1. TOP
  2. お知らせ

モトックスからのお知らせ

ルカ・マローニ満点獲得!「レディガフィ」のトゥア・リータ醸造チームが手がけるトスカーナ沿岸部のカベルネ・フラン「ポッジョラーゾ 2018」が新発売

リリース, 企業ニュース2021年10月4日mottox

ルカ・マローニ満点獲得!「レディガフィ」のトゥア・リータ醸造チームが手がけるトスカーナ沿岸部のカベルネ・フラン「ポッジョラーゾ 2018」が新発売

生産者の「ポッジョ・アルジェンティエラ」は、トスカーナ沿岸部に位置するワイナリーです。新商品の「ポッジョラーゾ 2018」は、トスカーナ沿岸部で造られるカベルネ・フラン100%の赤ワインです。同社のワインは、「レディガフィ」を生み出すトスカーナの銘醸ワイナリー、「トゥア・リータ」の醸造チームが全て手がけています。

 

​■ ​ワイナリー「ポッジョ・アルジェンティエラ」

ポッジョ・アルジェンティエラは1997年からトスカーナ州マレンマで、フィレンツェで農学を学んだジャン・パオロ氏が始めたワイナリー。

2013年頃にトゥア・リータがこの蔵のポテンシャルに惚れ込み購入、造っていたブランドをそのまま引き継ぐことになりました。トゥア・リータの醸造チームを派遣し、2015年からは栽培から醸造までトゥア・リータが全て手掛けています。年々クオリティの工場が著しく、注目するべきワイナリーです。

 

​■ トスカーナ沿岸寄りの標高高きクリュ「バチネッロ」で生み出されるワイン「ポッジョラーゾ」

トスカーナ沿岸寄りの標高高きクリュ「バチネッロ」で生み出されるワイン「ポッジョラーゾ」

(バチネッロの畑)

標高300-350mの独特のテロワールから生まれ、スパイスのヒントに濃厚な赤果実のボディ。塩味のニュアンスもあり複雑なワインです。

ボルゲリよりも南にありますが、バチネッロの区画は周囲よりも標高が高く、20kmほど内陸にあります。海洋性気候と高標高という二つの要素が絡み合い、おおらかな果実味と骨格を形作る酸が融合しています。

マレンマの地でも優れたワインが生まれることを証明して見せた一本です。

 

 

​​■ ​​商品情報

※ボトル画像をクリックするとアイテム詳細画面が開きます。

​ポッジョラーゾ 2018

​​​​ポッジョラーゾ 2018

トスカーナの銘醸生産者「トゥア・リータ」が所有するワイナリー。標高300mの独特のテロワールから生まれ、スパイスのヒントに濃厚な赤果実のボディ。塩味のニュアンスもあり複雑。

​​産地 : ​​イタリア トスカーナ地方
​​​ブドウ品種 : ​​​ベルネ・フラン 100%
​味のタイプ : ​​赤 フルボディ
希望小売価格 : 6,000 円(税別)

  • Facebook シェア
  • Twitter ツイート