1. TOP
  2. お知らせ

モトックスからのお知らせ

​2人のマスター・オブ・ワインが手がけるオーストラリアのプレミアムワイン!ショウ・アンド・スミス「レンズウッド・ヴィンヤード ピノ・ノワール 2018」が新発売

リリース, 企業ニュース2021年8月5日mottox

​ショウ・アンド・スミス「レンズウッド・ヴィンヤード ピノ・ノワール 2018」

​生産者の「ショウ・アンド・スミス」は、マイケル・ヒル・スミスMWとデヴィッド・ルミアーMWの2人のマスター・オブ・ワインが在籍する、オーストラリアのアデレード・ヒルズでプレミアムワインを造る生産者です。
新発売の「レンズウッド・ヴィンヤード ピノ・ノワール 2018」は、ショウ・アンド・スミスの冷涼区画「レンズウッド」で造られるブドウを使用した単一畑のピノ・ノワールで、オーストラリア版グラン・クリュとも言えるハイクオリティワインです。

 

​​■ ​2人のマスター・オブ・ワインが在籍する「ショウ・アンド・スミス」

​ショウ・アンド・スミスは1989年、マイケル・ヒル・スミスMWと従弟で醸造家でもあるマーティン・ショウ氏が、標高が高く、冷涼なアデレード・ヒルズに設立しました。

 

(​左:マーティン・ショウ氏、右:マイケル・ヒル・スミス氏)

(​左:マーティン・ショウ氏、右:マイケル・ヒル・スミス氏)

 

​現在はマーケティング担当としてディヴィット・ルミアーMWも加わり、2名のマスター・オブ・ワインが才能豊かな醸造家チームと共にエキサイティングなプレミアムワインを生みだし、豪州屈指のプレミアムブランドとして世界のファイン・ワイン・ファンの心をとらえています。

 

​​■ ​​オーストラリア版グラン・クリュのクオリティ!「レンズウッド・ヴィンヤード ピノ・ノワール  2018」

​オーストラリアの南オーストラリア州。かつて「甘濃い」を売りにしていた豪州産ワインの中心にいたワイン産地が周りにある中で、アデレード・ヒルズは標高が高いことで気温が上がらず、完熟したワインは出来ないと揶揄される時代もありました。

​時代は変わり、ここ10年で世界のワイン業界は「クール・クライメイト」が取り沙汰されています。アデレード・ヒルズは、時代の流れでセンセーショナルな産地として注目を集めるようになりました。
その中でも一際、異彩を放っているのが「ショウ・アンド・スミス」です。冷涼な品種の代表格として挙げられるピノ・ノワールの中でも、ショウ・アンド・スミスが単一畑で作ったレンズウッド ピノ・ノワールはまさに豪州版のグラン・クリュと言えます。

 

 

​​■ ​​商品情報

※ボトル画像をクリックするとアイテム詳細画面が開きます。

​​レンズウッド・ヴィンヤード ピノ・ノワール 2018

​レンズウッド・ヴィンヤード ピノ・ノワール 2018

​​​​​限定の単一畑シリーズのピノ・ノワール。プラムのような綺麗な赤果実と美しい酸、スパイシーなニュアンスが広がります。エレガントでありながら、複雑味を持ったピノ・ノワールです。

​​​産地 : ​​​​​​オーストラリア アデレード・ヒルズG.I.
​​​味のタイプ : ​​​​​​赤 ミディアムボディ
希望小売価格 : ​​​​8,300円(税別)

  • Facebook シェア
  • Twitter ツイート