1. Home
  2. Column
  3. ん?樽香って、どんな香り??
ワインのキホン

ん?樽香って、どんな香り??

ん?樽香って、どんな香り??

ワインを表現する言葉って、分かりにくいものがありますよね。「樽香」もそのひとつ。どんな香りなのか見てみましょう!

「樽香のバランスがよく・・・」
なんてコメントを見ても、いまいちピンとこない。
ワインを表現する言葉って、分かりにくいものが、沢山ありますよね。

「樽香(たるこう)」もそのひとつ。樽の香り??樽香ってどんな香り??

「樽香」とは、収穫したブドウを醗酵や熟成させる過程で使う「木樽」に由来する香りのことです。

「樽香」の代表的な表現といえば、
「ヴァニラ」
「チョコレート」
「ココア」
「スパイス」
「ナッツ」
「アーモンド」
「コーヒー」
「カラメル」
「トースト」
「ロースト香」
などがあります。
結構たくさんありますね。

「木樽」には、天井に着きそうなくらい大きなものもあれば

小さなサイズのものもあります。

これらの樽で、ワインを醗酵・熟成させると、木樽由来の香りがするワインになります。

樽で醗酵・熟成させたワインは、
・樽の使用の程度

新しい樽もあれば

使い古した樽もあります。

他にも
・樽材の産地
・火で樽をあぶる度合い
・樽とワインの接触期間
などによって風味が変わってきます。

どんな樽を使うかによってワインの個性も違ってくるのです。

また、樽を使ったワインは、使っていないワインと比較すると
・熟成感がある
・複雑味がある
・ボリューム感がある
などの特徴が出やすくなります。


樽を使っていないワインは、木樽の代わりに
ステンレスタンクや

コンクリートのタンク

などで、醗酵・熟成させます。

樽を使っていないワインは
・フレッシュ感がある
・華やかさがある
などの特徴が出やすくなり、樽を使ったワインと全く違ったタイプの味わいになります。

ブドウの品種によっても味わいは違ってきますので、一概には言えませんが、

フレッシュ&フルーティ、軽快なタイプが好き
⇒「樽を使っていない」ワイン

複雑でボリュームのある重厚なタイプが好み
⇒「樽を使っている」ワイン

というように、ワインを選ぶ際の目安になります。
ぜひ覚えていてくださいね♪

一覧に戻る