1. TOP
  2. お知らせ

モトックスからのお知らせ

南アフリカレポート ~フェアヴュー編~

ワイナリー訪問記/来日記2014年4月23日mottox

営業部の小島です。
南アフリカのレポート、続きをお送りします。

o_20140423_1_01

南アフリカにて3日目の朝を迎えた、「南アワイン大好きっ子」一行。この日向かったのは、ステレンボッシュの北部に位置するパールに本拠地を置く「フェアヴュー」。ようやく時差ボケも解消され、気持ちも新たに、フェアヴューへレッツゴー!

o_20140423_1_02

到着すると、真っ先に目に飛び込んで来たのが「山羊」。ラベルに山羊の絵が使われているんですが、ほんとにお出迎えしていただけるとは・・・・少し感激です。

o_20140423_1_03

山羊に続いて、南アフリカワイン業界で最も影響のある人物の一人として知られる「チャールズ・バック氏」のお出迎え・・・これまた感激です。パールの地でワイン造りに従事することになり、そこから急成長を遂げることになった、フェアヴュー。今ではパールの地で800hl(サッカーコートで1600面分)もの広大な敷地を所有しているそうです。

o_20140423_1_04

南アはまさに収穫の真っ最中。2014年のぶどうを食べさせていただきましたが、とっても甘くて、おいしかったです。

o_20140423_1_05

発酵中の「シュナンブラン」もテイスティングさせていただきました。甘味もすごく残っており、さらに発酵中なので、炭酸ガスも含まれており、すごくおいしかった・・・このまま商品にしても面白いのではとふっと思った隊員たちでした。

o_20140423_1_06

ブレンドの「ゴーツ・デ・ローム」も含め、単一品種の「フェアヴュー」シリーズの上級群゙単一畑″の「プリモ ピノタージュ」など、多数テイスティングさせていただきました。広大な土地を所有しており、「フェアヴュー」はすべて自社畑だとか。高品質ぶどうを安定的に、安価で入手できるのが、コスパの高いワインをうみ出す秘訣だそうです。

o_20140423_1_07

広大な敷地を歩き、たくさんテイスティングさせていただいた後は、お待ちかねのランチタイム。フェアヴューのワインとともにおいしくいただきました。

o_20140423_1_08

ランチにだしていただいた、このチーズやサラミ、生ハムもこちらで生産しているとか。山羊のチーズの生産者としては南アフリカ最大の造り手でもあります。こちらもとっても美味。ワインとサラミを楽しみながら、楽しいランチタイムの時間は過ぎていくのでした・・・。

  • Facebook シェア
  • Twitter ツイート