1. TOP
  2. お知らせ

モトックスからのお知らせ

ボルドー作柄情報 2015年は ”Fantastic” なヴィンテージ

スタッフの独り言, 作柄情報2016年3月22日mottox

ワイン評論家James Suckling氏による、ボルドー2015ヴィンテージの所感が公表されています。

内容はネゴシアン、メディア向けに行われた事前のプリムール・テイスティングで100本ほどを試飲してのファースト・インプレッション、といったものになっています。

気になる2015年は期待のヴィンテージと言えそうです。

下記和訳をご覧ください。

 

 

 

●本文要約

これまで100本ほど飲んだ印象では、2015ヴィンテージは「Fantastic year」と表現できるリッチで豊か、よく熟した滑らかなタンニンを備えた赤最上の辛口白も肉厚でリッチ、果実味に富んで凝縮感があるがフレッシュさも備えている・・

偉大な赤の持つ質感。2010のような力強さ、がっちりしたタンニンはなく、2009のような華やかさがあるわけでもない。しかし2005や2000と比較できるヴィンテージと言えるブドウ生育期の多くが暖かく乾燥した気候に恵まれた開花は早く順調 6月、7月がとても暑く、7月についてはこれまでで最も暑いうちの1つであった多くの地域で干ばつも見られた 7月の終わりに降った雨でやや軽減されたものの、8月も暑さが続いた(断続的な雨も続いた) 9月の初めには涼しくなった 9月第2週の雨が最上のワインを造るシャトーにとっての決定要因となったようだメドックの北の方でより多くの降雨が見られた右岸においてはサン・テミリオンとポムロールが比較的乾燥していた 10月第1週の週末に激しい雨が記録されたが、収穫されず残っていた皮の厚いカベルネにとってはそれほど影響がなかったようだ結果的に9・10月に降った雨のおかげでワインはやや凝縮度を落とし(そうでなければ03年のようなヴィンテージになっていただろう)、リッチかつバランスの取れたものとなった。

 

 

 

「JAMES SUCKLING.COM」

https://www.jamessuckling.com/my-first-thoughts-on-2015-bordeaux.html

(2016/3/22アクセス)

  • Facebook シェア
  • Twitter ツイート