1. TOP
  2. モトックスの取り組み
  3. 顧客志向

顧客志向

お得意先の販売へのサポート
知って欲しくて。届けたくて。

ワインや和酒の魅力を一人でも多くの方に知ってもらいたい、そんな想いを胸に当社からの販売だけではなく、お得意先の販売への幅広いサポートを行っています。

お得意先に最適なお酒を豊富な商品から提案。

モトックスでは世界各国、約350の生産者が造り出す年間1,800種以上のワインを取扱い、また全国各地の100を超える蔵元の和酒を仕入れて、幅広い商品ラインナップを構築しています。さらにお得意先の立地や顧客層、現在のトレンドなどを徹底的に分析した上で、当社が誇る豊富な商品の中からお得意先にとって本当に最適なワインや和酒を提案させていただきます。

ワインの楽しみをともにお届けするために。

モトックスは経営理念の中でも「個人の成長」を特に大切にしています。それは会社が、社員一人ひとりの幸せを想っていてくれるから。そんな会社で仕事ができるというのは、本当にありがたいことです 。「成長したい!」という想いを持つ社員のお役に立てるような人事でありたいと思っています。

独自のWebサービスやスマートフォンアプリを展開。

酒販店専用のWeb発注システム「Vinoforet」では、いつでも在庫やキャンペーン情報を確認し発注ができます。さらにPOPやプライスカード、見積書の作成などが可能です。業務の効率化が図れる点で、多くの酒販店から高い評価をいただいています。またお客様がいつでもワインの情報を検索できるスマートフォンアプリ「Wine-Link」も展開しています。プライスカードやメニューに「Wine-Link」へアクセスできる専用のコード(ブドウマーク)を載せることで、集客増や販売効率の向上を図るものです。

お客様相談室の設置
お客様満足度の向上を目指して。

品質に関するご相談から、飲み方についての疑問まで。取扱うすべてのワインを安心してお楽しみいただけるよう消費者の方に向けたお客様相談室を設置しています。

「一期一会」のお問い合わせに感謝して。

お得意先を通して商品を届けるモトックスでは、お客様の生の声をいただく機会があまりありません。そのためお客様相談室では、お得意先のご紹介依頼や品質についてのご相談などを貴重なご意見を伺える機会と感謝して日々ご対応させていただいています。

迅速な対応を心がけて。

モトックスでは独自の品質基準に基づく徹底した検品により、不良品が市場へ流入することを未然に防ぐ体制を構築しています。しかしボトルの個体差などにより、まれにお客様から商品について疑問の声をいただく場合があります。その際は、品質管理室と連携して迅速に疑問点の確認や状況把握を行い、問題が見つかった場合は然るべき対応や今後の改善に向けた取り組みなどを行います。

全てのお客様に、高い満足を。

お客様相談室ではお問い合わせいただいた内容からお客様のニーズを汲み取るべく活動しています。そのニーズを共有することで事業活動に反映し、お客様満足度をさらに高めるように努めています。またスタッフ全員の傾聴やコミュニケーションなどの対応スキルのさらなる向上にも取り組んでいます。

ワイン文化を育むために
知るほどに、好きになる。

ワインは違いがあるから難しいと言われます。しかしその違いがワインの魅力だと考えるからこそ、ワインを届けるだけでなくそのワインができた背景まで伝えることもモトックスのミッション。

産地の文化や造り手の想いも届けたくて。

ワインはブドウだけで造られる言わば「農作物」。その他の農作物と同じように産地により異なる気候や土壌に大きく影響されます。さらに同じ場所でできたブドウでも収穫される年、栽培や醸造の方法、造り手によっても味や香りが大きく変化します。モトックスはワインの魅力をさらに深く知っていただくために、ワインを単に商品として販売するのではなく、産地の文化や生産者の想いまで一緒に届けたいと考えています。

生産者とお客様をつなぐために

ワインの背景である産地の文化や生産者の想いなどをお客様へ届けるため、社員が現地に赴いています。また生産者を招いて社員に直接想いを伝えていただくことで、社員のワインに対する造詣を深めています。これらの情報はWebサイトや商品カタログ、日々の営業活動などを通してお客様に届けています。定期的に実施している生産者とお客様をつなぐ試飲会は、お客様が生産者と直に触れ合える熱気にあふれる場となっています。