1. Home
  2. Column
  3. 【2024年6月】バイヤーおすすめワイン
レポート

【2024年6月】バイヤーおすすめワイン

【2024年6月】バイヤーおすすめワイン

ワインの仕入れに欠かせない『バイヤー』。モトックスでは各国・地域ごとの担当バイヤーが日々美味しいワインを選び、仕入れています。
今月テイスティングした中で、バイヤーが「これ、いいな!」と思ったものをコメント付きでご紹介します。

ボルドー担当バイヤーおすすめ【シャトー・ド・フォントニーユ 白 】

お手頃なのに、ボルドー格付けが造る一流白ワインを差し置いて高評価を獲得!
フランスで最も権威のある評価誌の一つ、ギドアシェトで高い評価を獲得したフォントニーユ。

ボルドーは赤ワインで有名な産地ですが、そんな中でもボルドーの白ワインとして最高峰とも称されるワインがいくつかあります。

その一つが1級シャトー、オー・ブリオンが造る白。こちらは生産量がとても限られており、モトックスでも年間20本程度仕入れることができれば多いほう。(しかも1本20万円くらいします)

もう一つが、甘口ワイン最高のシャトー・ディケムが造る辛口白ワイン、イグレックもボルドー最高峰と称されています。
こちらも生産量に限りがあるワインです。

そのいずれのワインよりも高い評価を獲得したのが、今回ご紹介するフォントニーユ白。
あまり派手な売り文句もないワイナリーですが、若い状態でも美味しいと思ってもらえるようなスタイルをイメージし、様々な醸造テクニックを駆使したワイナリーです。

その一つが、醸造の過程で生まれるワインの澱とワインを長めに接触させることでより深みと旨味のある味わいに仕上げる、という手法。
確かに、非常に奥深い味わいがこの白ワインからも感じることができます。ぜひ一度お試しください!

イタリア担当バイヤーおすすめ【ロータリ ブリュット フラーヴィオ リゼルヴァ】

ロータリは、北イタリア トレントの地で、メトド・クラッシコ(シャンパーニュ方式)のスパークリングワインを生産するワイナリー。

「フラーヴィオ」とは、この地を統治したロータリ王がかつて授かった高貴な称号のことで、ロータリのスタイルを表現した最もプレスティージュなキュヴェです。
標高や斜面によって厳選された畑のブドウのみを使用しています。

こちのワインはガンベロ・ロッソ最高評価トレビッキエーリを10年連続受賞しており、最高峰のクオリティは世界にも認められています。

最低60カ月という長期の瓶内熟成を経たスパークリングワインは、黄金色に輝いており、熟したリンゴや柑橘類、ナッツなどのリッチなアロマがあり、どこまでも深いコクと端正な泡立ちは、見事の一言です。

南アフリカ担当バイヤーおすすめ【カラ・タラ シャルドネ】

南アフリカ、ステレンボッシュの銘醸ワイナリー「スターク・コンデ」が冷涼産地のブルゴーニュ品種で造るブランド「カラ・タラ」
今月からシャルドネが新たにリリースされます。

世界で権威のあるジャンシス・ロビンソンMWより「シャブリを愛飲する人におすすめしたい」と言わしめた、白ワイン。

エルギン、オーバーバーグ、ステレンボッシュと冷涼気候で育ったシャルドネを樽醗酵・熟成させています。

フレッシュで綺麗な酸に塩味を感じるミネラルが加わり、シャープな印象があり、まさにシャブリを彷彿とさせる1本です。白身の刺身や出汁を使った和食にもおすすめです。

Craft sake おすすめ

「Craft Sake」とは、Value&Qualityを理念に掲げるワインインポーター「モトックス」が、ワインビジネスのノウハウと豊富な国際感覚を活かして、想いを同じくする蔵元と協力して開発したお酒。ワインのように世界で愛される日本酒をめざしています。

関連リンク:「Craft Sake(クラフトサケ)」特設サイト

原田弦月 無濾過純米吟醸 原酒


フルーティーさにますます磨きがかかった「原田弦月 無濾過 純米吟醸 原酒」。

熟れた洋ナシのようなフルーティーな香り。エレガントな甘さと滑らかな酸味のバランスが心地良いです。
アフターのほろ苦さと旨味で飲みごたえもあり、夏は冷酒もおすすめです。

ほんのり感じる甘さは甘味のあるソースとの相性が良く、フライドポテトとスイートチリソースなど気軽なペアリングも愉しめます。
【ワイングラスでおいしい日本酒アワード 2024 金賞受賞】

原田清流 Smooth & Light 純米吟醸


アルコール度数が少し低めの15度。夏にも飲みやすいSmooth&Lightな純米吟醸酒です。

香り華やか、旨味もありながら絶妙な軽やかさ。爽やかなお酒ですので爽やかな料理と好相性です。クリームチーズを使った軽めのおつまみなどとカジュアルにお愉しみ下さい。
【Kura Master 2023 金賞受賞】

一覧に戻る