1. Home
  2. Column
  3. あなたの食のライフスタイルに合わせてワインを選ぼう ヴィーガン(ビーガン)VEGANワイン編
ワインと暮らす

あなたの食のライフスタイルに合わせてワインを選ぼう ヴィーガン(ビーガン)VEGANワイン編

あなたの食のライフスタイルに合わせてワインを選ぼう ヴィーガン(ビーガン)VEGANワイン編

あなたの食のライフスタイルに合わせてワインを選ぼう ヴィーガン(ビーガン)VEGANワイン編

ヴィーガン(ビーガン)VEGANとは?

ヴィーガンは「完全菜食主義」と訳されることが多く、動物由来の製品を一切使わない生活様式を指します。
1944年のイギリスで提唱され、「酪農製品(卵・牛乳・チーズなどの乳製品)を食べないベジタリアン」を指す言葉として、一般的な「ベジタリアン」と区別するために使われるようになりました。
ヴィーガンは肉や魚をはじめ、卵、乳製品、はちみつなども口にしません。

ヴィーガン(ビーガン)VEGANとワインの関係

ワインと動物性由来の成分には関わりが無いと思われるかも知れませんが、醸造の過程においてワインと接触する清澄剤が相当します。 ”卵白”が代表的で、古来からワインの清澄に使用されています。しかし現在では、鉱物由来の清澄剤や、豆類、じゃがいも類から得られる植物性たんぱく質を用いて清澄を行うワインがヴィーガン(ビーガン)を名乗ることが出来ます。
「ヴィーガン」の認定を受けた商品には協会のマークを表示できます。 ラベルに記載されているヴィ—ガンマーク(V-Label)は、欧州ベジタリアン協会の認定マークです。

様々な食のライフスタイルに合わせて

アメリカでは10%の人がベジタリアン様式の食事を摂っており、35%の人が肉の摂取をできるだけ減らしています。またフランスでは40%、ドイツでは45%の人が肉の摂取をできるだけ減らしており、動機として健康志向・動物保護や環境保全が挙げられます。このように世界ではヴィーガン需要が高まっており、日本でもNPO法人が独自に認証などを始め、ヴィーガン(ビーガン)向けの料理を提供するレストランが増え始めるなど、ヴィーガン(ビーガン)の認知度が上がってきております。こうしたトレンドを押さえ、準備するために、徐々にヴィーガン(ビーガン)ワインを取り扱っていくことが重要と言えるでしょう。

ヴィーガン(ビーガン)VEGAN認定を取得しているワインをご紹介!

グローバル時代における多種多様な食のニーズにお応えできるよう、当社が取り扱っているVEGAN認定を取得しているワインをご紹介いたします。

デ・ハーン・アルテス
エル・コンベルティード ロゼ

認証機関:European Vegetarian Union
テンプラニーリョ100%で丁寧に造ったロゼは 繊細な色合いときれいな果実味が特徴。

バイカ ビノス・イ・ビニェードス
アントニータ・プニュエロス・バイカ テンプラニーリョ・ブランコ

認証機関:The Vegan Society
完全有機栽培の珍しいテンプラニーリョ・ブランコという繊細な色合いときれいな果実味が特徴。

アジィエンダ・アグリコーラサン・ジョヴァンニ 
マルタ パッセリーナ

認証機関:Valoritalia
口の中に爽快感やフレッシュフルーツの感覚が広がりミネラルも心地よく感じられる。

スピアー・ワインズ
スピアー シーワード シャルドネ

認証機関:Control Union Vegan Standard
みずみずしくも重心が整った線の長いストラクチャーを持つ上質なシャルドネ。

ドミニオ・デ・プンクトゥン
ロベティア テンプラニーリョ

認証機関:European Vegetarian Union」
非常にリーズナブルなテンプラニーリョ。 飲みやすいスタイルで柔らかな果実味が楽しめます。

バラオンダ
バラオンダ バリカ

認証機関:European Vegetarian Union
果実味は厚みを増しタンニンと酸の バランスが良く長い余韻が楽しめます。

カンティーネ・コローシ
コローシ ネロ・ダーヴォラ

認証機関:European Vegetarian Union」
滑らかなタンニンと綺麗な酸の バランスがよく旨味たっぷり。

レ・コルティ・ソチェタ・アグリコーラ 
キアンティ クラッシコ

  • Chianti Classico
    イタリア
    イタリア
    • 2016

    Villa Le Corti

    ヴィッラ・レ・コルティ

    Chianti Classico

    キアンティ クラッシコ

    750ml, 2,400 yen

    こちらの商品は現在取り扱いがございません

認証機関:Qualita Vegana
赤い果実の風味が豊かで、芯の通ったミネラル 酸が味わいを引き締める。旨味がたっぷり。

一覧に戻る