1. Home
  2. Producer
  3. Winery
  4. Kara-Tara Wines
南アフリカ
南アフリカ コースタル・リージョン

カラ・タラ ワインズ

Kara-Tara Wines

2018年度「若手醸造家大賞』受賞の若手醸造家の実力が光る!

若手最高峰の醸造家が師匠と造る”カラ・タラ”ブランド

ステレンボッシュの名門スターク・コンデのオーナー醸造家ホセ・コンデ氏が2018年ヤング・ワインメーカー・オブ・イヤー(ダイナーズクラブ)を受賞した、彼の右腕でもあるル―ガー・バン・ワイク氏と立ち上げたジョイントベンチャー。

ワインは冷涼な産地として知られるエルギン・ヴァレーを中心に冷涼なオーバーバークや銘醸地ステレンボッシュの畑で収穫された良質なブドウを使用します。

ワイン名はル―ガー・バン・ワイク氏の故郷を流れるカラ・タラ川(カラ・タラ:コイサン語で深く濃い影を意味する)にちなんで名付けました。

ステレンボッシュ大学の醸造学部を優秀な成績で卒業後、ケープ・ワインメーカーズギルドの特待生として南アフリカの名門ワイナリーで修業し、ブルゴーニュでも経験を積んだ若き期待の醸造家が造る南ア産ワインです。

左:オーナーホセ・コンデ氏 右:ル―ガー・バン・ワイク氏 左:オーナーホセ・コンデ氏 右:ル―ガー・バン・ワイク氏