1. TOP
  2. モトックスの取り組み
  3. 変革志向

変革志向

職場環境の整備
幸せが生まれる場所へ。

「Serviceable Company」を経営理念に掲げるモトックスは、その実現のために一人ひとりが能力・人格の両面で成長できる制度の構築に取り組んでいます。

個人の成長を応援するための仕組み。

モトックスでは業務に関わる勉強会や研修とは別に、能力・人格の両面で成長するための自己啓発を援助する制度を設けています。例えばワインの知識を深めるための書籍代、語学学校やワインスクールへ通うための入学科、各種資格試験の受験料…。こういった自己啓発の実現を後押しすべく、社員一人ひとりに対して毎年少額ですが支援を行っています。

教育・心のプロとともにつくる、活気ある職場。

業務でのパフォーマンス向上を目的に、様々な教育・心のプロの力を借りて職場環境を整えています。例えば臨床心理士による心理学ベースの講座を年に数回開催しています。また個人の悩みなども臨床心理士に気軽に相談できる窓口も設置し、社員が安心して力を発揮できる職場環境を整えています。

思い立ったアイデアを、直接経営陣へ。

より良い職場環境の構築や新しいビジネスの提案など、さまざまなアイデアを社歴に関わらず経営陣に届けられる「提案ポスト」という仕組みを導入しています。アイデアが採用された場合には、提案者自らが事業化へ向けて行動します。社員一人ひとりの気付きから生まれる新しいことへの挑戦こそが“社会から必要とされる社員と企業”になれる道と考えています。

積極的なIT活用
ITの力を、お酒にも。

社内の業務システムから、便利で楽しいスマートフォンアプリまで。酒類卸の老舗ながら経済産業省が主催する「中小企業IT経営力大賞2012」にて経済産業大臣賞を受賞するなどIT活用に積極的に取り組んでいます。

モトックスのITを支える、独自の業務システム。

モトックスのITを支える、独自の業務システム。ワインの発注から入荷までを詳細に把握できる「輸入管理システム」、幅広い商品の在庫状況が確認でき、お得意先のご要望にあった商品を迅速に出荷手配できる「販売管理システム」……。重要な業務システムのほとんどを既製パッケージ製品ではなく独自開発とし、その後の事業変化に合わせて機能を向上することで、お客様サービスの向上を図っています。

ワインが生まれた背景まで、データで共有。

1本のワインを造る生産者の情報を共有・管理できるのが「生産者データベース」です。このシステムでは、ブドウが栽培されている環境や醸造方法から生産者の想いや人となりまで、実に100以上の項目に分けて生産者情報をデータ化しています。ワインをもっと身近に感じていただくために「ワインとともに、そのワインが育まれた文化や生産者の想いまで届けたい」。そんなこだわりが生み出したシステムです。

システム活用で、お得意先サービスの向上を。

市場のニーズに合ったお酒を迅速かつ適切に把握するため商品ごとに出荷データを管理しています。社員の誰もがこのデータを閲覧し分析することが可能です。営業活動や仕入れのための裏付けとして大いに役立てています。またWeb発注システム「Vinoforet」は皆様からいただいたご要望を取り入れて常に進化しており、「便利」、「これがないと仕事にならない」とのお声をいただくなど、お得意先の約半数にご利用いただいています。まだご利用いただいていないお得意先の皆様、是非一度Vinoforetをご利用ください。 ※「Vinoforet(R)」は株式会社モトックスの登録商標です。