1. TOP
  2. お知らせ

モトックスからのお知らせ

シチーリアの畑を知り尽くしたグルフィが造る、シチーリア最初のD.O.C.G.ワイン「チェラスオーロ・ディ・ヴィットーリア 2019」新発売

リリース, 企業ニュース2021年10月12日mottox

シチーリアの畑を知り尽くしたグルフィが造る、シチーリア最初のD.O.C.G.ワイン「チェラスオーロ・ディ・ヴィットーリア 2019」新発売

 

新商品のグルフィ「チェラスオーロ・ディ・ヴィットーリア 2019」は、シチーリア州で最初に認定されたD.O.C.G.です。生産者のグルフィは、オーガニックなワイン造りにこだわる生産者で、ブドウ本来の生命力にあふれ、畑のテロワールが強く反映されたワインを造る、シチーリアを代表する造り手です。グルフィの造る「チェラスオーロ・ディ・ヴィットーリア 2019」は、リッチな果実味と溌剌とした酸味が特徴です。

>>​「アジィエンダ・アグリコーラ・グルフィ」ワイナリー紹介ページ

 

​■ ​シチーリアの畑を知り尽くすワイナリー「グルフィ」

グルフィは2000年設立のシチーリアを代表する造り手です。ブルゴーニュワインをこよなく愛するオーナーの故、ヴィト・カターニャ氏がシチーリアとブルゴーニュの土地が似ていることに気づき、ブルゴーニュのワイン造り、フランス的なクリュの概念が取り入れられました。

 グルフィ

ネロ・ダーヴォラのクリュ別ワインが象徴しているように、ブドウ本来の生命力が現れ、各畑のテロワールが強く反映されたワインが生まれます。

 

​■ ​グルフィの考える、「自然との調和」とは

現オーナーであるマッテオ・カターニャ氏は、「自然を尊重したオーガニックなワイン造りが私たちにとって最も健康的な飲み物なのです」と語ります。

グルフィの畑

「そもそも厳しい自然環境を持つシチーリアでは、余計は人為的介入せずとも、自然とブドウは収量を落とし(4000kg/ha)、自らを最も健康的な状態に保とうとします。したがって、自然を尊重するだけで必然的にオーガニックな栽培手法となるのです。
雨の少ないシチーリアでは根は水分を求め地中深くまで潜り、土中の様々なミネラルや養分をブドウに届け、シチーリアのテロワールを存分に表現したワインが出来上がります。

また、グルフィでは灌漑を行いません。これも伝統的な手法であり、私たちにとっては単純に古の手法に立ち戻っているに過ぎないのです。」
このこだわりによって、グルフィの生命力あふれる味わいのワインが生まれます。

 

​■ ​チェラスオーロ・ディ・ヴィットーリアについて

チェラスオーロ・ディ・ヴィットーリアはシチーリアで認定された最初のDOCGです。ネロ・ダーヴォラが50~70%、フラッパートが30~50%のブレンドで構成されるワインですが、桜色のような明るさを持ちフレッシュでチャーミングな味わいを持つフラッパートの特徴が反映されたワインです。

「チェリーの花」を意味するアブルッツォのロゼワインのチェラスオーロとは異なり、シチーリアのチェラスオーロは「ケラスケス」という赤い実に由来するといわれています。マグロを使用した料理とのペアリングがお勧めです。

 

 

​​■ ​​商品情報

※ボトル画像をクリックするとアイテム詳細画面が開きます。

チェラスオーロ・ディ・ヴィットーリア 2019

​​​​チェラスオーロ・ディ・ヴィットーリア 2019

ラズベリーやチェリーの甘い香りとスミレのフローラルなアロマ。リッチな果実味と溌剌とした酸。ワインに溶け込んだタンニンが心地よく、スタイリッシュなワイン。

​​産地 : チェラスオーロ・ディ・ヴィットーリアD.O.C.G.
​​​ブドウ品種 : ​​​ネロ・ダーヴォラ50%、フラッパート50%
​味のタイプ : ​​赤 ミディアム
希望小売価格 : 3,100 円(税別)

  • Facebook シェア
  • Twitter ツイート