モトックス ワールドワイン フェスティバル

モトックスワールドワインフェスティバル

2018年レポート 試飲会の会場の様子をご紹介致します

  • 最後はフェスティバルへのアンケート協力くださった皆様にささやかなお土産をお持ち帰りいただきました。
    最後はフェスティバルへのアンケート協力くださった皆様にささやかなお土産をお持ち帰りいただきました。
  • ワイン×料理研究家の大橋みちこさん。『ワインtoおつまみ』シリーズを紹介してくださいました。
    ワイン×料理研究家の大橋みちこさん。『ワインtoおつまみ』シリーズを紹介してくださいました。
  • 左:「純米吟醸を洋食に合わせては?」と高の井酒造(新潟)渡辺氏 右:極旨口や、熟成古酒などトリッキーな酒を丁寧に説明する金紋秋田酒造の当主、佐々木氏
    左:「純米吟醸を洋食に合わせては?」と高の井酒造(新潟)渡辺氏 右:極旨口や、熟成古酒などトリッキーな酒を丁寧に説明する金紋秋田酒造の当主、佐々木氏
  • モトックスが取扱う日本酒も出品。蔵の方が応援に駆けつけてくださいました。左:後藤酒造店(山形) 右:熊屋酒造(岡山)当主庵谷氏
    モトックスが取扱う日本酒も出品。蔵の方が応援に駆けつけてくださいました。左:後藤酒造店(山形) 右:熊屋酒造(岡山)当主庵谷氏
  • 大阪会場、東京会場とも定員いっぱいまでご来場いただけました。誠にありがとうございました。
    大阪会場、東京会場とも定員いっぱいまでご来場いただけました。誠にありがとうございました。
  • 日本ではシェアの低いロゼワインですが、「写真撮っても良いですか?」「かわいい~」とブースでお客様の目を引く事が出来て大好評でした!
    日本ではシェアの低いロゼワインですが、「写真撮っても良いですか?」「かわいい~」とブースでお客様の目を引く事が出来て大好評でした!
  • 左:日本語を覚えてコミュニケーションしてくれたスペインのフアンホ・ピニョル氏 右:「こんなにも真剣にテイスティングする人がいてうれしい。今まで参加した世界の試飲会の中でもっともよかった」とエルギン・リッジ(南ア)ブライアン氏。
    左:日本語を覚えてコミュニケーションしてくれたスペインのフアンホ・ピニョル氏 右:「こんなにも真剣にテイスティングする人がいてうれしい。今まで参加した世界の試飲会の中でもっともよかった」とエルギン・リッジ(南ア)ブライアン氏。
  • エージェントの田村菜穂子氏が担当した東欧ブースは「楽しみにしていました」「会場にはいって一番にこのブースに来ました」と仰るお客様で大変盛り上がりました。
    エージェントの田村菜穂子氏が担当した東欧ブースは「楽しみにしていました」「会場にはいって一番にこのブースに来ました」と仰るお客様で大変盛り上がりました。
  • 左:「もう甘口ではない、ドイツのリースリングは辛口」とゾンマーハウゼンのシュタイマン氏。 右:無灌漑の古木リースリングを醸すフォレスト・ヒル(豪)のガイ・ライオン氏。
    左:「もう甘口ではない、ドイツのリースリングは辛口」とゾンマーハウゼンのシュタイマン氏。 右:無灌漑の古木リースリングを醸すフォレスト・ヒル(豪)のガイ・ライオン氏。
  • いま、ワイン業界で最も注目を集めているジョージア。シャラウリのギガ・マカラウズ氏がそのミステリアスなオレンジワインを解説。
    いま、ワイン業界で最も注目を集めているジョージア。シャラウリのギガ・マカラウズ氏がそのミステリアスなオレンジワインを解説。
  • ご来場くださったお客様は思い思いのワインにグラスを傾けていらっしゃいました。ワイン輸入元として本当に幸せな光景でした。
    ご来場くださったお客様は思い思いのワインにグラスを傾けていらっしゃいました。ワイン輸入元として本当に幸せな光景でした。
  • 左:山梨県の勝沼醸造から有賀淳氏。4地区の甲州ワインは「同じ甲州なのに、味が全く違う」と驚きを与えていました。 右:質の高いワイングッズのみ取り揃える日本クリエイティブの清水氏。
    左:山梨県の勝沼醸造から有賀淳氏。4地区の甲州ワインは「同じ甲州なのに、味が全く違う」と驚きを与えていました。 右:質の高いワイングッズのみ取り揃える日本クリエイティブの清水氏。
