大阪営業部 関西業務チーム 谷口 明生

大阪営業部 関西業務チーム 谷口 明生

業界にムーブメントを
起こすこと、
自社オリジナルの日本酒を
世界販売するのが夢。

大阪営業部 関西業務チーム
2013年入社

谷口 明生Akio Taniguchi

キャリアデザイン学部 キャリアデザイン学科 卒

プロフィール

2013年
新卒で入社後、大阪営業部 関西業務チームへ配属となり、奈良・滋賀エリアの担当として、小売店・業務用酒販店を担当。
1年目にして日本酒のプロモーションのためグアム出張へ。
2015年
京都エリアの担当へ。
現在は京都のホテルやイタリアンレストランを中心に営業。
2017年
仕事と並行して「J.S.A.SAKE DIPLOMA」の資格を取得。
2018年
和酒ユニットの初代メンバーに抜擢される。
社員向けの日本酒講座の講師としても活躍中。

(取材内容は2017年当時のものです)

谷口 明生の一日の仕事の流れ

  • AM 8:50

    出社後、グループミーティング

  • AM 9:00

    モトックスがイタリアから輸入するコーヒー豆『マルカフェ』のエスプレッソでちょっと一息。メールチェックなど事務仕事に取り掛かる

  • PM 13:00

    社用車で京都へ。ホテルやレストランを訪問し商談

  • PM 17:00

    オフィスへ帰社

  • PM 19:00

    翌日の準備をして退社。帰りにジムで筋トレする日も。目指せムキムキ♪

  • PM 23:00

    就寝。おやすみなさい!

モトックスに入社を決めた理由

子供の頃から大学までずっと空手を続けており、その影響で日本の伝統文化に興味を持っていました。いつしか日本文化を世界に伝えたい、なかでも大好きな日本酒を世界に届けたいと考えるようになり、就職活動でもグローバルに活躍できる企業を探すように。そんな時、ちょうど当社と出会い、日本酒の輸出を始めたことを知ったのが入社のきっかけです。

ちなみに私が1年目からグアム出張のチャンスをもらえたのは、日本酒×空手→NINJYAというプロモーションに抜擢されたから。とても良い経験をさせていただきました。

モトックスに入社を決めた理由

あなたにとってワインとは?
モトックスとは?

ワインとは1本1本に
造り手の想いが込められた
人生そのもの。

天候や土壌、人の想いによって味わいが変化するんですから、ワインってほんとに人間味あふれるお酒だと思います。そして、私にとってのモトックスは挑戦を支えてくれる場所。これに尽きます。

あなたにとってワインとは?モトックスとは?

仕事のやりがい

私は京都や滋賀のレストラン、ホテルを訪問し、商品提案を行う営業をしています。ワインや日本酒は嗜好品なので、自分が好きだと思えるものを前向きな気持ちでセールスできるのが魅力。売るというよりも、おいしいと思う商品をお勧めすると言った方がいいかもしれません。

現在、開拓に力を注いでいるターゲットはホテル業界ですが、京都という敷居の高さも相まって結構苦戦していたんです。ところが最近、とある高級ホテルでグラスワインが採用に!ボトルワインと違って、グラスワインは特に各店のソムリエが力を入れていることが多いので、この採用は本当に嬉しかったです。

My Favorite Item!わたしのイチオシ

伊乎乃(いおの)純米吟醸

伊乎乃(いおの)純米吟醸

入社2年目の時に日本酒のプロジェクトで初めて商品開発に携わったのが『伊乎乃』です。料理の邪魔をせず、むしろ味を引き立てる食中酒としての味わいにこだわりました。和食はもちろん、フランス料理との相性もいいので、みなさんにもぜひ試していただきたいですね。

休日の過ごし方

普段の休日はゴルフ…ですが、つい最近、休暇をとってフランスのボルドーで行われる「メドックマラソン」に参加。仮装ランナーがシャトーを巡ってワインを飲みつつ、フルマラソンを走り切るという意外とハードなレースです(笑)。私は途中で足を負傷しましたが、なんとか完走することができました!

学生へのメッセージ

今しかできない新卒の就活を思いきり楽しんで下さい!
社会人のスタートを飾る会社選びは大切ですが、自分が楽しいと思える就活ができれば、後悔のない社会人生活が送れると思います。内定がゴールではなく、社会人としての40年間をいかに楽しめるかが重要。心がときめく企業に、ありのままの自分でぶつかってみてください。
そんな会社(私にとってはそれがモトックスでした!)に入れば、きっと楽しく仕事ができると思います。

Interview 先輩紹介

ページの先頭へ