1. Home
  2. Column
  3. 21年目の『台風コロッケ』。ワイン飲みながら振り返る
スタッフのつぶやき

21年目の『台風コロッケ』。ワイン飲みながら振り返る

21年目の『台風コロッケ』。ワイン飲みながら振り返る

SNSをザワつかせる台風コロッケの起源と、これまでの歩みを4年越しに書き上げた記事です。コロッケとスパークリングワインの相性も\^Å^/

台風コロッケがSNSをザワつかせる

「台風がくると、総菜売り場でコロッケが売れる」。私がネットサーフィンでそんなトピックを知ったのは2018年のこと。ワインの仕事をしているもので、当時は「なにか企画として使えるようなネタはないかなー」とモニターを眺めていたのです。そのときたまたま見つけた『台風コロッケ』が面白そうだと思って「台風の時は、おうちでコロッケとワインを合わせて楽しんでもらえたら」みたいなノリで、一つの企画を立ち上げました。スーパーマーケットのお酒売り場で、平時は『コロッケに合うワイン』、台風がきたら『台風コロッケ×ワイン』のB面に切り替えられるという内容に仕上げて社内で提案してみることにしました。

企画発表の後、社内での評判は上々。数週間のうちに、いよいよ台風がやってきました。私の住む東京地方を通過するのは夕方~夜。最寄りのスーパーで買ってきたコロッケ、スパークリングワインの準備を整えて自宅で楽しくやり過ごすつもりでした。しかし、、、記憶にある方も多いと思いますが、2018年の台風21号は洒落にならない規模でした。日本中はもとより私の勤める会社の本社や倉庫(どちらも大阪)と、身近なところにも被害があり、社会は一気に台風だ、コロッケだと言っていられない風潮になってしまいました。そのような経緯で私は発表直後のこの肝いり企画をそっと封印することにしました。

今こそ、台風コロッケでおうち時間を

あれから4年。『おうち時間』が大切になった昨今、自宅で惣菜とお酒を楽しむ機会が増えました。天気の悪い、とくに台風の日は外出せず、コロッケとワインを自宅で楽しむというのも悪くないかもしれません。そう考えて私は、2018年当時に調べた資料を引っ張りだしてきました。改めてWEBページにしてみようと思います。

台風コロッケの起源

すべてのはじまりは、2001年8月21日です。 当時の2ちゃんねる(現在は5ちゃんねる)の「上陸秒読み実況スレッド」にこんな投稿が書き込みされました。

念のため、コロッケを16個買ってきました。もう3個食べてしまいました。

「台風の日に外に買い物に行きたくない」というネットユーザーから共感を呼び、以来ネット住民から「台風の日は自宅でコロッケ=台風コロッケ」と呼ばれるようになりました。今読み返してみると、16個も買ったの?もう3つ食べちゃったの?みたいな、ほのぼのしたかんじで台風の緊張感を和ませてくれるようなテキストだと感じます。長いこと語り継がれる理由はそこにもあるのではないかと。2017年には大手のスーパーマーケットの『イオン』が台風接近時にキャンペーンを打ち出したところ、惣菜売場で通常の1.5倍のコロッケが売れる珍事に発展。再度注目を集めました。そして20年以上経過した2022現在でもSNSをザワつかせます。台風コロッケは依然、強い勢力を保ったままのようです!

グラフで見る台風コロッケ

これは2017年10月30日の天気図イメージ。
ちょうど台風が日本列島近くを通り過ぎて北海道付近で温帯低気圧になったところです。このときツイッターで「コロッケ」がどのような反応をしていたかというと、このようになっていました。



『コロッケ』のツイート数グラフ

台風の通過とともに一気にピークを迎えています。当時は2022年現在よりツイッターのユーザーが少なく、「台風=コロッケ」の認知も今ほど高くなかったはず。私の記憶ではレシピサイトや企業がツイッターを活用していた例も今ほど多くなかったので、台風に関係のないコロッケの投稿はあまりなかったと記憶しています。だからネット民の純粋なコロッケ愛がグラフに表れているはずです。

次は「台風コロッケ」が勢力を増していると思われる2022年現在。台風4号が、翌日から本州に台風が近づいてくるという7月4日のグラフ。



『台風コロッケ』のツイート数グラフ

台風接近のニュースとともにツイートが上昇。やはりSNSをじんわりとザワつかせていますね。「台風コロッケ」の認知が今なお高まって成長し続けていることは感慨深いです。あとはこのリアル台風が、何も被害をもたらさないとよいのですが。

コロッケとお酒を楽しむには炭酸入りがおすすめです

2018年に作った企画を4年が経過したいま、こうしてコンテンツに揚げなおしているわけですが、せっかくなので「コロッケにはスパークリングワインが合うよ」ということもどうか知っていってもらえたなら幸いです。(それが私の本職なもので!)

食べ物とお酒のペアを考えるとき、公式みたいなものがいくつかあります。そのうち2つが、

「油を使う料理にアルコール感のある飲み物」

「食材の旨味を引き立ているのに炭酸」

というもの。みんな大好きな唐揚げにビールやハイボールのような炭酸系のお酒が合うのは、ちゃんと理論的に裏付けされています。唐揚げもコロッケもおなじ揚げ物ですから、もしもワインを一緒に楽しむなら炭酸系のスパークリングワインを合わせればOKです。

コロッケにおすすめ!な、スパークリングワイン

2018年に企画を作ったときに、6名(当時、そのうち4名がソムリエ)で検証したコロッケに合うスパークリングワイン3本をご紹介させていただきます。

ポテトコロッケ、ビーフコロッケ、カボチャコロッケなど、いろんなバリエーションのあるコロッケですが、この『バルディビエソ ブリュット』ならどれにも合います。コロッケのための一本!と言っていいほど。味わいは辛口で、チリの太陽を浴びて造られたブドウの果実感がコロッケの旨味とぴたり。チリのみなさん、ありがとう!きっと台風一過の青空に叫びたくなるはず。

コロッケの食べ方はソースかけて食べる派が圧倒的に多いと思うのですが、そんなソースラバーが選ぶべきは『サンテロ ピノ シャルドネ スプマンテ』。果実が豊かな辛口タイプ。チリのバルディビエソに比べるとややドライで、これがソースの甘味と相性バツグン。きっとイタリアのみなさんがこの事実を知ったら日本のソースをうらやむに違いありません!

最後に少し変わりダネ。クリームコロッケを甘さのある赤のスパークリングワインと合わせる意外な発見。ワインの甘味がクリームの濃厚な旨味と合うんです。炭酸の効果で味が重たくなりすぎず、自宅にいながらレストランのような組み合わせを楽しむことができますよ。おすすめは『サンテロ 天使のロッソ』です。

台風がきているときは、情報が大切です

大きかれ小さかれ、台風は少なからず何かしらの被害や心配ごとを人々にもたらします。そして被害を忘れかけたときに発達した大型の台風がやってきます。ワインとコロッケでやり過ごせそうな台風のときと、そうでないときがありますので、日頃から気象情報に注意しておくことが大切だと思います。「#台風コロッケ楽しんでたら台風すぎちゃってたな」とツイートできるくらいが一番だな、と願いながら締めくくりたいと思います。

福岡管区気象台『台風への備え』

一覧に戻る