1. Home
  2. Column
  3. ワインがカビっぽい… コルク臭(ブショネ)
ワインのキホン

ワインがカビっぽい… コルク臭(ブショネ)

ワインがカビっぽい… コルク臭(ブショネ)

もし、ワインからカビのような臭いがしたら、それは『コルク臭』かもしれません。。。

「なんだかこのワイン、香りが変・・・・」
と思ったことはありませんか?

もし、そのワインからカビのような臭いがしたら
それは『コルク臭』かもしれません。。。

『コルク臭』(=フランス語で「ブショネ」)は、
コルクそのものの臭いではなく
コルク栓を使用したワインにのみ発生する
「カビ」や「濡れた雑巾」、「湿ったダンボールや押入れ」
に似た臭いのことを言います。

・・・決して、ゴルゴンゾーラに合うワインではありません(笑)

このコルク臭は、赤ワインだから、白ワインだから・・
とワインの種類には関係するものでもありません。

原因は・・・
コルク栓を作る際に塩素による殺菌と漂白処理をするのですが、
この時、極まれに生成される化合物のTCA
(トリクロロアニソール)という物質です。

ワインそのものには問題はないため
コルク臭のワインを飲んでも身体に害はありませんが
このTCAは、かなり微量であっても、コルクに付着すると
ワインの香りに悪影響を与えてしまいます。

気にならない程度~絶対に飲めないレベルまで
臭いの強さはまちまちです。

『コルク臭』は、このTCAの影響をうけたコルク栓を
使ったワインにだけ発生するため、
同時期に作られた同じワイン全てに起こるものではありません。

残念ながら今のところ、
このコルク臭の発生を100%抑える解決方法は
見つかっていません。

ワイン業界では、栓を抜くまで発見できない
困った問題とされているのです。

最近ではこの問題を避けるため、
高級ワインにもコルク栓ではなくスクリューキャップを
使用する生産者も少しずつ増えています。

もし、コルク臭のワインにあたってしまったら・・・

そのワインとコルクは捨てずに
まずは購入店や輸入会社に相談しましょう。

お手元のワインがモトックスのワインであれば
お客様相談室窓口へご連絡ください。

※お客様相談室へのお問い合わせはコチラ※

・・・ちなみに
湿度の高いセラーで長期間熟成させたワイン等の
瓶口やコルク上部にカビが発生していることがありますが
このカビと『コルク臭』は無関係です。

一覧に戻る