよかな風味が口に広がり、程よいタンニンとのバランスが良いワインです。

​生産国 : ​​​イタリア エミリア・ロマーニャ州
​生産者 : ​メディチ・エルメーテ
希望小売価格 : ​2,000円(税別)

  • Facebook シェア
  • Twitter ツイート