1. TOP
  2. 企業情報
  3. 事業内容

事業内容

モトックスは酒類専門商社として世界各国の魅力あるワインや和酒(日本酒・焼酎・泡盛)、食品・飲料を日本全国に届けています。日本の食文化の発展に寄与すべく、商品やサービスが高品質であることを追求し、生産者やお客様の立場に立ち、常に変革を念頭に置いて行動します。

取り扱いアイテム

ワイン

世界各国の400以上の生産者が造り出す年間2,000種以上のワインを取扱い、酒類販売業免許を有する全国のお得意先に販売しています。モトックスが取り扱うワインは「Value & Quality」というコンセプトを掲げ、「コストパフォーマンスが高いこと」、「プレゼンテーションが良いこと」、「産地や品種の個性が表現されていること」の3点を基準に商品開発・選定を行っています。ワインには生産者の歴史や想い、産地の特性や文化が詰まっています。
モトックスはそれらを商品とともにお客様へ届け、さらなる日本の食文化の発展に取り組んでいます。

和酒

和食、中華、フレンチ、イタリアンなど、近年の日本の食は多彩で非常に洗練され、 世界でも類を見ない『高度な食文化』を築き上げつつあります。この、『日本の食文化の発展』というものを考える際、原点といえるのが、「和食」であり「日本酒」。
当社はワインだけでなく、今一度日本酒に注目し、全国優良蔵元と協力して、『日本の食』に合う魅力的な日本酒開発にも、取り組んでいます。

食品・飲料

日本の食文化の発展に向けて、近年食品やお酒以外の飲料を販売しています。
酒類販売で培ってきた仕入ルートや物流体制、企画力・営業力などを最大限に生かし、ワインや和酒とともに食品・飲料の分野でも豊かな社会の実現に貢献することを目指します。

取り扱いアイテム

小売店様向け、販促・売場提案

お店の立地や顧客層。売れ筋商品の特性などを把握し、店舗内レイアウトの変更や什器まで、消費者の方がワインを選びやすい売場提案をしています。また季節の各種イベントや旬の食材・料理などの様々な視点から販促企画を提案し、POPやプライスカードなどの作成支援も行っております。

料飲店様へのメニュー提案

お店の業態や料理の特徴等をお聞きし、お店に合ったアイテムを提案しています。年間2,000を超える輸入ワインから、ワインインポーターの経験を活かして蔵元と共同開発する日本酒まで、季節や食材、料理に合うメニューなどをスピーディに提案しています。

試飲会・セミナーの開催

商品仕入や情報収集の場として販売店様向けの試飲会を、東京・大阪をはじめ全国約30都市で定期的に開催。また海外の生産者を招いての試飲会やセミナーを催し、生産者のワイン造りに対する想いを直に感じて商品への理解を深めて頂いています。

Web受注システム

酒販店様向けのBtoB発注サイトです。定番商品やお得なキャンペーン対象商品の発注が可能で、新着ワインなどの情報提供は勿論、POPやプライスカードといった販促物のダウンロードや見積を作成できる機能など、発注機能だけでなく販売支援機能を備えたサービスです。

Wine-Linkの活用

販売店様向けの販売支援と消費者向けの情報提供を兼ね備えた、無料のスマートフォンアプリのサービスです(※)。販売店様にこのサービスを御利用頂くことで、消費者の方がより身近にワインや生産者の情報を楽しんで頂ける環境となることを目指したもので、各所より高い評価を受けております。
※ Wine-Linkの運営会社はM.O.T株式会社です。

海外事業

輸出事業

日本の文化である和酒を中心に海外へ輸出しています。歴史と伝統をもつ蔵元独自の魅力や、和酒ならではの愉しみ方なども商品とともに海外のお客様へお届けするため、「Craft Sake(R)」という独自の取り組みをしています。
※「Craft Sake(R)」は株式会社モトックスの登録商標です。

中国現地事業

食文化の発展に寄与すべく、中国での事業展開をしています。モトックスが「Value & Quality」というコンセプトで取り扱うワインを中国のお客様にもお届けし、中国の皆様がより豊かな食生活をお楽しみいただけるように取り組んでいます。

海外実績

海外実績 アイテム数
海外実績 生産者数

企業体制

対話型の情報システムを確立し、実践的なマーケティング戦略を立案しています。

生産者や海外・国内マーケットの情報とお客様の情報を基に、モトックスが“核”となって双方向コミュニケーションを実現しています。そのため仕入担当部門と営業担当部門が密にコミュニケーションを取り、互いの情報を交換することで企業の総合力の向上に努めるなど、お客様の期待を“満足”へとつなぐ体制を確立していきます。
このような体制の確立が、“Serviceable Company”への第一歩と考えています。

  • Facebook シェア
  • Twitter ツイート