1. TOP
  2. お知らせ

モトックスからのお知らせ

いってきました♪『ドメーヌ・シャンタル・レミー』

ワイナリー訪問記/来日記2015年3月30日mottox

こんにちは。営業の堀です。
 
3月の上旬にブルゴーニュ地方へ行ってきました。
今回訪問したドメーヌの中でも、モレ・サン・ドニに屋敷を構える
ドメーヌ・シャンタル・レミーをご紹介したいと思います。

ドメーヌ・シャンタル・レミー

1820年に設立されて以来、家族経営を続けてきたレミー家。
モレ・サン・ドニの単独所有畑「クロ・ド・ラ・ロッシュ」や「シャンベルタン」などグラン・クリュの畑を所有している名家です。

現在ドメーヌを引き継ぐ女性オーナー、シャンタル氏。
写真を撮り忘れてしまいましたが綺麗なマダムで、昔の写真を見たらモデルのような
体形に美しい顔立ちで知性的な方でした。

20150325_1_01

今回、畑を案内してくれたのは彼女の息子さん。
まだ25歳程の若者ですが畑の事を熱心に教えてくださいました。

20150325_1_02

20150325_1_03

ドメーヌの屋敷の側面にある単独所有畑「クロ・デ・ロジエ」
なんと、2009年に初めてワインがリリースになるまで、レミー家の庭だった区画。
以前はバラが植えられていたそうですが、シャンタル氏によってそのポテンシャルが見いだされ、ワインがリリースされることになりました。

ここは、有名な「クロ・ド・タール」や「クロ・デ・ランブレイ」に囲まれた立地であり、「クロ・デ・ランブレイ」が買収された際に、地続きとなるこの「クロ・デ・ロジエ」も買い取りたいと申し出があったそうです。
勿論その申し出は断り、最近では更に野菜畑をブドウ畑に植え替え面積を増やしたそうです。

 

醸造所も見せてもらいました。

20150325_1_04

20150325_1_05

地下深く続く歴史的なセラー。
ここは1650年に造られ、1820年からシャンタル家が所有しています。
ワインは飲み頃になるまで、このセラーで保管され少しずつリリースされていきます。

20150325_1_06

そして、いよいよテイスティングです!

20150325_1_07

どのワインもきれいな熟成感やミネラルが感じられエレガントな造り。
どれもバランスよく纏まっています。
個人的には、特にシャンボール・ミュジニー ヴィエーユ・ヴィーニュ1999年や
シャンボール・ミュジニー1級畑の2004年、2002年、
そして、クロ・ド・ラ・ロッシュ2008年が素晴らしかったです。

20150325_1_08

その後、レミー家にてランチをごちそうになりました。
写真は鶏肉のパイ包み。シャンタルの旦那様の手作り料理です。
その他、自家製グジェールやパンナコッタをいただきどれも絶品。
20150325_1_09
レミー家の愛猫、ペトリュス君。
シャンタルが「私の恋人なの」と言っていました。

ご家族はとても優しい方々で、ワインもお料理も素晴らしく癒しのひとときでした。
皆様にも是非飲んでいただきたいプルゴーニュワインです。
今後入荷予定のワインもありますので、乞うご期待!
  • Facebook シェア
  • Twitter ツイート