1. Home
  2. Column
  3. トレンド最先端!世界中で楽しまれているロゼワイン
ワインと暮らす

トレンド最先端!世界中で楽しまれているロゼワイン

トレンド最先端!世界中で楽しまれているロゼワイン

日本では春の風物詩として定着しているロゼワインですが、 フランスをはじめ海外では、ロゼワインは【暑い季節の定番】として飲まれており、フランスでは、赤ワインの次にロゼワインの消費量が多いです。

また、ロゼワインというと甘口で女性向きのイメージを持つ方も少なくありませんが、今人気のフランス・プロバンス地方のロゼをはじめ辛口が主流です。ロゼワインの魅力と人気の秘密をまとめてご紹介します!

REPORT!トレンド最先端!世界中で楽しまれるロゼ

世界各国では、10年以上もロゼワインの消費が上がっており、フランスをはじめ、ヨーロッパ諸国を中心にロゼを飲むのはトレンド。 世界中で愛されているロゼワイン。生産国によって品種も楽しみ方もそれぞれ!今回は、ロゼの本場フランスを始め、実際に世界中の人々がどのようにロゼワインを飲んでいるか、現地レポートを混ぜて、ロゼワインの魅力をご紹介いたします。

世界一のワイン大国フランスでは?

世界の約1/3のロゼワインを生産するフランスでは、 ロゼの消費量が2002年以降急増、なんと白ワインを追い抜いたそう!! 消費増加に伴い、輸出入も近年増加しており、国内のロゼが足りない事態も…!?ロゼの世界的急成長を支えているのは20~30代前半の若い世代。しかし、他国と比べて決定的に異なるのが“消費世代の幅広さ”!フランスでは若い世代だけでなく、 老若男女問わず、幅広い世代でロゼに親しみが持たれています。 生産においても、消費においても世界一のロゼ大国と言えるでしょう。

アメリカなどその他の国のロゼ事情

フランスと双璧をなすロゼ消費大国アメリカ。 (なんとこの2か国で世界の半数のロゼが消費されています!)20~30代の女性たちの間で人気に火が付き、青空の下ロゼワインと音楽を楽しむピクニックイベントや、 クルージングパーティーなど各地で大規模なイベントが!もちろんドレスコードはピンク!ハイエンドなブランドやファッション誌も注目し、ロゼマーケットはファッショナブルに盛り上がっています。

日本でもソムリエを中心に人気急上昇中!

一方、日本では、1980年代に甘口~やや甘口のロゼが流行しました。
その後、辛口志向となった日本の市場で「ロゼ=甘口」のイメージは 根強く残り、その可愛らしいルックスからも「女性の飲み物」「初心者のワイン」などといった誤解を受け、敬遠されがちでした。しかし、最近では海外での大ブームの影響や、実は生産の殆どが辛口であることなどが、徐々にソムリエなどワインに精通する方々の間でも広まってゆき、注目が高まっています。実はワインに詳しい人ほどロゼ好きの方が多い傾向も!

また、辛口のロゼは和洋中ジャンルを問わず食事との相性が抜群!今やペアリングの新定番!トップレストランでは必ずと言っていいほどオンリストされています。今までの日本では桜の咲く“春”に注目されがちでしたが、フランスで定番の“夏にキリッと冷やしたロゼを爽やかに楽しむ”シーンも広まってきています。四季折々のあらゆる食材や、様々な国の食文化を柔軟に取り入れる日本はまさに「美食の国」!そんな豊かな食生活を彩るものとしてロゼは今、大変注目されています!



出典元:OIV Focus2015-The rose wine market- /プロヴァンスワイン委員会報告 /パリ産業情報センター報告

流行りのロゼを気軽に始めてみよう!オススメリスト

Provence
フランス三大ロゼの一つ プロヴァンス・ロゼ
南仏のニースやカンヌでは ヴァカンスに訪れる人々が カフェのテラスでキンキン に冷えたロゼを楽しみます!
フランスでは 夏の定番として 飲まれている ロゼワイン。

Italy
アペリティーヴォに最適な 北イタリアのロゼスプマンテ
アペリティーヴォ に最適! カジュアルに 楽しむ辛口ロゼ。 生ハムや グリッシーニと。
現地では夕食前や仕事帰り にバールで待ち合わせて、 スプマンテで乾杯します。

Italy
南イタリア・シチリア島の
地ブドウで造るロゼ
海外セレブ御用達! リゾート地シチリア島。 ビーチでは 冷えたロゼで乾杯!
ロゼワインは、地元の名産 エビやトマトを使った 地中海料理との相性抜群!

Chile
イチゴのような チャーミングなロゼ
新鮮なシーフードが豊富なチリ。冷えたロゼスパークリング がオイスターや ウニに合う!
現地での休日レジャーの定番はBBQ! 爽やかなロゼワインでパーティー気分も盛り上がります。

一覧に戻る