1. TOP
  2. お知らせ

モトックスからのお知らせ

​「辛口原酒」×「木桶醗酵」!銘柄「龍勢」を掲げる藤井酒造が大正期に使われた木桶で醸すお酒「龍勢 BAILA 木桶醗酵 特別純米」が新発売

Craft Sake(日本酒), リリース, 企業ニュース2021年7月29日mottox

​龍勢 BAILA 木桶醗酵 特別純米

​新商品「龍勢 BAILA 木桶醗酵 特別純米」は、醸造元の藤井酒造で大正期に実際に使われていた木桶を組みなおして仕込んだお酒です。「BAILA」の名前は、十二神将の一神であり、十二支の龍の守護神でもある「波夷羅大将」をモチーフにしており、「龍勢」を掲げる藤井酒造とのコラボレーションで生まれたお酒であることを理由に命名されました。

>>藤井酒造 株式会社について 紹介ペー​ジ

 

​■ ​全国各地の優良蔵元と共同開発した、上質で個性ある日本酒「Craft Sake」

​​和食、中華、フレンチ、イタリアンなど、世界でも類を見ない多彩で洗練された食文化を築き上げている日本。モトックスでは、その日本の食をさらに豊かにしてくれる魅力あるワインを厳選し、輸入を行っています。

食文化の一端を担う企業として、日本人が長い年月をかけて発展させてきた日本酒にも注目。これまでのワインビジネスで培ったノウハウと豊富な国際感覚を活かし、全国の優良蔵元と共に研究を重ね、日本の食に寄り添う上質で個性ある日本酒「Craft Sake」の開発に取り組んでいます。
​※「Craft Sake」は株式会社モトックスの登録商標です。

>>​モトックスの日本酒「Craft Sake」について 紹介ペー​ジ

 

​■ ​​​「​​龍勢」を掲げる藤井酒造が醸す、新たな味わい

​これまでも、様々なバリエーションを創り出してきた「Craft Sake」に、新たに加わった商品が「龍勢 BAILA 木桶醗酵 特別純米」。薬師如来に仕える十二神将の一神「波夷羅大将」がモチーフになっています。
波夷羅大将は十二支の龍の守護神であるとも言われており、「龍勢」を掲げる藤井酒造とのコラボレーションにより生まれた新しいお酒の名称として、今回龍に縁のある「BAILA」と名付けました。

 

​■ ​​​​大正期に藤井酒造で使われた「木桶」を使った酒造り

​藤井酒造では「原点回帰の酒造り」の一環として、大正期に使用した仕込み用木桶を組みなおし、新たな酒仕込みに使用しています。これは、自然と共存共栄で発展してきた日本文化を大切に後世に残し伝えようという藤井酒造の思いを込めた取り組みの一つです。

 

​大正期に使われていた3000Lの樽

(​​藤井酒造 大正期に使われていた3000Lの樽)

 

​「龍勢 BAILA 木桶醗酵 特別純米」も、その木桶で仕込まれました。3000Lの大樽で仕込まれた「BAILA」は、マニアックで「とがった酒」ですが、藤井酒造の特徴が際立つ1本です。

 

​■ ​​​​​栄えある歴史を守りながら、「原点回帰の酒」を探る「藤井酒造」

​江戸末期文久三年(1863年)創業。瀬戸内の海に面した風光明媚な広島県竹原の町中に所在しています。「第一回全国清酒鑑評会」から最優秀第一位を獲得して以来、食中酒であることを強調しつつ、新たな顧客層へもアプローチを行ってきました。

現在は海外11か国への輸出も行っており、インターナショナル・ワイン・チャレンジ、Kura Masterといった海外のコンクールでも多数の受賞歴を誇ります。

最近では「原点回帰の酒造り」に取り組み、生酛、旧蔵からの酵母採取、100年前の酵母菌復活など、藤井酒造「ならでは」の味わいを追求しています。

 

 

​​■ ​​商品の詳細

​​​​​龍勢 BAILA 木桶醗酵 特別純米

​​マシュマロやクリームのような優しくまろやかな味わいと心地よい高めの酸がバランスよく融合。木桶醗酵により味の深みが増していてふくよかさが感じられます。ジビエなどボリュームある肉料理とも相性抜群。

​​​​​​・原料米:広島県産八反錦 100%
​​​​​​・原料米製造年:2020年
​​​​​​・精米歩合:60%
​​​​​​・日本酒度:+4.6
​​​​​​・酸度:2.2
​​​​​​・アミノ酸度:1.4
​​​​​​・アルコール度数:16度
​​​​​​・酵母:きょうかい7号
​<1800ml> ​​希望小売価格:​3,600円(税別)
​<720ml> ​希望小売価格:​1,800円(税別)

​龍勢 BAILA 木桶醗酵 特別純米
  • Facebook シェア
  • Twitter ツイート