1. Home
  2. Column
  3. 「ラムにあうワイン」
料理に合わせる

「ラムにあうワイン」

「ラムにあうワイン」

4月22、23日に豪州食肉家畜生産者事業団(Meat and Livestock Australia)の
全面協力のもと、赤ワインを対象とした「ラムワインコンテスト 2019」が開催されました。

「ラムワインコンテスト」とは?

ラムを提供している飲食店の「ソムリエ」、「料理人」のほか、ラムに精通しているスペシャリストによって選ばれた「美味しくラムを食べるためのペアリングに最適なワイン」を選ぶコンテストです。

今回のコンテストには海外産ワイン、国産ワイン含め、51社 から 200 本のワインのエントリーがあり、審査の結果 「グランドラムワイン賞」 の30アイテムをはじめ、延べ59アイテムが受賞しました。 

---- 引用 ラムワインコンテスト2019パーフェクトガイド

「ラムにあうワイン」9つの選考基準とは?

「ラムにあうワイン」9つの選考基準は?
ラム肉とは、羊の中でも仔羊の肉のことを言います。ラム肉は野性味のある独特の臭みは弱く、ジューシーでしっとりとした質感があります。「美味しくラムを食べるためのペアリングに最適なワイン」は下記の基準から選ばれました。

1. ラムの香りや味わいが楽しめるワイン
2. シンプルに調理したラムに合うワイン
(塩、胡椒、最小限のスパイスでグリルしたイメージ)
3. 程よいタンニンを感じるワイン
4. 豊富なミネラルや旨味を感じるワイン
5. 豊かな果実味を感じるワイン
6. バランスのよいワイン
7. 酸味が際立ったワイン
8. おおらかな印象のワイン
9. ラムに合わせて楽しいワイン

「ラムワインコンテスト」で受賞したワイン

「ラムワインコンテスト2019」にて受賞した当社取り扱いワインを紹介いたします。

Seis de Azul y Garanza
セイス・デ・アスル・イ・ガランサ

フルボディながらもスムーズな味わいのジューシー&フレンドリーなワイン。

シソ、甘草、煮詰めたプラムなどの香りをもち、コクや旨味も濃厚に感じられるが、ボリューム感は適度に抑制され、酸も程よく、料理とのペアリングに最適なワイン。濃厚にしてタイト。ことに四川料理など、中国ローカルなスパイスを用いたラム料理とはベストなマッチング。 (審査コメントより)

Casa Vinicola d’Angelo Sacravite
カーサ・ヴィニコラ・ダンジェロ サクラヴィーテ

プラムやクランベリーそして干し草など、乾いたニュアンスの香りが特徴。きれいな酸、控えめな果実味ながら、旨味はしっかりと余韻まで残る。クラシックな一面もあるため、どちらかといえばレストラン向け。味わいの変化がわかるボトルでの提供に向いている。ラム全般に合う。 (審査コメントより)

Viile Budureasca Premium Feteasca Neagra
ヴィル・ブドゥレアスカ プレミアム フェテアスカ・ネアグラ


熟したブルーベリーや桑の実など黒系果実が主体。トースティーなニュアンスがアクセントとなり、酸味とコクがしっかりとした骨格をつくり上げる。タンニンも豊富で、脂ののったラムを食べた後にこのワインを飲むと、まるで口中を布でぬぐったかのようにさっぱりする。 (審査コメントより)

  • Premium Feteasca Neagra
    ルーマニア
    ルーマニア
    • 2016

    Viile Budureasca

    ヴィル・ブドゥレアスカ

    Premium Feteasca Neagra

    プレミアム フェテアスカ・ネアグラ

    750ml, 1,750 yen

    こちらの商品は現在取り扱いがございません

Domaines Paul Mas Cabernet Sauvignon-Syrah
ドメーヌ・ポール・マス カベルネ・ソーヴィニヨン/シラー


黒系果実と甘草のような漢方系のニュアンスが特徴。程よい酸と、なめらかで嫌味のないオイリーさがあり、後から心地よいタンニンが追いかけてくる展開も食欲をそそる。バランスよくファットすぎないので、さまざまなラム料理に寄り添わせやすい。中華やフレンチとは相性抜群。 (審査コメントより)

一覧に戻る