  • ブルゴーニュのコーナーには生産者の来日はありませんでしたが、熱心なピノファンの皆様で終始盛況。チリのオリーブオイルも人気でした。
    ブルゴーニュのコーナーには生産者の来日はありませんでしたが、熱心なピノファンの皆様で終始盛況。チリのオリーブオイルも人気でした。
  • モトックスが正規輸入元になったサンペレグリノとアクアパンナ。
    モトックスが正規輸入元になったサンペレグリノとアクアパンナ。
  • イタリアに常駐し、名だたる有名ワイナリーをモトックスはじめ日本に紹介してくれる敏腕エージェント。生きたイタリアワインの情報に聞き入るお客様も。左:林達史氏 右:川頭義之氏。
    イタリアに常駐し、名だたる有名ワイナリーをモトックスはじめ日本に紹介してくれる敏腕エージェント。生きたイタリアワインの情報に聞き入るお客様も。左:林達史氏 右:川頭義之氏。
  • 左:「南イタリアらしい果実風味豊かな味わいが高評でした」とサン・マルツァーノのアレックス・エンドリッツィ氏 。右:カヴァのファンを虜にしたアルティーガ・フステル(スペイン)ベン・ダービシャー氏(右)
    左:「南イタリアらしい果実風味豊かな味わいが高評でした」とサン・マルツァーノのアレックス・エンドリッツィ氏 。右:カヴァのファンを虜にしたアルティーガ・フステル(スペイン)ベン・ダービシャー氏(右)
  • ドメーヌ・ド・フェラン(南仏ローヌ地方)の フィリップ・ブラヴェイ氏 。「オーク樽は一切使わない。ワインはセラーではなく、畑でつくるものだ」と語ってくれました。
    ドメーヌ・ド・フェラン(南仏ローヌ地方)の フィリップ・ブラヴェイ氏 。「オーク樽は一切使わない。ワインはセラーではなく、畑でつくるものだ」と語ってくれました。
  • ブルゴーニュ(仏)でスパークリングを醸すルイ・ピカメロ。8種類のラインナップを全てを試してくれたお客様にとても喜んでいました。
    ブルゴーニュ(仏)でスパークリングを醸すルイ・ピカメロ。8種類のラインナップを全てを試してくれたお客様にとても喜んでいました。
  • ボルドー(仏)から2生産者。左:「ボルドーの熟成美」を見事に見せてくれたレ・ドメーヌCGR。右:お客様からの質問に丁寧に答えるCHラモット・ヴァンサン オーナー醸造家のファビアン氏。
    ボルドー(仏)から2生産者。左:「ボルドーの熟成美」を見事に見せてくれたレ・ドメーヌCGR。右:お客様からの質問に丁寧に答えるCHラモット・ヴァンサン オーナー醸造家のファビアン氏。
  • グラスはソムリエコンクールでも使用される『オープンナップ プロ テイスティング』をご用意。
    グラスはソムリエコンクールでも使用される『オープンナップ プロ テイスティング』をご用意。
  • 受付でリストバンドとパンフレットをお渡ししました。
    受付でリストバンドとパンフレットをお渡ししました。
  • お客様に入っていただくスタート時の様子です。
    お客様に入っていただくスタート時の様子です。
  • お客様受付前のミーティング風景。午前~夕方まではプロ向け試飲会、夜に一般の方向けのフェスティバル。段取りを最終チェックしました。
    お客様受付前のミーティング風景。午前~夕方まではプロ向け試飲会、夜に一般の方向けのフェスティバル。段取りを最終チェックしました。
  • ワインの抜栓とチェック。ワインの数が多いのでスタッフ総出で作業します。
    ワインの抜栓とチェック。ワインの数が多いのでスタッフ総出で作業します。
  • 東京会場『TKPガーデンシティ品川』の様子。
    東京会場『TKPガーデンシティ品川』の様子。
  • 会場に搬入された荷物を各ブースに分けて準備が進んでいきます。
    会場に搬入された荷物を各ブースに分けて準備が進んでいきます。
  • トラックからおろしたワインや備品を会場に運び込まれていく様子です。
    トラックからおろしたワインや備品を会場に運び込まれていく様子です。
  • 早朝、10tトラックが会場に到着。準備をはじめました。
    早朝、10tトラックが会場に到着。準備をはじめました。